日野菜関連情報

みんなで守れ「日野菜」の原種
日野、住民らが組合結成      京都新聞
News 2005年10月24日(月)

写真

日野菜の原種保存に取り組む「深山口日野菜原種組合」のメンバーら(滋賀県日野町深山口)

 滋賀県日野町の特産「日野菜」の原種を、たった1人で守ってきた男性の取り組みを引き継ごうと、同町深山口の住民らがこのほど「深山口日野菜原種組合」を設立した。メンバーらは現在、間引きなどを行い、苗の成長を見守っている。

 日野菜は約500年前、当時の領主だった蒲生貞秀が発見したと伝えられる。カブの1種で、根の下部は白色、上部が赤紫色に分かれているのが特徴。独特の苦みがあり、漬物の材料として栽培されている。

 しかし、日野菜は他の植物と交配しやすく、原種を維持するには、近くに咲く花をすべて摘み取る「雑菜刈り」を行わなければならないなど、とても手間がかかる。かつては各農家で原種の種を収穫していたが、10年ほど前から、種を収穫するのは、同町深山口の農業田中保男さん(68)だけとなり、農家は、その種を購入し栽培していた。

 田中さんは、同町深山口の南比都佐小で、授業の一環として児童たちにも指導するなど、日野菜の原種保存に努めてきた。しかし、病気がちとなり、農作業を続けることが困難になった。これを知った近くの農業曽羽松司さん(65)ら約20人が、田中さんの取り組みを引き継ぐことを決め、日野菜原種組合を結成した。

 同組合のメンバーらは9月下旬、田中さんの畑約5アールに原種の種をまいた。苗は現在、高さ約15センチ、根は約10センチに成長しており、曽羽さんらはこのほど、2回に分けて間引きを行った。種は来年5月ごろに収穫できるという。

 

 同組合は、今後、漬物以外の日野菜の利用法の開発にも取り組む予定。曽羽さんは「メンバーの大半は60歳を超えているので、後継者も育成しないといけない」と話している。