大原騒動
  天領時代、飛騨12代目郡代、大原彦四郎紹正の時、飛騨で起った百姓一揆で、明和(1764〜1771)年間に起った一揆を明和騒動といい、安永(1772〜1780)年間に起った一揆を安永騒動、天明(1781〜1788)年間に起った一揆を天明騒動という。

水無神社(岐阜県高山市一之宮町石原5323)

小説夜明け前の主人公青山半蔵が明治7年11月〜同10年12月宮司として赴任した

 

安永2年(1773)飛騨国代官大原彦四郎は、古田畑の再検地を強行しようとした。重税に堪え難くなることを恐れた農民たちは、再検に強く反発し各地で集会を開き、代官所への嘆願、大垣藩への越訴、京都二条家への運動、江戸での駕籠訴、駆込み願等八方手を尽くしたが、願いは達せられなかった。9月下旬無数河村長次郎・宮村太七等が主にこの地に農民を集めた。やがて本郷村、小割堤の集会も合流し、水無神社・鬼川原に集まる者時に一万人を超えた。10月中旬一宮籠居の農民3千人が高山代官所に押しかけ、年貢上納延期など3カ条願書を提出、徒党に加わらぬ高山を津留めにし、大原代官は、尋常の手段では到底鎮圧できぬと察し、江戸表へ急報、幕府は飛騨の近隣藩へ緊急出動を命じた。11月14日深夜、郡上藩勢3百人、代官所郡代、地役人40人が付き添い高山出立、途中松橋に一隊を残し、夜明け宮村に到着、鬼川原に伏せ、一隊は頭取会所久兵衛宅を始め神主宅・太七宅等に踏み込み、委細かまわずからめ捕った。山下の民家に宿泊していた農民は合図の鐘を聞き神社に向かって、鬼川原の鉄砲組が火蓋を切り負傷者、重傷者が出た。最後に郡上藩勢は力づくで拝殿を取り囲み神域は安全と教えられ、何の用意もしていなかった農民の集団に突っ込み、あたるを幸い十手で頭を打ち割り、刀で袈裟掛けに切りつけ、服や膝を突き通し、逃げるものには鉄砲を発射した。この日の即死者3名、負傷者200名、縛付けの者125名に及んだ。一宮大集会、大原騒動で農民が見せたもっとも大がかりであったが、火器まで使った非道なにあえなくついえざるを得なかった。飛騨の農民が命をかけて戦い、多くの犠牲者を出した一宮大集会を永遠に残すため、賛同者の多大なご協力を得てこの碑を建設する。昭和62年11月建之
   大原騒動一宮大集会記念碑建設委員会

福地温泉(奥飛騨温泉郷)

大原騒動の指導者善九郎の生家がある

萬葉家(ばんばけ)

「この萬葉家は、大原騒動の中での高原郷の農民指導者としての本郷村善九郎の生家をこの地に移築したものです。

 大原騒動とは、飛騨の国における明和8年(1771)から天明8年(1788)まで明和、安永、天明騒動の総称であり、善九郎は安永騒動の指導者となり、小割堤(地名)の集会を開き、一揆に立ち上がり、18歳の若さで獄門の刑に処されました。このとき、妻おかよにあてた手紙がこの館の二階に展示されています。また、この辞世の句は今でも語りつがれています。

 寒紅は無常の風にさそはれて つぼみし花の今ぞ散りゆく(寒中に咲く紅桜がつぼみのまま風に吹かれて散ってゆくように私も今はかなく散っていく)」

本郷村善九郎の生家について(高山市上宝支所教育振興課の見解)
  明和、安永、天明と続いた大原騒動で、最も大きな百姓一揆「安永騒動」の若き指導者として今なお語り継がれる本郷村善九郎は、1757年に石神村(現神岡町)に生まれ、幼少のころ本郷村(現上宝町)名主(萬葉)善三郎の養子となり、すでに神童の名が高かった。 大原代官の新検地を阻止しようとして始まった安永騒動で、善九郎が吉野村喜十郎、宮原村清十郎とともに高原郷農民を指導した小割堤(現上宝町本郷)の集会は、やがて一之宮の大集会へと発展し、善九郎は最年少の頭取として群衆をリードした。蜂起した農民は、代官へ嘆願し数千から1万人もが水無神社に結集したが、代官が要請した郡上青山藩の武力により鎮圧され逃げ散った。自宅で捕らえられた善九郎は吉野村喜十郎らとともに1774年12月に獄門となったが、18歳という若さや潔い態度が讃えられ、その遺書、小割堤の碑、犠牲者追悼の観念仏供養塔、発願同死霊光塔が上宝村指定文化財となり、市町村合併で高山市へ引き継がれている。ただ、萬葉家は、善九郎が生まれた家ではないこと。約100年前に火災により焼失し間取りは同じでも再建された家であること。を持つ伝統的な飛騨造りの旧家であるが家屋の一部が切り離され移築されていることから、上宝村文化財保護委員会では、文化財の指定を見送っている。昭和50年ころ萬葉家改築の際、奥飛騨の百姓一揆の歴史を伝えるため登山基地「新穂高」へ移築し無料休憩所として公開したが一部が壊れ、昭和62年に福地温泉「昔ばなしの里」へ飛騨造りの民俗資料館「本郷村善九郎の生家」として再び移築し福地地区が案内板を設置した。