日野町をご紹介します。風来坊の発言

日野町は、滋賀県の湖東地域、琵琶湖の南東に位置し、田園地帯で、「日野商人」の発祥の地、現在23,341人(2006年12月1日現在)が住んでいます。


歴史

日野(現在の滋賀県日野町)の特産品となっている日野菜は定秀の祖父にあたる
蒲生貞秀の時に発見されたものです。
平安時代から鎌倉時代にかけて日野を支配していたのが蒲生氏です。
現在の日野の中心市街は、大永3年(1513)蒲生氏が中野城(日野城)を築き、
蒲生定秀が天文年間(1532〜1554)初頭に町割をしたと伝えられています。
当時は、鞍や鉄砲の製造で知られていました。
蒲生氏が最も栄えたのが蒲生氏郷の時代です。
氏郷は織田信長のもと、多くの戦いで活躍し、やがて信長の娘(冬姫)と結婚。
豊臣秀吉の時代には伊勢松ヶ島(現三重県松阪市)へ、そして伊達政宗の抑えとして
会津黒川(現福島県会津若松市)へと転封、
徳川家康や前田利家といった大名と
肩を並べるほどの大々名となりましたが40歳の若さでこの世を去りました。



かぶ
日野菜 かぶはアフガニスタンあたりか、これに地中海沿岸の南ヨーロッパを加えた地域が原産地と言われています。 ヨーロッパで紀元前から栽培され、今では世界中の温帯地方で広く栽培されています。 日本には、弥生時代に大陸から伝わったといわれています。確かなのは「日本書紀」に持統天皇の7年(西暦693年)に五穀(主食)を補う作物として栽培を奨励するおふれを出したと記されているのが最初です。 日本では、このように古くから土着して多くの地方品種が成立し、世界的にみても品種発達の重要な中心地となっています。
このページの先頭へ
かぶ 頭を振ることを”かぶり”を振るといいます。頭にかぶるものに”かぶと”があります。 かぶの古名は、”あおな”または”かぶらな”といわれていましたが、これは根だけでなく葉を重要視してきたためといわれています。 「延喜式」には根も葉も漬物にされ、種は薬用にしたという記録があります。
このページの先頭へ
春の七草
すずな 春の七草の”すずな”はかぶのこと。”すずしろ”はだいこん。よく並んで語られ、だいこん
に似ていることから、その仲間と思われがちですが、かぶは同じアブラナ科でも
はくさい、こまつななどと祖先を共にする野菜です。
「せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずしろ、すずな」が春の七草。
このページの先頭へ
地理分布
分布図 ★赤かぶ、白かぶ、大きなかぶ。かぶは日本全国各地に、約80もの品種があり、そのなかには地域独特の在来品種も数多くあります。  ★このような品種分布から、中尾佐助氏は、日本の東と西でかぶの明らかな違いを見つけ、境界線を”かぶらライン”とよびました。  ★関ヶ原を境に、東と西とでは系統の違うものがつくられていたのです。  ★原産地アフガニスタンあたりから、ヨーロッパを経て伝わった日本型の系統は西で主に栽培されています。  ★東には赤かぶ系統が多いのも特徴的です。
かぶ情報
このページの先頭へ