生育を良好に保つためには、土の条件を改善して土中に微生物がたくさん生息するようにし、根を十分に張らすことです。そのためにも、有機物の施用と深耕による「土づくり」や、適正な酸度(pH)を保つことが大切です。

排水の良い、弱酸性の軽い土が適する。
アブラナ科の野菜の中でも根こぶ病に弱いので、連作せず、根こぶ病の出ていない場所を選ぶ。

研究機関の報告

播種日は07年9月23日で10月7日現在。播種後14日。

10月21日現在。播種後28日目
日野菜は大分大きくなった。

 

11月4日 播種後6週間。今月末から収穫できそうです。霜が降りてから収穫します。