室生寺の石楠花

室生寺(奈良県宇陀市室生区室生) 

室生寺の石楠花

2010年4月29日、室生寺を訪れた。石楠花がいっぱい咲いていた。

 奥深い山と渓谷に囲まれた室生の地は、太古の火山活動によって形成された室生火山帯の中心部で、こうした幽邃(ゆうすい)な場所は古くから神々の坐ます聖地と仰がれていた。やがて奈良時代の末期、この聖なる地で皇太子山部親王(後の桓武天皇)のご病気平癒の祈願が興福寺の高僧賢憧など5人の高徳な僧によって行われ、これに卓効があったことから勅命により国家のために創建されたのが室生寺である。だが建立の実務に当ったのは、賢憬の高弟修円であった。修円は最澄や空海と並んで当時の仏教界を指導する高名な学僧であった。以来室生寺は、山林修行の道場として、また法相・真言・天台など、各宗兼学の寺院として独特の仏教文化を形成すると共に、平安前期を中心とした数多くの優れた仏教美術を継承する一方、清冽な渓流は竜神の信仰を生み、雨乞いの祈願も度々行われてきた。そのほか厳しく女人を禁制してきた高野山に対し、女人の済度をもはかる真言道場として女性の参詣を許したことから「女人高野」と親しまれている。(室生寺略縁起)

http://hino.anime.coocan.jp/