波切(なきり)村難破船荷物押領


大きい地図・ルート検索  

 

三重県志摩市大王町波切堂の山薬師堂

思案地蔵

 思案地蔵
  由来:「波切騒動の顛末−@天保元年(1830)に大王島沖で幕府の御城米を積んだ船が難破。 A翌日、村の漁民が船を発見し積荷の米を持ち帰る。 Bしばらくして幕府の役人が夜更けに覆面をして村に捜査に潜入した。 C村人たちは役人たちを盗賊と思い殺した。(役人の一人を殺したとも)C幕府は庄屋以下14人を捕らえ処刑し、村人475名を罰した。 Dほとぼりが冷めた頃、村の和尚がこの地蔵を彫り、犠牲者を弔った。」 なぜ、村の和尚は思案する地蔵像にしたのか? そもそもこの像は思案している姿なのか? 村人は積荷の米を猫糞(ねこばば)し、役人を役人と知っていて殺したというのが本当のところでは。

このお地蔵様、変わったしぐさをしていますが、実は悲劇が秘められた地蔵菩薩なのです。それは天保元年(1830)に起こった波切騒動と呼ばれるもので、大王島の沖で幕府の御城米を積んだ、千石船が難破した事から端を発しました。翌日、漁に出た村人が沈んだ船を発見し積み荷の米を持ち帰りました。しばらくしてその事件を捜査に来た幕府の役人たちは夜更けに覆面をして村に潜入したため、村人達は盗賊と間違えて役人たちを退治してしまいました。そうしたことで幕府は庄屋や村人達14人を処刑してしまいました。事を哀れんだ村の和尚がほとぼりの冷めた頃、地蔵尊を彫り、この騒動の犠牲者を弔ったと伝えられています。

 江戸時代の支配機構

 四日市陣屋
 滋賀県信楽代官所の管理下にあり、代官多羅尾氏純の任命した手代が常駐し、天領である四日市一帯の支配をつかさどった。
(注) 手代 江戸時代、郡代・代官・奉行などに雇用され収税その他の雑務をつかさどった小吏(広辞苑より)
瀬取りに加わったものは6ヶ村、処分の終了は天保3年(1832)3月末。
四日市陣屋手代村木為策 解任 信楽に帰った。
270名、米は596俵、波切村、名田村13名、畦名村33名、志島村25名、船越村10名、片田村45名。

 棟札の内容(平成21年4月9日、大慈寺住職 秀森一陽より 提供を受けた)
 「天保元年9月23日夜大王沖にて幕府の御城米を積んだ1,000石船天神丸が難船した。翌24日昼4ツ(10時)頃出漁中の住民が漂流せる無人の沈船を発見して、積荷の濡米を取得に及んだ(47艘596俵という)。
  年明けて同2年1月5日捜査の幕府役人6名が夜ふけに覆面をし村に潜入するという適切でない行動をとった事もあって村民は盗賊と思い込み加撃したので相方興奮して傷害事件に発展した。
  結果は悲しくも時の庄屋以下14人が罪科を負って命を落とし、軽きも合わせると475名にのぼる村民が罪を受けた(当寺の戸数640戸とも又西澤文書に嘉永7年の戸数524戸ともある) ほとぼりがさめた頃、時の住持葦川和尚の発意にてこの地蔵尊を彫り14名の法名を刻し菩提を弔ったと言う。
この像を思案地蔵と申し上げた。葦川和尚はこの尊に何を思案せしめたのであろうか。」以下省略
  以下犠牲者の法名等なので省略。冒頭の天保元年9月云々と有るが、天保は12月改元なので実際は、文政13年9月23日。波切騒動犠牲者14名は江戸送りになり、拙寺の犠牲者は、庄屋以下6名ですが、庄屋は途中四日市にて天保2年5月28日死亡、他5名は、天保3年1月9日1名、同2月15日1名、同6月13日3名、江戸にて刑死している。
  村内他2ヶ寺8名の犠牲者についても、同様であると思われる。
  以前は、かなり伝承言い伝えもあったよだが、今はそれも忘れられ、文書は波切には何も残っていないようだ。岡賢(まさる)氏の「波切騒動始末」も歴史書としてより物語として読む方が良いかも知れない。

 

 

史蹟 山田奉行所跡

 山田奉行史跡地
 徳川幕府は、直轄地の支配のために、全国の要衝地に11の遠国奉行を置いた。当山田奉行は、その内の1である。創地は早く、佐渡・長崎奉行と同時期で、慶長8年(1603)11月であった。初代長野内蔵允友長は、近江山中に在って、下代留守居役を派遣し、有滝村に陣屋役邸を設け、施政を布いた。寛永12年(1635)に7代花房志摩守奉行が有滝から当地へ奉行役邸を移築整備した。爾来、幕末慶応4年(1868)7月の廃絶まで、歴代42員の幕臣旗本が江戸表より着任した。幕閣老中の支配化に属し、神宮警護造営に関与し、宇治・山田両郷の庶政監督、公事訴訟、伊勢湾海防等の役務に就任した。奉行・支配組頭・与力・同心・水主等の役人衆90〜70員が、立ち働き、人々の出入り激しく政経文化の交流地とし賑わった。役屋敷惣廓は、13,970坪土塀環濠をめぐらし、役邸敷地約2000坪内に10数棟の建物が立ち並んでいた。それらは、明治2年(1869)に解体され、同6年に始まった地租改正に伴う官有地払い下げで奉行所敷地は民有地になり今日に至った。                   伊勢市教育委員会

 山田奉行所跡
  所在 伊勢市御園町小林 上条奉行所のあらまし 徳川幕府は、慶長8年(1603)に初代山田奉行として、長野内蔵允を任じ、有滝村に奉行所が開かれました。奉行所は、寛永12年(1625)奉行花房志摩守のとき、この地に移され、慶応4年(1868)徳川幕府が滅びるまで、この地にありました。そして、神宮の警衛とご遷宮のときの造営奉行、伊勢志摩の支配と公事裁判、鳥羽港周辺の海上安全管理をその仕事としました。御屋敷の聡坪数は13,970坪、東西110間、南北127間と広いものでした。このうち堀で囲まれた御役所敷地は1,932坪、東西40間、南北48間あり、ここに、677坪(享和2年 1802)の建物がありました。この記念館は、聡郭内の北西部分にあたり、山田奉行所建物平面図(弘化3年 1846)にしたがって、その主要部分を復元したものです。

 「日本残酷物語第1部 貧しき人々のむれ」(平凡社)より
  海の略奪者
  波切沖の怪事
 伊良湖から伊勢湾口を横切って西へわたると志摩半島がある。半島の南東角の大王崎も古くから船人におそれられた難所であった。そしてここにも又漂到物を拾う習慣が古くから見られていたが、天保元年(1830)大きな問題を起こしたことがあった。その年の10月、中国の御城米300石を1300石積の船に積み込み江戸へ下る途中、波切の村人達が、その米を奪い取り、船には石を積んで沈め、難破船の如く見せかけたのである。この島は公領で、近江信楽の多羅尾氏が代官として支配していたが、その居所と支配地の間が遠く隔たっていたので、鳥羽の預かりということになっていたが、事件が起こると鳥羽から信楽へ使者が立った。そこで多羅尾氏は手代の村上という者を検分に差し向けた。村上は事情を聞いてただの難船と思い、鳥羽の郡奉行も印形をおして書類を大阪の奉行へ回し、船頭はさらに大阪で取調べをうけたのだが、はしなくも船頭の口から偽装難船であることが暴露された。それまで波切では毎年5、60艘の難破船があるのだが、本当の難破船というのはほんの5、6艘に過ぎず、後は船頭と馴れ合いの上の擬装難船であった。もしこれを船頭が承知しないときは残らず殺してしまったということである。ところがそれまでの擬装難船は民間の荷を積んでいるものに限られていたので、荷主のほうもそういう不正をかぎわけることは難しかった。それが今度は御城米を取ろうというのである。庄屋の久右衛門は今まで公儀のものをとった例が無い。したがって危険も多い。もし露見でもすると命を失うような事になるから、今回は思いとどまった方がよかろうと村人を制止した。しかし年寄りをはじめ村一統の者はこういうことをするのに公儀だからといって恐れるところはないではないかとて、久右衛門の制止を押し切ってことを決行したのである。ところが、村の中がよく結束していてこそ悪事も外へもれないが、村が二つに割れては、秘蜜がいつまで秘密のままでおれるはずは無い。伊勢の悪党どもがこれを聞いて10人ほどで党を作り、武士に化けて波切へ乗り込み吟味を始めた。島中の者はいろいろ陳弁したが許さず、江戸表へ召し捕ってゆこうとおどした。それをやっと100両ほど出して内密に許してもらったが、この役人は偽役人であり、事件は納まったわけではない。悪党どもはこれに味を占めて、今度は顔ぶれを変えて乗り込み、住民達が、すでに吟味もあってことは住んでいるというのを『この方より外に公儀から役人を使わした事は無い。それはきっと偽者であろう。きっと吟味を遂げて、そのものどもを召し取るであろう』とまことしやかにだまして、又金を取って立ち去った。こうたびたび金を取られてはさすがに村中も困り、骨折りも空しくなって何の益も無い事になるから、この後はたとえ公儀の役人でも、ことごとく打ち殺して海へ投げ込もうではないか、と申し合わせた。そういうこととは知らず、多羅尾の手代村上は足軽2人と長吏2人を連れて波切へ乗り込んできたのであるが、ちょうど夜に入ってのことで、土地の様子のわからぬままに、民家の戸をたたいて庄屋の家へ案内を請うたが、知らぬと答えてろくに返事もしない。2、3軒をたずねたが皆同様なので、手代はおこって長吏に家の男を叩かせると、家の男は『人殺しだ、助けてくれ』と大声で怒鳴った。すると村中は申し合わせのしてある事とて、太鼓鉦をならして集まってきて、足軽と長吏を1人ずつたたき殺してしまった。手代は刀を抜いて大勢を相手に切り結んでいたが、力尽きて頭に2箇所、股に2箇所、その他にも傷を受けて、ほうほうの態で逃れて浜にうち倒れていた。そこへ村人がまた押しかけてきて海へ投げ入れようとしたが、手代は気丈の者で『お前達を城米を盗み、狼藉をしつつなお身をまっとうしようと思うのか。私は公儀から吟味に来たもので、元来米を盗み取ったのだから、米が別状なければ命にかかわる事はあるまい。頭取の者2、3人は罪はのがれがたいから遠島くらいにはなるだろう。しかし今私を殺してしまえば、皆死罪になってしまうであろう。私はいまさらいのちを惜しいとは思わないが、よくよく考えてみよ』といった。しかしいきり立っている者にはその言葉も耳に入らず、撃ち殺して海へ入れようとわめきたてるところを、年寄りのものが『露見したうえは頭取の流罪はやむを得まい、命にはかえられぬから助けてやれ』といって差し止めた。今一人生き残った足軽も村人に取り巻かれて命が危うくなったが、『罪を重ねて命を失うような事をするのは自業自得だ。はやく私を殺して罪を重くするがいい』と大声で叫んだので、皆ひるんで手を加える事ができなかった。このことが鳥羽へ注進され、さらに藤堂家にも出陣を促し、3000人の武士が波切村を取り巻き、住民700人を召し取って取り調べのうえ関係のうすい300人は許し、残り400人は一応牢屋へつながれたのである。牢屋といってもにわかに400人を留置しなければならないので人家を借りて仮牢にしつらえたのである。一方城米の船頭であった男は伊予の者で、伊予から呼び出されて取調べを受けることになったが、この男は志摩へ来るまでの間に城米を紀伊の沿岸でもかなり売りさばいていたのである。また取り調べられるほうも400人にものぼる大勢で、苗字は無く名前のみの百姓であるから同名が多く、そのための混乱も甚だしかったという。こうしてそれぞれ罪名も決まり、多くの犠牲者を出して事件は落着するのであるが、これが偶然の出来事ではなく、慣習化された略奪のほんの露頭の一部に過ぎなかったことは、事件の進行の途中におけるいろいろの出来事でも察せられる。