私のふるさと、日野商人の発祥の地、日野

 私は、現在東京に在住しています。日野を離れて32年余になります。10歳のときに日野町と6村が合併して、今の日野町になりました。

昨年(2005年)は町村合併50周年でした(1955年3月16日合併)。合併時の人口は25,157人でした。現在は、23,326人(06年4月1日)です。

 

私の小さいときには、まだ日野川の清流があり、鮎がたくさんおり、河に入ると足の裏に鮎が入ってきて捕まえたこともありました。
「ふるさと」の歌詞にあるような状況、風景だったのです。

 

 私の実家は、今は空き家になっていますが、1年に最低1度は、帰郷しています。

 私の家から日野町の代表的な綿向山が遠望できました。高さも1,110mで手ごろで、何回も登りました。

「日野祭」と石楠花、藤の花

5月2〜3日は「日野祭り」に行きます。あまり人も多くなくて私はゆっくりと楽しめていいと思っています。
日野駅前の西塚自転車の貸し自転車を借りてでかけます。

 

 石楠花が見ごろ 日野菜物語 http://hino.anime.coocan.jp

 この頃は鎌掛(かいがけ)の石楠花も見事に咲いています。天然記念物に指定されてい
ます
が、ここで石楠花の苗を売っているのでそれを買って鉢植えで育てています。これが
楽しみの一つです。

 

 同じ鎌掛で藤の花も見られますが、少し時期がずれることがあるようです。

 

みやげものを買いに行く店

丁稚羊羹と毬(いが)饅頭は「かぎや」

創業は嘉永元年(1848年)の江戸時代後期。5年後の嘉永6年(1853年)にはペリー来航。現在6代目。
味は絶品です。

 

焼き豆腐とゴマ豆腐は「坂甚」

東京ではとても食べられない代物。

 

牛肉は近江牛の寿屋または岡崎屋
輸入肉並みの価格で買えるのが最大の魅力です。