伏見義民の碑

御香宮神社(京都市伏見区御香宮門前町174)

 伏見義民事蹟
 
天明5年(1785)、時の伏見奉行小堀政方(まさみち)の悪政を幕府に直訴し、伏見町民の苦難を救い、自らは悲惨な最期を遂げた文殊九助ら7人を伏見義民という。江戸時代(1603から1867)伏見は交通の要衝として栄え、政治・経済上重要な地であったため、幕府の直轄地として奉行所が置かれた。安永8年(1779)に奉行となった小堀政方は数々の悪政を行い、住民に対する苛斂誅求は言語に絶するものがあった。文殊九助、丸屋九兵衛、麹屋伝兵衛、伏見屋清左衛門、柴屋伊兵衛、板屋市右衛門、焼塩屋権兵衛の7人は、奉行の悪政に虐げられた住民の苦難を坐視するに忍びず、苦心惨憺の末、天下の禁を破って幕府に直訴した。このため、天明5年(1785)政方は奉行を罷免されたが、九助ら7人も獄中で相ついで病死した。この碑は明治20年(1887)に建てられたもので碑文は勝海舟の撰、題字は三条実美の書である。毎年5月18日には伏見儀民顕彰会によって慰霊祭が執行される。京都市

 

 小堀政方(まさみち)略伝
 近江国浅井郡小室の藩主。祖先小堀新助正次は関ヶ原の合戦に徳川軍に従ひ、その手柄に依って、630石を賜はる。その子政一は従五位(じゅごい)下遠江守に任ぜられ、伏見奉行を25年間勤めた。茶道遠州流の始祖弧蓬庵大有宗甫大居士とはこの人のことである。政方はその6代目で、父の政峯が伏見奉行在任中にここで生まれた。当時羽振りを利かした老中田沼意見次が、かくまで出世したその糸口をつけたのが政峯であったことを非常に徳とし、その子政方を若くして二条城番、大阪城番を経て、安永7年11月伏見奉行に任じ、同8年2月27日に赴任した。在職凡そ8ヵ年、天明5年12月29日免職され、同8年5月6日最後の判決が下り、政方は相州(相模国の別称)小田原の城主大久保加賀守の江戸藩邸に永預かりとなった。時に47歳。その後、わづかに茶事を以って心を慰め、謹慎の余生を送り享和3年9月8日、62歳で没す。法名(ほうみょう)、修禅院殿宗友大居士、菩提寺江戸下谷の円満山広徳寺に葬る。

伏見義民碑(御香宮神社境内)

 伏見義民之碑            内大臣三条実美書
  いにし天明の頃此(この)伏見のさと司(つかさ)どれる某(なにがし)とかや奢(おご)りつよく私多かりけれど、酷吏(こくり)ねぢけ人等、時を得其私を助け、政(まつりごと)あらぬ方にみだれ行民(ゆきたみ)其(その)たづきを失ひ、歎(なげ)きのさぎり深くして、払いはむすべなかりしに、里人(りじん)文殊九助ぬし、才賢(さえかしこ)く志実(こころざしまめ)やかにて、思を潜(ひそ)め、もろ人の為に身の難をかへり見ず、同じ志の友、丸屋九兵衛、麹屋伝兵衛、柴屋伊兵衛、焼塩屋権兵衛、板屋市右衛門、伏見屋清左衛門等と密(ひそか)に謀(はかり)、心思を一にし、万苦をしのぎ、いくかへりか江戸に出で、歎き訴ふる所あり。終(ついに)に此真心貫(このまごころつらぬ)きて、呉竹の伏見の里人の為に、直(すぐ)なる道ふみ開き、其苦厄を払ひたりしに、此事半(なかば)にして伝兵衛ぬしは病に死、九助ぬしは事(こと)果(はた)し後、天明8とせ正月3日、九兵衛ぬしは同じく23日、江戸の旅寝の露と消えぬ。今哉(や)其没後百とせを経ぬ。此里人遠(とおき)を慕ひ義にいさみ、ももとせも猶一日のここちして其なきたまを祭り其いさをを世々に伝へむとす。嗚呼(ああ)むかしもいまも鬼いばらよもぎはことに茂りやすし。九助ぬしの如きは、そをかり払ふよき利鎌(とがま)といはむ歟(か)
  明治20年 月 日 海舟散人誌

大黒寺(京都市伏見区鷹匠町4)

 大黒寺
 
円通山と号する真言宗単立の寺で、空海(弘法大師)の開基と伝えられる。もとは長福寺といい、豊臣秀吉が深くこの寺を信奉したのを初め、武家の信仰も厚かったとされる。江戸時代はじめ、この近くに薩摩藩(現在の鹿児島県)邸が置かれ、薩摩藩主・島津家の守り本尊「出世大黒天」と同じ大黒天が当寺に祀られていたことから、1615年に薩摩藩の祈願所と定められ、大黒天を本尊として、寺名も大黒寺と改められた。通称「薩摩寺」とも呼ばれた。本尊・秘仏大黒天は、金張りの厨子に安置された小さな像で、60年に一度、甲子(きのえね)の年に開帳される。幕末に西郷隆盛や大久保利通などが国事を論じたという一室があるほか、明治維新の志士の遺墨等を所蔵する。境内には、西郷隆盛が建てたという、有馬新七ら寺田屋事件で犠牲となった九烈士の墓碑をはじめ、伏見義民の文殊九助、木曽川治水工事の犠牲となった薩摩藩家老・平田靭負(ゆきえ)の墓、また、「金運清水」と命名された井戸がある。京都市

 義民略伝
 
文殊九助(もんじゅくすけ)
  近江源氏佐々木氏の余流より出で、名工包利(かねとし)を祖とし、代々刃物鍛治をしていた。明和、天明の頃、下板橋2丁目に住み通称九助、宗兵衛包光といふた。生まれつき剛毅沈着、義侠心に富み、思慮綿密、また文筆の才あり。同志の中心人物として結束を固め、最後までその志を緩(ゆる)めず、終に素志を貫徹したのは、主としてこの人の人物によるといふも過言にあらず。江戸で再吟味の際、天明8年正月3日、公事宿(くじやど)で死んだ。深川陽岳寺の照道和尚その遺骸を得て自坊に葬った。宿坊は向島庚申町の慶念寺、戒名(かいみょう)は文質玄殊信士。
  丸屋九兵衛(くへえ)
  京町北7丁目に住み農業。九助の半身としてよくこれを助け、最後まで奮闘した人。九助と同じく江戸で再吟味中、天明8年正月23日に没し、同じく陽岳寺に葬られた。戒名は大用鉄心信士、宿坊は伏見中之町の源光院。
 麹屋伝兵衛
 
大文字町に住み、麺製造業。九助、九兵衛と共に最初に江戸に行ったが、不幸病気になり、天明5年11月11日、深川の陽岳寺で死んだ。戒名は源宗勝善浄和居士。宿坊は榎町の宝国寺。
  伏見屋清左衛門
 
両替町13丁目に住み、塩屋。天明7年9月19日、京都町奉行東役所で牢死。戒名は釈浄徹。宿坊は新町8丁目真西寺。
  柴屋伊兵衛
 京町南8丁目に住み、薪炭商。天明7年9月23日京都町奉行東役所で牢死。戒名は正誉義山浄因信士、宿坊は石屋町の勝念寺。
  板屋市右衛門
 
村上町に住み製材業。天明7年10月20日京都町奉行東役所で牢死。戒名は晴山院了月信士、宿坊は堀詰町の顕正寺。
  焼塩屋権兵衛
 
深草直違橋9丁目に住み、土器製造業。天明7年11月4日、京都町奉行東役所で牢死。法名は釈塩浄、宿坊は深草瓦町の善福寺。

参考文献・資料:「伏見義民顕彰に関する趣意書」(PDF)

 

画像をクリックすると変わる

陽岳寺の所在 江東区深川2‐16‐27

        地下鉄東西線門前中町下車

都旧跡 伏見義民墓

所在 江東区深川2‐1陽岳寺内

指定 大正14年1月

 全国に渡る天明の大飢饉(1783〜87年)の頃、山城国伏見奉行小堀政方は幾多の悪政を重ねた。このため、伏見住民は塗炭の苦しみにあえいた。文殊九助、丸屋九兵衛及び麹屋伝兵衛らは幕府に直訴を企てひそかに江戸に入ったが、伝兵衛は小堀が放った捕吏に殺され、ようやく逃れた九助と九兵衛は直訴に成功して小掘は罷免されたが、両人は天明8年(2788)獄死した。3名の遺体はそれぞれ陽岳寺に引き取られ、厚く葬られたが、これはかれら3名が江戸にあって直訴をうかがっている間、当寺に庇護され、多大の援助を受けたからである。

昭和43年3月1日 建設   東京都教育委員会

 

現在の地番は深川2-16-27