籾摺り騒動‐鈴木源之丞

高尾神社(宇都宮市御田長島町)

高尾神社は、JR雀宮駅から東南の方向、田んぼの中にある。また、鈴木源之丞住居跡(子孫鈴木杉男氏宅)は、そこから徒歩で約10分、御田長島郷土伝承館の近くにある。

鈴木源之丞の供養塔

 

嗚呼・籾摺り源之丞
詞・山崎よしたか
一、ここは下野 河内郡
御田長島の 頭取は
その名も鈴木 源之丞
苛酷な年貢の 取り立てに命を捨てて 決起あがる
明和元年 九月どき
二、五合年貢が 六合搾取りじゃ
死ねというのか 百姓を
鎌やのこぎり 手にかざし
早鐘たたいて 紙小旗
めざすはお城 大手門
悲願い届けよ 堀の水
三、直訴一揆は ただでは済まぬ
責を背負いて 打ち首の
覚悟は澄める 仲秋の月
長島八坂の 一隅に
しずかに眠る 源之丞
誉れ忘れじ いつの世も

供養燈篭 平成18年7月吉日     鈴木英夫建之
供養燈篭 平成18年7月吉日     鈴木光義建之

宝暦3年
喜国神社
鈴木源之丞
昭和53年8月
建築者鈴木正一

鈴木源之場の墓

「5合摺り」とは
  「1升の籾から5合の米が摺り出されることにする」という意味。農民が藩に納めるべき年貢はまず米の量で示され、それが籾の量に換算された。この時の換算率は常に「5合摺り」で、納めるべき年貢が5合ならば籾1升と換算された。その籾量からまた米の量に換算して米納される場合が多く、戸田氏(松平領主の前の領主)時代には、籾領から米の量には「6合摺り」で換算されていた。基準の年貢量が米5合であるその籾は1升、しかし「6合摺り」だから1升の籾から6合の米が摺り出されることとし、農民は6合の米を納めていた。基準の年貢量が米5合だったのに、納める量が米6合とはおかしな話だが、戸田氏時代には引方も多かったため、まかり通っていたようである。

鈴木源之丞供養塔

籾摺り騒動の犠牲となった鈴木源之丞他3名の死後、数度にわたって大洪水が起り近郷村々は極端に困窮したため、明和3年(1766)に有志が集まって13回忌の法を営むと共に、高尾神社東の竹の中に2m余の「6角の墓標」を密かに建立した。6角の墓標は地獄、畜生、阿修羅、人間、天道の6道をあらわし、衆上の救済と源之丞の冥福を祈った。

鈴木源之丞の子孫である鈴木杉男氏の屋敷(御田長島町375)内にある。