友情の碑・白水小学校


大きい地図・ルート検索 

 

名古屋市南区松下町2‐1 白水小学校

友情の碑・白水小学校

 友情の碑
  碑文 杉戸清
 昭和三十四年九月二十六日、午后九時半を中心として、この地を襲った台風十五号は、気圧九四五ミリバール、瞬間最大風速約四六メートル、折からの満潮時とも重なって、海水はふくれあがり、高潮となって押し寄せて来た。(伊勢湾台風と名付けられた)
 またたく間に水位も二メートル以上、この台座の高さまであがり、人も家も呑み込んでしまった。
 名古屋港より流出した巨木は、この運動場をも埋めつくし、殉難者は学区民八六一名、その内本校児童一四二名を数える未曽有の大災害となった。
 この大災害により、亡くなられました方々に対し、心よりそのご冥福をお祈りすると供に私たちは二度とこの惨禍を繰り返さないことを、固く誓いたいと思います。
 製作者 愛知学芸大学教授 高木久成
 除幕 昭和四十年二月十三日
 碑文挿入 昭和五十九年九月二十六日(二十五周年の日)

 伊勢湾台風のさより
  昭和34年9月26日(土) 名古屋市は伊勢湾台風という大きな台風におそわれました。台風で海岸の堤防が壊され、海の水が陸地にまで入ってきました。名古屋市の南のほうは大部分が水びたしになりました。白水学区では、運動場にある「友情の碑」の人が立っている足の下ぐらいまで水の深さがありました。三吉町1丁目の鶴田茂さんの家でも2階まで水がきました。水が引いた後、縁側のひさしの下を見ると、さよりやカレイといった海の魚が引っかかっていました。鶴田さんは水がここまできたという記念に、魚をそのままにしておきました。カレイはそのうちにどこかにいってしまいましたが、さよりだけは残っていました。昭和62年5月にひさしが壊されることになりました。そこで、このさよりを白水小学校で保存することになり、6月6日もらってきました。この台風で、白水学区は、大きな被害を受けました。そして、たくさんの人が亡くなったり、家が壊されたりしました。白水小学校でも、142人の子が亡くなりました。亡くなった方々の冥福をお祈りいたします。

「町が海におそわれた」(神山征二郎著)で紹介された。