津藩寛政一揆

海泉寺(津市榊原町10477 059-252-0447)

寛政の一揆を計画した岩穴「談議(だんぎ)穴(あな)」だんぎあな

 この岩穴は、寛政の一揆において、農民たちが人目を忍び一揆の計画を練ったとされる岩穴で『談議穴』と呼ばれています。津藩主九代藤堂高嶷(たかさと)時代の津藩郡奉行茨木理兵衛が行った政策は、農民たちには大変厳しいものがありました。谷杣(たにそま)村(むら)(現榊原町)の庄屋・町井友之丞らはこれら制度の撤廃に何度も奔走しましたが受け入れられず、農民の代表をつれて奉行所へ請願いたしました。しかし、その間においても農民たちの怒りは治まらず、遂に寛政8年(1796年)12月26日夕刻、県内最大規模の『寛政の百姓一揆』が起りました。

一揆のあまりの勢いに津藩は、茨木理兵衛の奉行職を免じ、従前どおりの制度に戻すことを宣言し、一揆は治まりましたが、当初は順序にのっとり、事を穏便に運ぼうとしていた町井友之丞らは、一揆に及んだことを嘆き悲しんだそうです。一揆後の処分として、役人側の茨木理兵衛は屋敷を取り上げられ蟄居の身となり、農民側の町井友之丞ら庄屋3名は、その責任を負い寛政10年(1798年)津の塔世川原で打ち首獄門となりました。その後3名は榊原町の海泉寺に手厚く葬られました。海泉寺には友之丞が、ちり紙にしたためた辞世の句が残されています。

町井友之丞の辞世の原文(海泉寺)
「ありがたき君が恵みの一太刀に罪とか消えて弥陀とあらわるおそろしき屠所の陸路のけわしきの船に任せる身こそやすけれ」

善性寺(津市白山町川口2734 059-262-0044)

供養塔・森宗左衛門と父彦兵衛の墓碑<2001年3月に旧白山町文化財(史跡)に指定>

首謀者3人−いずれも各村の庄屋を務めていた(八対野村<白山町>の多気藤七郎、谷杣村<榊原町>の町井友之丞、川口村の森宗左衛門)は寛政10年12月19日に安濃川河原で斬首の刑に処せられた。その1人森宗左衛門(庄屋を務めていた)の墓碑が境内にある。写真の右から2番目が宗左衛門の墓碑で、正面に宗左衛門夫妻の戒名が刻まれ、右側面には「寛政十戊午十二月十九日」(処刑日)。裏面には「七世 森宗左衛門種美」と彫られている。「種美」は諱(いみな)(実名)、3番目の父・彦兵衛の墓碑も同様、裏面に「六世 彦兵衛種英」とあり、右側面には「寛政十一己未年九月九日」と死去年月日が刻まれている。彦兵衛は斬首刑でなく「永牢」で、息子よりも命を長らえ、翌年の秋に死去。次に、右端の供養塔は、笠塔婆と言われる種類で、石柱の断面が三角形をした珍しいものである。正面には「南無阿弥陀仏」、裏面左側面に「□□十午歳極月十九日」とある。年号は石材風化のため欠けているが、宗左衛門の処刑日で、彼の供養のために建てられた。裏面右側面に「願主 智明軒恵光」と見られ、「智明院」という院号をもった当時の善性寺住職が建立したらしい。前年には風化の激しかった供養塔について補修や樹脂注入が行われ、覆屋も設置された。経費は地元篤志者の寄付である。

PDFで関係文献を紹介します。@森宗左衛門の墓

A一揆の発生につながる寛政期の藤堂藩