風船爆弾放流地


大きい地図・ルート検索  

 

風船爆弾の碑(民宿長浜 平潟町1410 の斜め前)

風船爆弾放流地

風船爆弾放流地跡の碑(所在地 北茨城市平潟町)
「風船爆弾放流地跡 わすれじ 平和の碑」
新しい誓い 海のかなた 大空のかなたへ 消えて行った 青い気球よ あれは幻か 今はもう 呪いと殺意の 武器はいらない 青い気球よさようなら さようなら戦争 鈴木俊平作・書
風船爆弾放流地跡
この辺一帯は、昭和19年11月から昭和20年4月の間、アメリカ本土に向けて風船爆弾を放流させた地です。背後の低い丘と丘にはさまれ、現在は田んぼに復元されている幾つもの沢に、放流台や兵舎、倉庫、水素タンクなどが設置されていました。これは極秘の「ふ」号作戦といわれ、放流地はほかに福島県勿来関麓と千葉県一の宮海岸、あわせて3箇所でしたが、大本営直属の部隊本部はこの地にあり、作戦の中心でした。晩秋から冬、太平洋の上空8千mから1万2千mの亜成層圏に最大秒速70mの偏西風が吹きます。いわゆるジェット気流です。風船爆弾は50時間前後でアメリカに着きます。精密な電気装置で爆弾と焼夷弾を投下したのち、和紙とコンニャクのりで作った直径10mの気球部は自動的に燃焼する仕掛けでした。第2次大戦中に日本本土から1万kmかなたのアメリカ合衆国へ、超長距離爆弾を実行したのはこれだけであり、世界史的にも珍しい事実として記録されるようになりました。約9千個放流し、3百個前後が到達、アメリカ側の被害は僅少でしたが、山火事を起こしたほか、送電線を故障させ原子爆弾製造を3日間遅らせた、という出来事もあとでわかりました。オレゴン州には風船爆弾による6人の死亡者の記念碑が建っています。ワシントンの博物館には不発で落下した風船の1個が今も展示され、深い関心の的になっています。しかし戦争はむなしく、はかないものです。もう2度と繰り返さないように努めましょう。この地で爆発事故のため、風船爆弾攻撃の日に、3人が戦死したことも銘記すべきでしょう。永遠の歴史の片隅で人目を忍び、いぶし銀のようにささやかに光る夢の跡です。昭和59年11月25日建之