寛延三義民碑

福源寺(伊達市下志和田31)

 

曹洞宗福源寺は上杉謙信の供養のために建立されたと伝えられている。

義民彦内百ヶ日供養の碑
裏面に事件の顛末を記述したが代官に削られたものである。

義民斎藤彦内
寛延二年(1749)、「田方立毛青立」と記録された程の大凶作となった。領内の農民たちは、再三にわたり年貢の減免を当時の桑折代官所に願い出たが、非情にも逆に増税を命ぜられた。寛延二年九月増税の不当を述べると共に、十七日宮代村山王社に参集し、対策を協議するという内容を、誰が発したかわからない「わらだ廻状」を信達六十八カ村に廻した。後に伝達の早いことから「天狗廻状」と呼ばれた。この密議で、長倉村組頭斎藤彦内、鎌田村猪狩源七、伊達崎村半左衛門等が選出され、再度年貢減免の嘆願を行ったが聞き入れられず、十二月十一日、一万六千八百余名の農民を糾合して大一揆の陣をはり、強訴を挙行した。免租の目的は達したが、一揆後多数の農民は捕らえられ、拷問にかけられた。彦内は罪を一身に引き受けて自首し、源七・半左衛門と共に翌年四月十七日、産ヶ沢の刑場において斬首され、さらし首の刑に処せられた。彦内行年四十二歳であった。
                    伊達町教育委員会

斉藤彦内の墓と廟堂がある。毎年4月17日に墓前祭が行われている。

薬師堂(伊達市田町)

JR伊達駅から旧奥州街道を15分ほど南に行くと、街道沿いに薬師堂がある。

 

斉藤彦内・猪狩源七・蓬田半左衛門ら寛延三義民の顕彰碑がある。1918年(大正7年)に建てられた。彼らは、1749(寛延二)年の凶作の時に、幕領桑折代官神山三郎左衛門の施政に抵抗して起こした寛永第一揆の指導者として処刑された。

寛延義民顕彰碑(桑折町田植)

福源寺から旧奥州街道を3キロほど北へ行くと、産ヶ沢橋のたもとに寛延義民処刑之碑がある。

 

寛延義民顕彰記念碑建立会 (昭和54年4月17日建之)
  協賛桑折町・伊達町・福島市

三義民が処刑された地である。