川口市郎兵衛


大きい地図・ルート検索  

 

青島八幡宮神社(静岡県富士市青島町77)

 

川口市郎兵衛の碑

青嶋八幡宮神社の由緒

 この神社は通称磔八幡と呼ばれております。当神社、社殿内に掲げられている桐板の扁額に記されている由緒書きは大正7年、(90年ほど前)大参卿正7位渡部松菊斎なる人物により書かれ奉納されたものですが、それによりますと、江戸時代、徳川幕府が開かれて40年ほどの後、(今から360年位前の3代将軍、家光の頃)青島村は、代官間宮将監らにより開拓されたとされておりますが、当時、青島村の名主を務めていたのが川口家でこの神社はその屋敷神として応神天皇をお祀りした八幡様だったといわれています。時代が下って徳川5代将軍綱吉の代、延宝から天和に年号が変わる年(1681年およそ320年位前)のこと、その数年前より行われてきた鈴川検地に代表される苛酷な租税取立ての検地がおこなわれていました。前年の延宝8年には大津波がこの地区を襲い吉原宿も中吉原から今の吉原宿の地に所替えを余儀なくされた大変な時代で農民はどん底の苦しい生活であったようです。そのような時に行われようとした苛酷な検地を時の名主川口市郎兵衛は、その剛勇義気に富む性格で近隣庶民の為断固として検地を拒みました。これにより幕吏に捕らえられ磔刑に処せられてしまいました。その時市郎兵衛は29歳であったといわれます。それを知った村人らは大変悲しみましたが幕府にとっては罪人であるので公には祀ることは出来ず幕府を憚り密かに八幡神社に合祀しその大恩に感謝しつつ祀ってきました。その後、82年を経た徳川10代将軍家治公の時、その罪は赦免され神祇官卜部兼雄を使者として幣帛(へいはく)を賜りました。(平帛は現存)

 それからは村人、近郷の人々により、この神社を磔八幡と呼んで手厚くお祀りしてきたのです。特に明治維新後は戦役ある毎に出征者は競って武運祈願をしたといわれます。又、諸々の祈願、ことに公事において霊験著しく参詣者が多かったと伝えられています。年毎の祭典には露店が数多く建ち並ぶほどの賑わいだったとのことです。平成丁亥(ひのとい)19年中興事業に際して

 これらの絵は、八幡宮神社中興に際し、富士市吉原出身のマンガ家、望月あきらさんから御寄進いただいた絵馬及び紙芝居の原画から写しました。

 望月あきらさんの代表作は、サインはV!、ゆうひが丘の総理大臣、自伝漫画ふきだまりの詩、富士市の歴史マンガ本富士ものがたりがあります。現在は、神奈川県相模原市に在住されて活躍されております。尚、このご寄進につきましては望月さんのご友人で富士市中央町に在住の元当市富士市教育次長の大竹庄二さんにご尽力いただきました。

文献:磔八幡川口市郎兵衛(「富士市歴史散歩」)PDF