作之治・甚左衛門供養塔


大きい地図・ルート検索  

 

静岡県浜松市北区三ヶ日町日比沢 共同墓地内

作之治・甚左衛門供養塔

 江戸時代には山野の草木が最も重要な肥料源であったのでその採取権をめぐっての紛争が諸処で勃発した。私どもの三ケ日町地域に於ても、大谷とか平山或いは本坂などの山の採草権をめぐって、そうした紛争があったことが古い記録にのこされているが、なかでも寛永18年(1641)本坂日比沢両村と三ケ日村との間に発生した主として本坂山の採草権をめぐっての紛争は激しいものであった。当事者同志は勿論直接支配者の中泉奉行でも解決せず、翌寛永19年6月本坂日比沢両村は江戸の幕府役所に訴え出た。その結果本沢日比沢は勝訴し、これ迄通り本坂山の採草権を保持することが出来たのであるが、この訴訟の中心となって、地元役人と三ケ日村との結託に対抗した本坂村の名主梅藤惣兵衛と日比沢村の名主井口作之治は、越訴の罪に問われ、夫々の家族の中の男子全部計14名が打首の刑に処せられた。即ち両名主は夫々の村のために己の生命は勿論家族の男子全部の生命をささげたのである。両村の人々は百年忌を丁重に行ない、また昭和8年にも300年忌を行うとともにその功績を偲ぶ碑を建立してその犠牲に対して深い感謝の意を表している。

寛永19年8月3日当村作之治甚左衛門岩蔵外4童子山論ノタメ相果シヨリ300年余今日碑ニ録シ其ノ功績ヲ偲フ
  昭和16年8月3日 日比沢区建之
  備考 過去帳によると右と異なり成人4名童子3名である。

 (1)日比沢本坂両村は井口梅藤両家の男子が処刑されるという通達に驚きその刑の免除を村中挙って嘆願した。その誠意が官に通じたのであろう。官は罪を免し処刑を中止するという通知を宿送りで日比沢、本坂に発した。ところがその通知が三ケ日村に到着した時敗訴を残念に思っていた三ケ日村の庄屋は故意に通達を遅らせ処刑の終了後両村に免状を渡したとのことで不愍に思った役所は両家に山林数haずつを授興した。今も日比沢の人々はその山林を首代山と称している。

 (2)諸兄の災厄人が子守が背負っている男児を助けようと思ったのであろう「女であろうな」といって何度も念を押したが、恐怖で一杯の子守はふるえながら「男だ」と答えたので役人もやむを得ず幼児まで打首にしたということである。

 (「浜名湖・自然と歴史と文化」より)
  残酷・庄屋一家全員打首 ‐三ケ日町日比沢‐三ケ日町日比沢のゆるやかな丘陵地に同地区の共同墓苑がある。姫街道(国道362号)から北に100mほどなだらかな坂をのぼった場所で、日比沢の人々の菩提寺である華蔵寺にもほど近いところである。その墓苑の入口に高さ1.5mほどの自然石に刻まれた供養塔が建っている。江戸時代初期の寛永19年(1642)山論争いの罪によって処刑された日比沢村の庄屋とその家族の霊をなぐさめるために建てられたもので、正面に次のような一文が刻まれている。寛永19年(1642)8月3日、当村作之治、甚右衛門、岩蔵外4童子、山論ノタメ相果シヨリ300年余、今日碑ニ録シ、其功績ヲ偲ブ昭和16年8月3日日比沢区建之
  昭和16年というと太平洋戦争がはじまった年で、日本は風雲急をつげていた時代である。そうした時に日比沢の人たちが浄財を出しあって、村のために死んでいった人々の霊をなぐさめようとした背景には、住民協調の心が多いに働いたからであろう。そしてこの年が、庄屋とその家族が無念の死をとげさせられてからちょうど300年目にあたってもいた。罪もない4人の子ども達まで、一蓮托生の同罪として首をはねられるという残酷な事件はなぜおっこったのか・・・・このあたりの事情を克明につづった古文書が今も日比沢の旧家に残されている。争いの発端は入会をめぐるものであった。本坂峠東側一体の山は江戸初期から日比沢村と本坂村の2村が入会地とし、草や木を採取してきていた。ところが寛永12年(1635)頃から三ケ日村の者が次々とこの入会山に入り込み、草や木を勝手に取るようになった。不法侵入を怒った本坂村と日々沢村では中和泉代官所に訴え出たが、代官所ではこの訴えを取り上げようとはしなかった。このため両村では堅く禁じられていた奉行所への越訴に踏み切った。地元の代官所を飛び越えて江戸表の奉行所に訴え出たのである。寛永19年(1642)6月のことだ。この結果本坂村、日比沢村の訴えが聞き入れられ、全面的勝訴を得ることができた。しかし天下の御法度となっていた越訴を行った罪は許されず、本坂、日比沢両村の庄屋とその家族全員が打首と決定した。かくてその年の8月3日、日比沢村の庄屋の家の前の畑で首がはねられた。碑文にもある通り、この時4人の男の子供も首を斬られた。打首があってまもなく代官所は2つの村の庄屋(井口家と梅藤家)に対し弔意の気持ちをふくんで、板築山北麓一体の山林を与えた。首の代わりにあたえられた山というので人々は首代山(くびだいやま)と呼んできている。日比沢の墓地にある供養塔と、今も使われている「首代山」の名を耳にするとき、あらためて当時の庶民生活のみじめさと、社会機構の残酷さを思い知らされるのである。