戦争と平和、大逆事件、竹橋事件、亀戸事件、小作争議、江戸時代の苛斂誅求(百姓一揆)、憲法9条問題、高野長英、大原幽学など社会進歩に貢献した人々の碑などの探訪(履歴1 1〜60)(履歴2 61〜150) 、(履歴3 151〜 )、出典:日野菜物語

 

アニメ179 風船爆弾の碑(1984年 昭和59)(茨城県北茨城市)
  北茨城市平潟町の民宿長浜(地番1410)の斜め前にある。第2次世界大戦の末期の昭和19年11月から昭和20年4月の間、米国本土に向けて風船爆弾が放流された。これは極秘の「ふ」号作戦といわれ、大本営直属の部隊本部がこの地にあり、作戦であった。晩秋から冬、太平洋の上空8千mから1万2千mの亜成層圏に最大秒速70mの偏西風が吹くが(いわゆるジェット気流)、精密な電気装置で爆弾と焼夷弾を投下したのち、和紙とコンニャクのりで作った直径10mの気球部は自動的に燃焼する仕掛けであった。第2次大戦中に日本本土から1万kmかなたの米本土へ、超長距離爆弾を実行したのはこれだけであり、世界史にも珍しい事実として記録されるようになった。約9千個放流し、3百個前後が到達、米側の被害は僅少であったが、原子爆弾製造を3日間遅らせたという出来事も後でわかった。オレゴン州には風船爆弾による6人の死亡者の記念碑が建っている。ワシントンの博物館には不発で落下した風船の1個が今も展示され、深い関心の的になっている。登戸研究所で敗色が濃くなってから、「起死回生の決戦兵器」として「風船爆弾」を開発・製造した。細菌搭載も考えたが、これはさすがに実行しなかった。 私たちは、2010年6月12日、現地を訪れたが、近くの漁業組合に聞いたがここの事務所の人は知らなかった。

178 残酷・庄屋一家全員打首 ‐三ケ日町日比沢‐1642年(寛永19)(静岡県浜松市)
 
江戸時代初期の寛永19年(1642)山論争いの罪によって処刑された日比沢村の庄屋とその家族の霊をなぐさめるために建てられた(1941年 昭和16年8月3日 日比沢区建之)。この年が、庄屋とその家族が無念の死をとげさせられてからちょうど300年目にあたってもいた。罪もない4人の子ども達まで、一蓮托生の同罪として首をはねられるという残酷な事件はなぜおっこったのか。争いの発端は入会をめぐるものであった。本坂峠東側一体の山は江戸初期から日比沢村と本坂村の2村が入会地とし、草や木を採取してきていた。ところが寛永12年(1635)頃から三ケ日村の者が次々とこの入会山に入り込み、草や木を勝手に取るようになった。不法侵入を怒った本坂村と日々沢村では中和泉代官所に訴え出たが、代官所ではこの訴えを取り上げようとはしなかった。このため両村では堅く禁じられていた奉行所への越訴に踏み切った。地元の代官所を飛び越えて江戸表の奉行所に訴え出たのである。寛永19年(1642)6月のことだ。この結果本坂村、日比沢村の訴えが聞き入れられ、全面的勝訴を得ることができた。しかし天下の御法度となっていた越訴を行った罪は許されず、本坂、日比沢両村の庄屋とその家族全員が打首と決定した。かくてその年の8月3日、日比沢村の庄屋の家の前の畑で首がはねられた。この時4人の男の子供も首を斬られた。打首があってまもなく代官所は2つの村の庄屋(井口家と梅藤家)に対し弔意の気持ちをふくんで、板築山北麓一体の山林を与えた。首の代わりにあたえられた山というので人々は首代山(くびだいやま)と呼んできている。日比沢の墓地にある供養塔と、今も使われている「首代山」の名を耳にするとき、あらためて当時の庶民生活のみじめさと、社会機構の残酷さを思い知らされるのである。(「浜名湖・自然と歴史と文化」より)

177 伊勢湾台風殉難者慰霊之碑」(通称「くつ塚」)(名古屋市南区)
 
伊勢湾台風は、1959年(昭和34)9月26日午後6時過ぎに紀伊半島南端に上陸。瞬間最大風速は、午後9時25分に45.7mという驚異的な数値を記録した。また名古屋市西方をかすめるという名古屋地方にとって最悪のコースをたどったため、伊勢湾沿岸一帯にかつてない高潮が生じ、満潮時に近い午後9時35分、名古屋港における最高潮位は5.31mと、海岸堤防を50cmも上回る名古屋港検潮始まって以来の記録となった。時間雨量40〜60mmの豪雨となり、海岸堤防及び河口付近の河川堤防を寸断、市南部地区一帯を濁流の渦に巻き込んだ。特に名古屋港周辺の貯木場からあふれ出た28万?に及ぶ無数の巨木が、人命、家屋の被害を更に大きくした。名古屋市と当時の守山市及び有松・大高の両町を含む死者が1,881人と言語に絶する惨害をもたらし、南区内でも実に1,417名に及ぶ尊い人命が失われた。この碑は1960年4月26日建立さた。

176 友情の碑・白水小学校(名古屋市南区)
  昭和34年9月26日、台風15号(伊勢湾台風)が襲い、またたく間に水位は2メートル以上となり、人も家も呑み込んでしまった。殉難者は学区民861人、そのうち本校児童142人を数える未曽有の大災害となった。2度とこの惨禍を繰り返さないことを誓って碑が作られ「友情の碑」となづけられた。伊勢湾台風物語「町が海におそわれた」(神山征二郎著)で紹介された。

175 ゾウ列車の碑(愛知県名古屋市 東山動物園内)
  アジアゾウの園舎にある
第二次世界大戦中、軍から猛獣を処分するようにという命令が全国の動物園にあった。東山動物園でも、クマやライオンが射殺され、ゾウ2頭も栄養失調で死んだ。しかし、ゾウの「マカニー、エルド」は園長はじめ職員たちの努力により生きのびることができた。終戦を迎えた時、日本で生き残ったゾウはこの2頭だけであった。昭和24年、ゾウのいない東京の子供たちから、「ゾウを1頭、貸してください」と熱心なお願いがった。しかし、「マカニー、エルド」の絆が強く、2頭を引き離すことができなかったため、「名古屋のゾウを見に来てもらおう」と「象列車」が実現した。全国各地から名古屋へやってきた子どもたちは、動物園でゾウに出迎えられ、ゾウに触れ、ゾウに乗ったりした。こうして「ゾウ列車」は子どもたちに大きな喜びを与た。



174 散華乙女の記念樹碑(1978年 昭和53)(東京都西東京市)
  1944年1月「緊急学徒勤労動員方策要綱」を閣議決定し、同年4月から、全国の国民学校高等科、中等学校、専門学校、大学の学生・生徒が軍需工場などに通年動員された。この頃、現在の武蔵野市・西東京市には、中島飛行機武蔵製作所(約56万u)があり、最盛期には約5万人もの従業員が働いていた。武蔵野女子学院高等女学校からは5年生が同製作所に送られた。1944年12月3日お昼過ぎ、空襲警報が鳴った。工場長や担任の指示に従い、走って10分の母校の防空壕に跳びこんだ。そのうちの一つの壕にB29爆撃機が投下した爆弾が命中、生徒4人が即死した。戦後、この壕の近くに白い侘助(わびすけ)の花が植えられた。悲惨な出来事を忘れてはならないと、同級生や教師が学園に働きかけ、1978年、その花のそばに慰霊碑がつくられた。

173 日中不再戦の碑(1969年  昭和44)(東京都小金井市)
 
1950年10月1日の結成以来、侵略戦争の反省から中国への偏見を正す運動や日本に強制連行された中国人俘虜殉難者の調査と遺骨の中国への送還を進めてきた日中友好協会は、1966年の第16回大会から「日中不再戦運動」を開始、盧溝橋事件30周年にあたる1967年には日中不再戦碑建立運動、植樹祭を展開した。中小金井支部の植樹は、市民の粘り強い運動により、1969年3月、市議会が満場一致で「日中不再戦の誓いの植樹」が採択された。「植樹の由来」碑の一節に「日本国憲法は、世界憲法史上まことに画期的な戦争放棄を宣明しております。私どもはこの憲法の精神にのっとり、世界平和の実現を念願するものであります」とある。(「石碑と銅像で読む『近代日本の戦争』」から) この碑は、上の公園(小金井市本町5-6)の一隅にある。

172 渋谷道玄坂之碑(東京都渋谷区)
 
JR渋谷駅からスクランブル交差点を渡り、号玄坂下信号の道を5分ばかり上がっていくと道の左側に、与謝野晶子の歌碑、道玄坂の標識、道玄坂道供養碑、渋谷区教育委員会の表示板、道玄坂之碑、渋谷道玄坂の表示板などが目に入る。通行人は多いが、これらに目を留める人はほとんどない。道案内を聞いても「さあ?」としか返ってこないのではないかと思われる。これらがいつ建てられたのかも判然としない。街全体が雑然とした印象をぬぐえない。最寄の交番を探し、「与謝野晶子の歌碑」を聞いたが、わからなかったので周辺を歩いて、探しあてた。

171練馬大根碑(東京都練馬区)
  愛染院(練馬区春日町4-17-1 バーミヤン裏<北>)の入口に大きな碑がある。1941年(昭和16)に建てられた。

170 伊勢湾台風被災追憶之碑&友情の塔(愛知県東海市)
  昭和34年台風第15号、国際名:ヴェラ〔Vera〕)とは、1959年(昭和34年)9月26日に潮岬に上陸し、紀伊半島-東海地方に大きな被害を及ぼした台風である。
死者4,697人・行方不明者401人・負傷者38,921人(「消防白書」平成20年度版より)にのぼり、明治以来最大の被害を出した。3,000人以上の犠牲者を出した台風として、室戸台風、枕崎台風とあわせて昭和の三大台風のひとつに挙げられている。この犠牲者の数は、1995年(平成7年)1月17日に兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)が発生するまで、第二次世界大戦後の自然災害で最多のものであった。慰霊碑は各所にあるが、標記の碑は東海市にあるものである。災害対策について定めた災害対策基本法はこの伊勢湾台風を教訓として成立したものである。

169 庄屋源吉頌徳碑(愛知県豊橋市)
 高足村庄屋源吉の碑。この碑は、1961年〈昭和36〉3月21日高師校区の人々によって建てられた。豊橋市上野町上原103 円通寺にある。

168 大逆事件〈刑死者慰霊塔&管野スガの碑)〈東京都新宿区&渋谷区)
 
伊藤博文がハルビン(黒竜江省の中南部)駅頭で倒れた(1909年<明治42>10月)頃、巣鴨の平民社に、幸徳秋水と管野スガを訪問した無政府主義者宮下太吉は、天皇暗殺を誘った。社会主義の圧殺と民衆の圧迫、これを打破するためには、天皇は神でなく、血の流れる人に過ぎぬことを実証するほかないというのである。秋水は消極的な態度であったが、結核で余名乏しかった菅野は秋水の書生新村忠雄とともに協力を約し、後に古川力作も参加、宮下は爆弾の製造、他3人はテロの実行を分担した。だが1910年(明治43)5月、警察は宮下の爆弾実験を探知すると、兼ねて目星をつけていた無政府主義者全員を逮捕した。政府は、この際「一人の無政府主義者無きを世界に誇るに至るまで、あくまで撲滅を期する方針」だった。政府は4人の幻のような暗殺計画に、皇室に「危害を加え、または加えんとしたものは死刑」という大逆罪を適用し、12月10日から40日ほどの秘密裁判で、幸徳以下、実に24名に死刑を宣告した。このでっち上げ事件は世界にも大反響を起こし、米・英・仏の社会党、労働組合や、ジャックロンドン、バーナードショウらの作家も一斉に日本政府に抗議した。反響に驚いた政府は、判決の一週間後の1月24日・25日にあわてて幸とくら12名を処刑し、他の12名を“天皇の後慈悲”として無期に減刑。(市ヶ谷監獄は現在の新宿余丁町、富久町、台町にまたがる広大なもので、その処刑地跡地に、1964年(昭和39)、日本弁護士会が大逆事件刑死者慰霊碑を建てたが、なぜか「刑死者慰霊塔」としか画いてない。建碑の説明文もない。大逆事件について、文人等が書いたが、石川啄木は、「忘られぬ顔なりしかな 今日街に 捕吏にひかれて笑める男は」と歌い、「時代閉塞の現状」という論文で、“自然主義は現状暴露に止まっていて”、青年のエネルギーは出口を失ってしまった。”「この自滅の状態を脱出するために、遂にその「敵」の存在を意識しなければならぬ時期に到達しているのである。」と、自然主義文学の次に来るプロレタリア文学の時代を予測した。(「史跡でつづる 東京の歴史 明治大正編」〈尾河直太郎 東京民報社編〉より)

167 (動物慰霊碑)(旧登戸研究所跡地)(1843年 昭和18)(神奈川県川崎市多摩区)
「動物慰霊碑」は、明治大学生田校舎正門の守衛室の裏に建っている。碑の裏面には「陸軍登戸研究所建之(これをたつ) 昭和18年3月」と刻まれている。登戸研究所は、1937年(昭和12)に開設された。当初は陸軍科学研究所の秘密戦資料研究室としてスタートした。この碑にあるように同研究所は「動物」を実験材料にし、特殊謀略兵器の開発・製造に取り組んでいた。また、要人殺害用の青酸ニトリールと毒蛇などが開発され、動物実験のあと中国で人体実験されている。さらに、「風船爆弾」も開発した。細菌兵器をつけた風船爆弾もつくられたが、さすがにこれは使用されなかった。

166 (鎮魂の碑《戦没プロ野球選手慰霊碑》(1981年 昭和56)(東京都文京区)
 戦没者の名は69名を数える。 碑は、東京ドーム 21ゲート付近(文京区後楽1-3-61)の道路沿いにある。


165 (学徒出陣壮行の地碑)(1993年 平成5)(東京都新宿区)
  碑は、国立競技場マラソンゲート入口付近(新宿区霞岳町)にある。

164 (竹橋事件殉難者の慰霊碑)(1987年 昭和62)(東京都港区)
 
1873(明治6)年1月10日に発布された徴兵令の目的は、1月4日に陸軍大輔(たいふ)、山県有朋が「国家卒然、有事の際にあたり、よく公法を維持し法令を確守し国土を保護するは、則(すなわ)ち兵備に頼らざるを得ず」「内は以(も)って草賊(そうぞく)を鎮圧し、外は以て対峠(たいじ)の勢を張る」ためのもの、一言でいえば、いまや軍備とは、国際的武力のためではなくて、天皇制藩閥専制政府に仇なすやから(草賊を含めて)を討つためであった。しかも国民皆兵とは表面だけのことで「常備兵免役概則」によると「階層的、身分的に文官・武官その養成所にあるものは全部、免役」「代人料金、270円上納願出る者は、常備・後備両軍共これを免ず」で、富商、富農、富工は兵役を免除される--。結局、徴兵令がめざすところの主体は、解放されない庶民(大部分は農民)ということになる。このような貧富を差別するところの不平等な徴兵令に対して、あらゆる方法で徴兵忌避が講ぜられたり、また全国いたるところでこれを契機に農民一揆が一段ともり上がったのであった。徴兵された兵卒待遇は、「在営中、定額の日給を与え、その他、服類とも官費たるべし」とあるが、その日給なるものは、煙草代と大福代(餅)の程度でしかない−その後の日本軍隊の待遇にくらべればいいほうであるが。そして、この兵に若干の夢をもたせる意味で「強壮にして技芸に熟し、行状正しき者は、抜擢(ばってき)して近衛兵に充つ」とし、「技芸に熟し、才気ある者は、人撰を以て、その隊の下士官に任ず」「下士官に任ぜられたる者は、更に7ヵ年以上の役を帯ばしめ後備兵籍を除す」。かくして農民壮丁は軍律きびしい兵営に押し込められ、自由民権鎮圧のとりで、天皇制の確立と国内の治安弾圧の軍隊(近衛兵がその典型)に錬成されてゆくのであった。ここに竹橋暴動が勃発する歴史的な背景が進行し展開する。(平野義太郎<竹橋事件発掘の意義と問題>  「竹橋事件の兵士たち」《竹橋事件100周年出版編集委員会》より)
  慰霊碑は、 港区南青山2丁目青山霊園2種(イ)11号29側にある。


163 (亀戸事件犠牲者之碑)(1970年 昭和45)(東京都江東区)
  1923年(大正12年)9月1日関東一帯を襲った大震災の混乱に乗して被災者救護に献身していた南葛飾の労働者10名は逮捕された。亀戸署に連行されたのは、南葛労働会の川合義虎、加藤高寿、山岸実司、近藤広造、北島吉蔵、吉村光治、佐藤欣治、川合の家に居合わせた鈴木直一、純労働者組合の平沢計七、中筋宇八の合計10名であった。その後、亀戸署で厳司令部直轄軍隊によって虐殺された。惨殺の日時場所ならびに遺骸の所在は今なお不明である。南葛労働会や自由法曹団が調査を始めたため、警察は10月10日になって事件を公表したが、「戒厳令下では必要な処置」として責任は不問にされた。碑は江東区亀戸の浄心寺にある。毎年9月の第1日曜日に追悼会や学習会、現地調査などを行っている。

162 (墨田区横網町公園)
 1923(大正12)年9月1日、突如として関東に起った震災は、東京市の大半を焦土と化し、5万8000余人の市民は、業火(ごうか)の犠牲となった。このうち最も惨禍をきわめたのは、当時横網町公園として工事中の陸軍被服廠跡であった。そのため、この地に、震災記念堂、震災遭難児弔魂像、関東大震災朝鮮人犠牲者追悼碑、横網町公園復興記念館(震災記念屋外ギャラリー)、幽冥鐘などが造られた。

161 (投込塚之跡)(1961年 昭和36)(神奈川県横浜市)
 
昔から、この辺りは、相模と武蔵の国境で、権太坂と呼ばれ、東海道を江戸から西へ向かう旅人が初めて経験する箱根難所につぐものできつい上り坂だったが、多くの行き倒れがあり、近在の住民がその屍を穴に埋めたという。この地は、投込塚之跡といわれた。1961(昭和36)年頃、この地が開発されたところ、白骨がたくさんでてきた(屍の数はカマスに15.6杯もあった)ので、近くの東福寺(戸塚区平土町)に再埋葬されて菩提を弔った。

(158〜160) (子返しの絵馬) 絵馬とは、祈願や報謝のために、社寺に奉納する絵の額で、馬または木馬を奉納する代わりに馬の絵を描いたが、後に馬以外の画題も扱われるようになった(「広辞苑」より)。「間引き」という言葉は近代的用語(明治時代以降に一般化された用語)で、江戸時代には「子返し」と呼ぶのが一般的である。口べらしのために親が生児を殺すことで、「もどす」「返す」などともいわれた。このようなことを心を鬼にしてやらねばならなかった当時の社会情勢について考えさせられる貴重な民俗文化財である。埼玉・狭山市柏原の白鬚神社、同・秩父市下吉田の菊水寺千葉・柏市柳田〔やなだ〕の弘誓院茨城・利根町布川の徳満寺他にある。製作年代と作者は不明だが、奉納者の氏名から江戸時代末期の作と考えられている(白鬚神社)。明治頃までのこの一帯の農村の貧困と、それを一層悲惨なものにした飢饉や水災害により、当時多くおこなわれていた間引きの悪習がなくなる様にとの願いをこめて奉納された絵馬(徳満寺)。「弘化4年(1847)西国秩父坂東百堂順拝諸願成就」と奉納の至趣が分かり興味深い(弘誓院)。

(157 (絵馬『子返しの図』)『1986年 昭和61)(埼玉県狭山市)
 
この絵馬は、柏原(かしわばら)白鬚神社境内にある浅間(せんげん)神社に奉納されたもので、「子返し」とは口減らしのために子供を殺すことで、「間引き(まびき)」ともいわれる。絵馬の大きさは、タテ44.3cm、ヨコ81.7cmで、産まれたばかりのわが子を殺す女性2人が彩色で描かれているが、一方は鬼の顔をしており、そこには、「足らぬとて まひ(間引)くこころの愚かさよ 世に子宝といふをし(知)らすや」「罪は身に むくうとしりて天より さつ(授)けたまわ(賜)る子かえ(返)しをする」と記されており、子返しを戒める目的で奉納されたことがわかる。制作年代と作者は不明だが、奉納者から江戸時代末期の作と考えられている。

156 (新左衛門公事)(1817年 文化14)(三重県桑名市)
 
新左衛門をはじめ、53人の出た村々には、何の資料も全く見当たらないので判らないが、新左衛門は、金田猪左衛門の暴政を訴えた首謀者で、平民的義人百姓新左衛門とあがめている。後の人は平方(ひらかた)村の杉江堤(井桁)の弧松の下に、文化14年(1817年)8月に小祠(奥行1尺7寸、桁行1尺3寸)を建て、新左衛門ら12人の御霊を勧請して、御田扇(みたおう)宮社として奉祀した。これは、長島総郷の百姓によって造営されたもので、祭日は毎年9月朔日(さくじつ ついたち)と定めていた。今はこの社は平方目神明社に合祀されている。平方神明社に慶長3年(1598年)9月2日の大水に漂着した流れ宮を村民が奉祀したものである。同村の井桁堤に延宝3年(1675年)の長島百姓騒動の首謀者義民新左衛門一味を、文化14年(1817年)8月に奉祀した(「長島町誌 上巻」)。と書いているが、現地に照会したが、小祠の所在は不明とのことである。

155 (福豊16人衆碑(1984年 昭和59)(三重県桑名市)
16人衆の氏名
  与惣左衛門 平蔵 源助 三郎右衛門 五右衛門 惣兵衛 次郎兵衛 伝次郎 長左衛門
  源左衛門 善兵衛 彦三郎 長助 伝右衛門 弥市(与八) 儀左衛門(作左衛門)
福豊新田は、寛文8年(1668年)に開発された豊松新田と、元禄6年(1693年)にその地続きに開発された福井新田が、後明治12年(1879)に合併して、福豊と改めた新田であるくらい、従来から同一行動をとってきた村である。開発以来度々大風高波、洪水などの水害を被り、農民は水との闘いに苦しんだ地である。元和元年(1681年)7月20日、元和3年(1683年)の2回も引き続き破提洪水に見舞われ、多数の溺死者、流水家屋を生じている。引き続いて宝永8年(正徳元年―1711年)9月16日の大風高波による入水以来、葭ヶ須(よしがす)輪中の農民は農地を失い、居住の場所さえもなく、日々の食にさえもことを欠き、その窮乏の極に達していた。特に福井豊松の両新田は、壊滅が甚だしかったとの記録もある。このような状況の中で葭ヶ須(よしがす)輪中の農民は笠松代官所(当時葭ヶ須輪中は天領)へ堤防、新田の再築出願を数回繰返したが、一向に許可にならない。福井、豊松の農民は更に総代5名で、江戸勘定奉行へ嘆願におよんだが、これまた再築の件は採用されなかった。万策尽きた農民の上記16人は、享保10年(1725年)に意を決して連判血盟し、捨身になって直訴を計画した。同年9月老中及び、代官辻甚太郎の伊勢神宮参拝の帰途を待ち受けて、桑名町屋川橋の北詰で直訴を行った。再三突戻されたが、更に屈することなく、桑名川口湊の七里の渡し場で、直訴を繰返した。遂に老中(当時の老中は5名あるが氏名は記録がない)はこれを採納した。しかし一同は縄を打たれて江戸表に送られ、揚り屋入りとなった。幕府老中においては、上訴の件を詮議した上、再築認可の方針を決定した。よって16名の帰郷は許されて、愈々工事着工の準備に取りかかったのである。当時の幕府は、財政困難な状態なので施行の経費捻出ができない。前記16人の者は、老中から資金調達の命を受けて、各地の富豪に依頼して廻った。たまたま葭ヶ須村早川金右衛門の尽力によって、尾州熱田加藤甚右衛門外7名の出資に話がまとまり、多年の念願がかなったのである。享保12年(1727年)に新田再築工事に着工し、同13年に竣工したのである。新開地50町7反5畝歩、工事費4千35両、しかして、その入費を反別に平等割すると、反当約8両、これを出資者は反当5両で7分を取得し、農民は3両で3分を取得することに決めた。この農民の3両は主として労働力による出資である。これが福豊新田に後世まで残る、七三の分配慣行のはじめである。農民16人の犠牲的精神・献身的活動は、農民の感謝の的である。ことに儀左衛門の如きは、70余歳の老躯をもって、挺身その難局にあたったのである。後年村民は報恩の誠を致すため、16人衆の霊を祀り、祖霊耕社を勧請し、旧暦9月8日(直訴した日)を祭日として、祭祀を絶やさない。−ー後伊曽島神社の末社として、社地を同社に合祀した。その16人衆の後裔で、現在判明している分(昭和3年現在)は左記の通りである。伝次郎―早川末次郎 平蔵―早川鍬三郎(本家・分家あり) 彦三郎―浅井喜三郎 五右衛門―平島金次郎(北海道在住) 三郎右衛門(早川伊助) 同分家―早川惣太郎 儀左衛門―伊藤銀松 与惣右衛門―大橋竹三郎(四日市在住) 長左衛門―諸戸清信 同分家―諸戸清年 伝右衛門―法順寺水谷東湖 なお当時の記録が残されているから、その工事の概要及び、町人請負新田の参考として誌す。

154 (女人堤防碑)(1958年 昭和33)(三重県鈴鹿市)
 女人堤防異聞(昭和58年5月31日発刊「鈴鹿市史 第二巻」)より。庄野宿の南約500mに同じく東海道沿いの汲川原村があり、その西のはずれに道をはさんで村を護かのように雑木の茂った、いわゆる「女人堤防」がある。伝説によれば、度々の鈴鹿川の洪水に悩まされた村民は、堤防を強化したいのは山々ながら、そのため反対側堤防の下(しも)にある神部(かんべ)城下に水が入るとの故を持って禁止されていた。結局男が作業することは目立つので、夜間女性がひそかに堤防を造ったが、事が藩に聞こえ、代表者の菊女らは危く処刑の間一髪前、家老松野清邦の使者によって許され、その上藩主(本多忠升)からその健気(けなげ)な志を賞(ほめ)でて金壱封が贈られたという物語である。右の伝説は劇などにも取り上げられ、昭和33年には当時の三重県知事田中覚の題字による「女人堤防」の碑まで建てられている。旧庄屋市川家文書には多数の堤防関係文書があるが、「女人堤防」を暗示するものは全くない。庄野公民館に、昭和9年小林徳松氏によって描かれた庄野宿絵巻があり、その裏に「汲川原(くみがわら)外新田堤防の記録」として、女人堤防についての聞き書きがある。これは昭和10年5月、当村川俣神社工事中に、汲川原の市川民造氏より聞いたものとしている。文政12年(1829)汲川原村南薬王院前の外新田の鈴鹿川本堤防は、大水の度に崩され、村内は被害を受けるので、庄屋四郎兵衛は神部藩主へ堤防工事の願書を出しても許可が下りないので、切腹覚悟で村民を集め、工事にかかることになった。しかし村民は処刑を恐れて、家に戻ってしまった。困った庄屋はやむなく女方を集め、モッコをつらせて工事を進めたので、やがて堤防は完成した。ある日、本多河内守(伊予守忠升であろう)から呼出しがあった。切腹覚悟で御殿へ参り、控えていると、上殿より高声にて叱られ、四郎兵衛は「腹に浪うたし心配して」いると、「本多家の領分故、今日は許す」と申され、その上殿様より、褒美として金子50両をいただいた。喜んで村民一人に銭百疋ずつ配ったという。村民集合の中で、女が一生懸命働いた堤故、「女堤防」となづけた。また別に「女人塚」ともいうと。右が聞き書きの概略で、信用性にはやはり問題がある。市川家文書の中には、引堤(堤防を後へ引いて川幅をひろげる)の記録があり、絵図には湾曲する古堤跡と直線の引堤(長さ266間半)が描かれ、「右ハ文政5年(1822)より引堤に相成居申候」と注されている。このような工事に女性も参加したことから生まれた伝承であろうか。女人堤防は鈴鹿川本堤防ではなく、これに直角に南北に造られ、堤防―東海道簡約120m、それより北へ延びて芥川(あくた)と接続する区間270m、計400m足らずで、西方から溢流する水に対し村を守る形である。直接本流の堤防強化に役立つとは思えない。それ故それが反対側の堤防崩壊の原因になるとも考えられない。ともかく文政期の堤防工事に女性も参加したことに、劇的な枝葉がついたものであろうか。女人堤防碑の近くには、「従是東神部領」の碑が建っている。更に西へ行くと、中富田の東端に一里塚があった(現高橋渉氏宅地)。村中には式内川俣神社があり、「従是西亀山領」の碑がある。この西は西冨田で、安楽側下流和泉川にかかる橋を渡ると、和泉・小田と街道沿いの村がつづく。

153 (エジプト行)
 エジプトの
面積は日本の2.7倍、12カ国を貫流するナイル川(総延長6,670`、信濃川は367`)、紀元前7000年からの歴史(弥生時代はたったの紀元前3世紀)、巨大なピラミッドを初めとする多くの遺跡。ピラミッドの数(108)とその巨大な石、その運搬とその距離に要した労力は王ファラオの絶対的権力なしには考えられない。「すべてのこれまでの社会の歴史は階級闘争の歴史である」(「共産党宣言」)とあるように、日本では、百姓一揆は江戸時代1,600〜1,868年の268年の間に約3,000ヶ所起きていたといわれる。これに対し、エジプトではそのような人民の抵抗運動がなかったのだろうか。モーゼの出エジプト記はどうか。出エジプトの事件はラムセス2世の治世(BC1279〜1213年ごろ。ルクソール(テーベ)のナイル川西岸に「職人の町」の跡が残っているようだが、ガイドには王ラムセス3世の時に「労働者のストライキが記録されている」と書いてある。紀元前1190年より後の頃の新王国時代頃のことだろうか。

151&152 (市東刑部左衛門(しとうぎょうぶざえもん)(1605年 慶長10)、大多和四郎右衛門(おおたわしろうえもん)(1643年 寛永20)(いずれも千葉県東金市)
  東金酒井氏が滅びた後、酒井氏に仕えた武士であった市東刑部左衛門(1574〜1605)は村の名主であった。慶長10年(1605)は、九十九里平野一帯、大旱魃にみまわれ作物はみのらず、飢饉となって人々を苦しめていた。その年、農地の面積や作物の品質を調べ年貢の量を決めるためにやってきた検田使(けんでんし 役人)に、市東刑部左衛門はむこう2カ年間の年貢米の取立てを止めて、郷倉(ごうぐら 年貢米の保管場所)の米を農民に分け与えてもらえるようお願いした。ところが、検田使は逆に年貢を2割増に納めるよう命じ、さらに市東刑部左衛門をののしったりした。さすがの市東刑部左衛門も耐え切れず検田使を切り殺し、郷倉を解放して村人に米をわけてしまい、責任を取って八鶴湖畔にある最福寺の門前で切腹した。31歳。村人たちはその遺体を旧丘山村黒田境の地に埋めて塚を作り、義人市東刑部左衛門の徳をたたえた。又、寛永19年(1642)も旱魃のため村の人々は飢えに苦しんでいた。名主の大多和四郎右衛門(1595〜1643)は、何度も領主堀田氏(佐倉藩堀田正盛)に郷倉に蓄えている米を村人に分けてもらえるように訴えたが聞き入れてもらえなかった。そこで、かねてから尊敬していた市東刑部左衛門にならって郷倉を開けて村人に分配してしまい道庭(どうにわ)の石切橋で長男(10歳)と共に自刃した。48歳。大多和四郎右衛門が自刃した場所に、「義人大多和碑』と刻まれた小さな碑が建てられたが、昭和29年(1954)に、大きな供養塔が建てられた。(「東金市史 総集編5」及び「われらのふるさと 上総の東金」から)

150 (高崎五万石騒動)(1869年 明治3)(群馬県高崎市)
 
江戸時代高崎藩城付五万石の農民は全国一といわれる程の重税に苦しんで来た。明治2年、長雨のため不作になり夏頃から村々の代表が寄合(よりあい)を開いて相談し、維新になったのだから同じ高崎藩内の新領並みに減税して農民が農業で生活できるよう要求することを決めた。この時大総代に選ばれたのが高井喜三郎(柴崎村 42歳)、佐藤三喜造(下中居村 52歳)、小島文次郎(上小塙村 46歳)3人であった。明治2年10月17日蓑笠を着た4,400人余の農民が天王の森(現 進雄-すさのお‐神社)に集まって大総代を先頭に村々の旗を立てて静かに高崎城下へ押し寄せ、嘆願書を提出した。しかし高崎藩主大河内輝声(おうこうちてるな)はその年限りで大豆と馬の飼料の減額しか聞き入れなかった。そこで農民は岩鼻県知事に訴え政府に嘆願書を出した。これに対し高崎藩は3総代を強訴の罪で逮捕し、明治3年2月4日の早朝、江木村の無縁堂で斬首した。その他流罪投獄に遭う者は数十名に及んだ。5万石騒動義慰霊堂碑などがある。


(149) 桃瀬の水牢跡
(1979年 昭和54)(群馬県中之条町)
 
封建時代には、領主は武力にものを言わせて、土地に農民を縛りつけ、年貢生産のために酷使した。一般農民は年貢生産のための機会であった。沼田領では、年貢は全国平均ではだいたい5公5民であったのに対し、6公4民であった。徴収方法は上に軽く下に重かった。高持ち百姓は比較的余裕があったが零細農の貧困は目を覆う惨状であった。この地方はおよそ田1に対して畑9の割合で完全な畑作地帯であった。その上気候も不順の上、土地の等級は頗る悪く8割以上が下田、下々畑であり、一度飢饉に見舞われると夥しい餓死者を出した。又、年貢をとる時は規格より大きい枡を用い(納枡 おさめます)、扶持米等をくれる時は小さい枡を用いた(払枡 はらいます)。過酷な年貢のため、分納をしたが、伊賀守末期になると藩の赤字財政はますますひどくなり、農民の担税能力を全く失って未進(未納、滞納)額がますます多くなり、年貢が滞ると役人がやってきて明年の種籾まで収奪したり、田畑、家屋敷、家財道具を競売に付したりした。農民は女房、子どもまで売り飛ばす始末であった。なお不足のときは、代官は人質をとって親類や縁者、庄屋を呼びつけ、その眼前で苛責を加えたり、水牢に入れたりして責め立てた。(「中之条町誌」(第1巻)より)

(148) 高乾院の餓死供養塔(1783 天明3)(福島県田村郡三春町)
 
江戸時代の凶作のうち、享保17(1732)年、天明2(1782)〜7(1787)年、天保4(1733)〜10(1739)年の凶作は3大凶作とよばれ、飢饉を伴って、餓死者多数を出したことで知られる。享保の凶作は西国地方を中心とし、奥羽地方の被害は少なかったが、天明・天保の凶作では奥羽地方が全国の注目を集めた。天明3(1783)年は、2月までは暖かい冬とも思えない日が続いたものの、6月より10月まで霖雨(ながあめ)止まず冷涼で、袷(あわせ)を着て焚き火を囲んでいた。6月の大洪水、7月の浅間山爆発と寒気、8月の北風と大霜と災害が続き、畑作物・田作物が皆無となった。 阿武隈山系の西側の波浪のように入り組んだ山間に村々が点在する土地で三春領は構成されているが、山間高冷地の農業生産性の低い小藩で、重税が当然化しており、衣食住の倹約が平年でも強いられてきた土地柄であった。米産地の二本松領に比して米産地でない三春領の被害はより大きく、継続的不作の中で天明凶荒の襲来を受けた。三春領内の餓死者は1,500人余に上った。村々の三界萬霊塔は、天明飢饉と、後の天保飢饉における死者への供養塔である。天明3(1783)年の凶作、4年の飢饉、5年2月の城下町大火と災害が続き、天明6年も寒冷が春よりゆるまず、7月の長雨と洪水、8月には暴風雨となって諸作不作。天明7年には2月・4月に大暴風雨が領内を吹き荒れ、打撃を与えた(「三春町史」(近世編)より)。

(147) 義民助兵衛の碑〔1895年 明治28)〔岐阜県下呂市)
 
中島助兵衛は元和(げんな)2年(1616)武儀(むぎ)郡桐洞(きりほら)村(金山町菅田【すがた】桐洞)字田中に生まれた。名望家で温厚義侠的な人格で常に尊敬されていた。桐洞村は当時尾州藩の領地であった。領主尾州藩は承応(じょうおう)2年(1653)に桐洞村へ米2石の代りに麦4石を課した。村の百姓は驚いた。元来この土地は霧が非常に深く、古くから霧原村と云われて麦作には適しなかったその上、天候異変で凶作が続き百姓は困っていたが、それでも上納のために懸命に努力した。それから数年後の万治(まんじ)3年(1660)になって、米9石の代りに麦19石を上納せよとの思がけない重税を申し渡された。この重税は百姓の生死にかかわるものだと全村民は立ち上がり竹槍に莚旗を押したてて物凄い情勢となった。助兵衛は45歳、諏訪明神の森に駆けつけた時は、既に100余名が集って殺気立っていた。助兵衛は村民の人心を取鎮め「百姓一揆を起し役人をやっつけても所詮目的は達せられない、村人を罪人とすることは忍びない、どうか私一人に任せていただきたい」と真心をこめて一同の同意を求めた。助兵衛は村民の要望を一身にせおって直訴し、この危機を救おうとしたのである。幾日か過ぎ単身尾州(びしゅう)藩江戸屋敷におもむき、機をうかがって邸内に忍び込み、縁先へ散策に出た藩主光友に減税歎願の直訴を行った。助兵衛の決死行が成功して重税は解かれ村人は狂喜感泣した。しかし助兵衛は直訴の大罪人として獄に繋がれる身となり、村人必死の赦免運動で、死罪はまぬがれたものの、ついに罪はゆるされず、長い獄中生活に苦しみ、寛文(かんぶん)7年(1667)7月獄死した。江戸時代から明治に移り中島助兵衛の子孫も絶えてしまった。明治28年(1895)村人が相はかり和田白山神社境内に義民碑を建立した。後、下呂市金山町菅田桐洞〔田中地区)に移した。碑文は依田百川、書は神谷道一である。

(146) 天明飢饉一揆の集合の地碑(1987年 昭和65)(神奈川県相模原市津久井町)
 碑 は、三ヶ木(みかげ)神社にある。「12月18日 26ヶ村の人々が思いよらざる廻文につき、我先にといさみすすんで三ヶ木村諏訪の社へ相詰る、土平治、伴蔵、利左衛門(注:3人とも死罪)も早朝に仕度致し罷り越し候ところ」(城山町史2 資料編近世 『土平治騒動』)に書かれているだけである。「碑」文には「200年後の1987年12月18日の建之」とある。
  近世相模国における最大規模の一揆・打ちこわし騒動は、土平治(どへいじ)騒動といわれている。この土平治騒動は、天明7年(1787)暮れから翌8年正月にかけて、異常気象による飢饉と米価・諸物価の高騰を背景に酒造人による酒造用の米穀買入れ・買占めが物価高騰の元凶として農民たちに意識され、津久井県内から愛甲郡の一部まで広域の酒造人を打ちこわした“酒造騒動”として理解されている(城山町史6 通史編 近世)。

(145) 白岩義民の碑(1638年 寛永15)(山形県西川町&寒河江市)
 
酒井長門守忠重(ただしげ)は白岩領8,000石が与えられたが、もともと酒井家は徳川家の最も古い親戚といわれ、譜代大名中最古参の家柄といわれる。その名門に生を受けた忠重は十代の若さで従五位下長門守に叙されたいわばエリートであり、二十代初めには8,000石の知行を与えられ大名昇進の可能性も十分にあったといってよい。「徳川四天王」の名声を得た酒井忠次の孫であり、忠重が入部(にゅうぶ 国入り)して12年目、寛永10年(1633)10月、その圧政に苦しんだ白岩郷の農民が23ヶ条の目安(めやす 訴状)を認めて幕府に訴えるに至った。これが第1回目の一揆であった。忠重の苛性(かせい)は幕府の糾弾するところとなり、寛永15年3月7日、忠重は改易(かいえき 所領の没収)され、最上蔵米(くらまい)8,000俵を給せられることになった。白岩8,000石は幕領となり、尾花沢代官小林十郎左衛門の所領となった。この年6月、第2回目の一揆が勃発した。小林代官は百姓を押えることができず、山形城主保科正之に相談した。保科正之は、慶長16年(1611)5月、2代将軍秀忠の4男として誕生した人で、3代家光の異母弟である。彼は百姓をなだめ、山形に来て殿様に嘆願するようすすめ、三々五々山形に来たところを一網打尽に召捕り、7月21日、全員を山形長町河原で斬首の刑に処した。東泉寺(西川町間沢)と誓願寺(白岩)の2箇所に供養碑がある。前者には、間沢村在住―月山永公(がっさんえいこう)・常秀道眼(じょうしゅうどうげん)・空假是心(くうかぜしん)―の三霊がある。後者の誓願寺には38名の法名が記されている。寛永15(1638)年の一揆の犠牲者である。

(144)  ワッパ騒動義民之碑(2009年9月11日 平成21)(山形県鶴岡市水沢字行事免43) 
 1872年(明治5)、明治政府は従来は米で納めていた租税をお金で納める「石代納(こくだいのう)」を許可した。しかし、折からの米価高騰に目をつけた酒田県は農民に通達せず従来通りに米で納める「現物納」を強制し、納めさせた米を一部の特権商人に売却し換金。得た利ザヤを商人と分け合い、松ヶ丘開墾事業などに充てた。これに農民らが反対し、士族や商人が加わって発展したのがワッパ騒動。騒動の中で、酒田の商人、森藤左衛門は75年(明治8)元老院に「過納金返還」を求める意見書を提出。大審院の判事が鶴岡で臨時裁判を開いた末、68年(明治11)、農民に対し総額6万3千円を支払う一部勝訴の判決を得た。ワッパ騒動義民顕彰会が、農民が蜂起した場所近くの同市水沢の蕎麦店「大松庵」敷地内に顕彰碑を建立した。地元住民92人でつくる「上郷文化財愛護会」は運動を全面的に支援した。

(143) 明暦大火供養塔 本妙寺(1657年 明暦3)((東京都豊島区巣鴨5-35-6)
 
徳栄山本妙寺は日蓮宗の寺である。もとは本郷丸山町にあり、元亀二年(1571)創建という古い寺であるが、明治44年(1911)、この地に移ってきた。本郷にあった頃に明暦3年(1657)の大火(明暦の大火‐振袖火事)の火元になった。火事は明暦3年丁酉(ひのととり)(1657)正月18日の未(ひつじ)の刻(午後2時)、本郷5丁目裏にあった本妙寺より出火し、江戸市中ほとんどを焼失しつくしたのである。「武江(ぶこう)年表」はその日の戦慄の記録を「この類焼、万石以上の御屋敷500余宇、御旗本770余宇、組屋敷数知らず、堂社350余宇、町屋400町、片町800町、焼死107,046人といえり。・・・去年11月より当年正月に及ぶまで雨天なし。21日いたりて大雪降る。米価一時に高揚して、賎民の困苦甚しく道路に悲泣す・・・」と綴っている。乾ききっていて火のまわりが早かったのである。回向院(えこういん)はこの惨事のときに建立された寺である。すさまじい火事である。そしてこの火事の原因が、その日病死した娘の振袖を供養のため焼いたところ、風にあおられて本堂の屋根におち、本堂を焼き、飛火していったのだというので、世に振袖火事ともよばれたのである。(「豊島区史跡散歩」「豊島風土記」より)

(142) 囲い・「犬屋敷」跡( 1991年 平成3)(東京都中野区中野4-8-1)
 
「犬公方」の登場 延宝8年(1680)、綱吉が5代将軍の位についた。ところが、10万両の金が無くて恒例の日光廟参拝ができない。家臣に聞いても、財政収支をはっきり答えられる者が1人もいない有様であった。幕府の収入は天領の年貢、鉱山の収入、貿易の利益からなっていたが、調べてみると、金銀の産出は家光の代に激減し、貿易も輸入に片寄った上に、家光・家綱の日光廟造営、明暦の大火後の江戸の復興等の支出を無計画に続けたため、金銀が底をついていた。しかも家綱の代には政治は大老酒井忠清らに任せっぱなし、何でも「そうせい」で片付けていたので、家綱は「そうせい様」、忠清は「下馬将軍」とあだ名されたくらいであった。そこで綱吉は将軍の独裁体制を固めて幕政改革に乗り出した。綱吉は忠清を免職し、大目付、目付を任命して大名・旗本の監督を強め、気に入らぬ者はどしどし処分した。取り潰し、減俸された大名は46家、旗本は100余家に達し、天領代官の過半を年貢滞納のため免職、打ち首にするという、慶安以前の強圧政治を再現した。またぜいたく品輸入を禁止し、「一反で銀200匁以上のの小袖を作るな」などという贅沢禁止令を出した。綱吉の狙いは「入るを強化し、出るを制する」とともに将軍の権威を高めるところにあったが、民衆へは重い年貢と不景気がしわ寄せされた上、権威主義政策の行き着くところ「生類憐みの令」で頂点に達した。この虐政に対して、水戸光圀が黙って犬の生皮を綱吉に送ったほかは、どの藩の「名君」も批判らしい事はせず、各藩に通達された禁令をサボるのが精一杯だった。中野区役所南側に「囲い・『犬屋敷』跡」がある。この暗黒時代に一大突発事件が町人の胸をあかせた。播州赤穂の浅野家浪人の敵討ちである。

(141) 間宮林蔵の墓(1844年  天保15)(東京都江東区平野2‐7‐8)
 
文政9年(1826)長崎出島で蘭学の名医とうたわれたシーボルトが、オランダ商館長の江戸参府についてやってきた。最上徳内、高橋影保(かげやす)(至時‐よしとき‐の子で幕府天文台長)らは、西欧学術を学ぶ機会だと、彼の周りに熱心に集まったが、林蔵はこのあつまりを密かに探索していた。翌年シーボルトの帰国の荷物から、持ち出し禁止の伊能忠敬(ただたか)の日本地図や、将軍家の紋の入った羽織が摘発されたところから、影保や医師土生玄磧(はぶげんせき)らが捕らえられ、影保は世界地図や世界府中会記録と交換に日本地図を、玄磧は眼科用の開瞳剤の製法と交換に羽織をシーボルトに贈ったことが判明した。シーボルトは追放、影保は獄死したが、その死体は塩付けにされ、腐臭が奉行所にみなぎるなかで、死刑と息子の遠島が宣告された。(玄磧は幕府の侍医の職を取り上げられ追放されたが、赦免後深川木場で町医として蘭方医学を伝えた。)シーボルトは帰国後、林蔵が密告者であることを知りながら「マミヤノセト」と名づけた樺太の地図を載せた著書「日本」を刊行し、樺太の植民をはかっていたロシア人をして「日本人に敗れた」と口惜しがらせた。一方林蔵はその後幕府の隠密として、石見浜田藩(島根県)の密貿易を摘発して藩をつぶすなど、暗い後半生を送り、深川の陋屋(ろうおく 狭くて粗末な家のこと)で死んだ。墓は江東区平野2‐7‐8にある。

(140) ああ野麦峠(1909年 明治42)(岐阜県高山市)
 
明治42年11月20日、野麦峠の頂上でひとりの工女が息を引きとった。飛騨・角川出身の政井みね、22歳。「ミネビョウキスグヒキトレ」の電報でかけつけた兄が担ぐ背板に乗せられ、工場の裏門から出た。病名は腹膜炎で重体。幾日も兄の背にうずくまって峠の茶屋にたどりついた。「ああ飛騨が見える、飛騨が見える」とつぶやくように言ったきり、その場に力なく崩れた。「百円工女」といわれた模範工女の最期だった。映画「ああ野麦峠」(監督:山本薩夫 政井みね:大竹しのぶ、兄辰次郎:地井武男)は涙なしには見られなかった。主演予定だった吉永早百合がその記念にとこの碑の資金を贈り、建てられたものだそうである(1970年5月 昭和45)。碑の裏に書いてあった。碑は長野県と岐阜県の県境の野麦峠(岐阜県高山市高根町野麦峠)にある。

(139) 山県大弐の墓(1725 享保10〜1767 明和4)(東京都新宿区)
  全勝寺(東京都新宿区舟町11‐6)にある。1760(宝暦10)年、家治が10代将軍になったが、一揆と幕政批判は、さらに広がり、新しい段階に高まっていった。1764(明和元)年中山道の伝馬(幕府誤用の輸送)の人馬不足を補うため、幕府は街道10里四方の村々に助郷(人馬の労役)を命じようとした。この方をキクや、助郷中止を尋常する農民がたちまち動き出し、真宗、上州、武蔵野農民20万が体を汲み、潮のように江戸へ殺到した。驚いた幕府は「一万日(=向き)延期」を約束して「伝馬騒動」を中止させた。騒動のほとぼりも冷めぬ1767(明和4)年、八丁堀に塾を開く山形大弐らが謀反人として死刑になった。伊勢にいた学者竹内式部が遠島になるという「明和事件」が起きた。すでに式部は、行き詰った幕府政治の刷新を、幕府を超える古代的権威を持つ皇室に期待して、若い公卿に接近し教育したので、これを危険視した幕府によって、今日から追放されていた(宝暦事件1758年)。山形大弐も又、式部より鋭く幕政を批判し、変革を皇室に期待した「君主は社会のがいを除去するのが義務で、害をなす君主は進化といえども兵を挙げて打つのが正義である」。このような人民の抵抗権の思想に幕府は仰天したのも当然であった。こうして、一揆は地方の部分的抵抗から、広範な民衆の組織的逃走に進み、幕府批判も、人生を期待する者から、封建制そのものを否定し、抵抗を権利と考えるまで成長した。

(138) 佐藤信淵の墓(1769 明和6〜1850 嘉永3)(東京都杉並区)
  農政学者佐藤信淵は、1769(明和6)年秋田県の医師の子に生まれ(1850《嘉永3》年没)、江戸で蘭学を学んだ。「四民《士農工商》の制にては、・・・諸々の産業の精神を究めつくすことあたわず、」とし身分制と藩政を廃して、日本を一人の君主による統一国家にし、土地、産業を国有にして、海外に進出すべしと主張した。士農工商の序列は、支配者を最上級に、その士を支える年貢生産者の農を次に、生産をしない商を最下位に置く封建序列にもとづいていたが、正徳(しょうとく)年間《1711〜1715年 江戸時代中期》の大阪市場の商品総額のうち、米は36%を占めていたのが、100年後の文化年間《1804〜1812年 江戸時代後期》には15%に減ったと推計され、年貢=米穀中心の経済は、18世紀後半から崩れだしていた。経済思想の発展は明治維新の課題を予見するところまで生長していた。佐藤信淵は、天文、地理、歴史、農政、経済、兵学、医学など20余の部門にわたり、300部、8000巻に及ぶ書を書いた。墓は松応寺にある。
 【コメント】
  岩崎允胤(ちかつぐ)著「日本近世思想史序説(下)」で、経世論・文明論などに及ぶ学者・思想家の1人として佐藤信淵「経済要録」を紹介している。

(137) 御伝馬(助郷)免除の碑(1861年 文久元)(埼玉県深谷市)
  華蔵寺(深谷市横瀬1360)にある。江戸時代の農民を苦しめたものに、重い年貢と伝馬役の2つがあった。伝馬役というのは、大名の参勤交替や公家・幕府役人などが、中山道や北越街道などを通行する際、深谷宿問屋や中瀬村問屋からの触れ出しで、近隣助郷村の農民が徴発され、人や荷物の輸送に従事させられることであった。触れ当ては農繁期であろうと、気候の寒暖・晴雨の如何にかかわらず行われ、徴発された農民は馬の綱を曳かされ、駕籠をかつがされ、あるいは重い荷物を背に負わされてはこばされた。その負担や苦痛は容易のものでなく、山間部の村などではこの負担で疲弊し、潰れてしまった村もあったといわれる。豊里地区の農民も、この苛酷な負担からまぬがれることはできず、横瀬村ほか10ヶ村は中瀬村助郷組合村に指定され、平日でも中瀬村問屋に、村高百石につき3人ずつ非常人足として待機させねばならなかった。
「これまで助郷に差村されても、世良田御宮御用を勤めていることを理由に助郷を免除して貰ったが、差村されるたび諸雑費がかかって困る。金700両を宿方助成に差出すから、永久に助郷を免除して貰いたい」と、道中奉行所に訴状を提出し、それが受入れられ天保9年(1838)9月、金700両を岩鼻陣屋に納め、改めて代官から9ヶ村に貸与され、9ヶ村は年1割の利子を納めることで決着がつき、以後助郷の永久免除が確定した。 天保9年(1838)荻野本家の尽力で横瀬並びに 南阿賀野 北阿賀野 町田 血洗島 上手計 下手計 大塚 成塚の9カ村の助郷が免除されたことを顕彰したもの。文久元年(1861)3月に建てられた。副碑は昭和3年(1928)11月荻野本家より当山境内に移転した趣旨と寄付者芳名が刻まれている。

136) 笠神の3義人 笠神の義人顕彰碑(1891年 明治24)(千葉県印旛郡本埜村)
 南陽院の本堂の前に建てられた。江戸時代の正保・明暦のころ(1644〜1657)、笠神(かさがみ)村に3人の義侠者があった。笠神村は平坦で肥えた土地柄で、下総台地を背にし、東北は葦や萩、水草の繁茂する『埜原(やわら)』と呼ばれる広大な原野と『印旛ガ浦』に面した豊かな農村であった。笠神村と小林村は田畑の肥料とする草木を採集する埜原の帰属をめぐってしばしば紛争を繰り返していた。鈴木庄吉、岩井與五兵衛、岩井源右衛門の3人は笠神村の正当性を訴え、死罪となったが、村下の埜原は笠神村に帰属することとなった。笠神村の農民は、己の身をすてて村の権威を守った3人の義挙を弔うために、墓石を建てるとともに、毎年10月に10夜にわたって近隣の僧侶を集めて読経と説教の法会を催してきた。参考文献に「印西地方史よもやま話」などがある。

(135) 田中正造翁建徳の碑(1993年 平成5)(栃木県足利市)
 
田中正造翁顕徳の碑は、平成5年(1993)4月18日壽徳寺(栃木県足利市野田町1463)に建立された。碑文には「環境汚染公害対策国際運動の素」「渡良瀬川鉱毒災害民衆運動の父」などと書かれている。1841年(天保12)〜 1913年(大正2) (享年72歳)は、明治代議士(当選6回)。足尾銅山鉱毒事件の告発者として有名。1890年(明治23)第1回衆議院議員総選挙に初当選。この年、渡良瀬川で大洪水があり、流れ出した鉱毒によって稲が枯れる現象が流域各地で確認され、騒ぎとなった。1891年(明治24)、鉱毒の害を視察し、第2回衆議院議会で鉱毒問題で質問。1897年(明治30)になると、農民の鉱毒反対運動が激化。1900年(明治33)、川俣事件公判の膨張中、あくびをしたところ、態度が悪いとして官吏侮辱罪に問われ、裁判にかけられた(1902年重禁固40日の判決を受け服役)。川俣事件は控訴棄却。明治天皇への直訴は失敗したが、直訴状は、幸徳秋水が書いたものに田中が加筆修正したと伝えられる。土地の強制買収を不服とする裁判などがあり、精力的にたたかった。1913年(大正2)、8月2日、古参の支援者・庭田清四郎宅で倒れ、9月4日に死亡。胃癌であったといわれている。財産はすべて鉱毒反対運動などに使い果たしたという。(コメント)09年4月29日に、第38回春のフィールドワーク「足利市南部(旧梁田郡)の鉱毒激甚地を歩く‐田中正造とともに闘った人々‐」が開かれた。38年間毎年行われている。  

(134) 織田信長の焼き討ち鎮魂塚(1992年 平成4)(滋賀県大津市)
 
この鎮魂碑は1992年(平成4年)10月2日に建立された。今から438年前、1571年(元亀2年)9月12日、信長軍は、坂本(比叡山東麓)の街を手始めに日吉山王21社すべてを焼き払った。次いで比叡山をめざし根本中堂以下3塔16谷の堂塔、僧房500を3日3晩かけてすべて焼き尽くした。また坂本の街から炎に追われて山上に逃げ込んだ者1,000余名、山上の僧俗あわせて1,000余名は、ことごとく焼殺、惨殺されたといわれる。天下布武(ふぶ)を唱えて天下統一をめざす信長に旧勢力に属する延暦寺が、守護大名である越前の朝倉家や近江の浅井家などと連携して対抗したのがその基因であるが、あまりにも悲惨な出来事であった。比叡山は、その後秀吉、家康の庇護を受け復興されるがその傷跡はあまりにも大きく、その後の比叡山に大きな陰をおとしている。なお、信長の焼き討ちは、日吉大社(大津市坂本)をはじめ湖東三山の百済(ひゃくさい)寺、金剛輪寺(愛奏町松尾寺)、西明寺(甲良町池寺)、石塔(いしどう)寺(東近江市石塔町)、渡岸寺(どうがんじ)(高月町)、など各所で起きた。
  (コメント)信長を時代の革命児だと、ドラマ「天地人」などで放映しているようであるが、とんでもないことで、人類が造った文化遺産を壊し、人々を殺害した、歴史の真実をみないもので、この人物が10年後に本能寺で焼き討ちに会ったのは因果応報ともいえよう。

(133) 波切村難破船荷物押領(1831年 天保2)(三重県志摩市)
 
天保元年(1830)9月23日に難破船があった。この積荷を波切(なきり)・志島(しじま)・畔名(あぜな)・名田(なた)・船越・片田(かただ)各村の村民が盗み、船は米を積んだまま沈没と報告した。しかし波切村を追放された又右衛門、或いは信楽(しがらき)代官所領の某が訴人した。2年1月5日夜、村木為八郎ら10人ほどの代官所役人が、波切村与太郎宅を訪れた。これを強盗と思った波切村村民500人余は、彼らを襲撃し、1人を殺害、7人を縛り上げた。同日、鳥羽藩でも積荷押領の事実をつかみ、役人を派遣した。6日早朝に波切村に着いた彼らは、前日の乱闘の事実を知り、為八郎らを解放した。大勢の捕手が派遣され、500人が逮捕され、鳥羽藩による厳しい拷問を伴う吟味が行われた。ここで、庄屋久右衛門と乙四郎は牢死した。多数が江戸へ送られ、6月13日、江戸10里四方追放、志摩国構13人、同波切村構12人、居村払5人の処罰がなされたが、重罪人は入牢させられたままで多数が牢死した。3年春、吉郎兵衛、喜之右衛門、太郎兵衛、亀吉、新蔵が国元から呼び寄せられ、江戸にて断罪された。なお、処罰は、死罪7人・獄門6人・遠島2人などとするものである。
 思案地蔵(三重県志摩市大王町波切)がある。文献:「波切騒動始末」(岡賢(まさる)著)、「朱の丸御用船」(吉村昭著)がある。

(132) 清水(しょうず)の桜(1977年 昭和52)(滋賀県高島市)
 
海津のまちはずれの墓地の中に1本大きくそびえる「清水(しょうず)の桜」は、樹齢300年を越える エドヒガンザクラで、高さ16メートル、幹の周辺6.4メートルと県内最大級を誇り、県の自然記念物に指定されている。作家・水上勉の小説「櫻守(さくらもり)」で、主人公の弥吉が海津を訪れる。そこでこの巨桜に目を奪われ、その下にある軍人たちが眠る共同墓地に思いを馳せた。戦死すればこの櫻の木の下へ戻ってこられることを夢に描いて召されて行った兵士たち。だれもが手折ったりしない枝を見て、村人が慈(いつく)しんで育てる巨桜もあるのだということを思い、やがて弥吉もこの木の下に眠ることになるのだった・・・。また、この桜はその昔、加賀藩主前田候が上洛の折に何度も振り返り眺めたことから“見返りの桜”とも呼ばれている。例年海津大崎の桜並木より2〜3日早く満開となり、ひときわ濃いピンクが淡緑の山中に映える姿は見事である。(「滋賀県マキノ町総合観光案内パンフレット)より)

(131) 天明3年浅間山噴火横死者供養碑(1783年 天明3)(東京都江戸川区)
  天明3年(1783)7月6日から8日にかけて、信州浅間山の大爆発があり、各地に大降灰があり、関東各地では田畑作業が全滅したところが多かった。特に山津波による被害は甚大で、流失した村は70余を数え、死傷者も無数にあり、その死体は利根川や江戸川に満ち溢れ、特に小岩の善養寺前にあった毘沙門洲にはうず高く漂着して、船の運航にも差し支えるほどであったという。これらの死体は善養寺の無縁墓地に葬られたが、この土地の下小岩村の人々は、寛政7年(1795)7月、その13回忌に当たり、碑を建てて供養を行ったのである。

(130) 浅間山噴火川流溺死者供養塚の碑(1783年 天明3)(東京都葛飾区)
 
この碑は信州浅間山の噴火で溺死した人々が、流れ流れて利根川から江戸川につき、村人の手によって引き上げられ、塚をつくりその上に建てられた供養塔である。浅間山は、天明3年(1783)7月6日から8日にかけ大爆発が起こり、山津波とともに各地に大降灰をもたらした。今の「鬼押出し」と呼ぶ、凄まじい溶岩流の跡はこの時のもので、瞬時に麓の村々を埋め尽くし、吾妻川をせき止め、大きなダムをつくった。このダムが決壊して下流は大洪水となり、流失した村の数は70余ヶ村に及び、溺死者数知れず、その死体は利根川から江戸川へと流れ込んだ。特に最下流に当たる柴又から小岩村付近にかけて多く流れつき、うず高く積もって船の運航にも差しつかえるほどであったという。当時柴又村の人々は死体を引き上げて葬り、小塚をつくって供養のしるしに供養塔を建てたが、下流のお隣り江戸川区小岩の善養寺にも寛政7年(1795)その13回忌に建てた供養塔がある。遠く葛飾方面にまで降灰があり、およそ13―15cm、場所によっては30cmにも及び、田畑は全滅し、その困窮は筆舌に尽くせぬほどだったという。天明2年(1782)の凶作から始まり、長雨、大洪水、加えて浅間山の噴火、飢饉と打ち続く天災凶変で、各地に百姓一揆が起った。本碑はこうした中で建てられ、当時の社会状況を知る貴重な資料として、区の文化財に指定されている。浅間しや冨士より高き米相場 火の降る江戸に砂の降るとは(落首より)

(129) 原爆殉難碑(1952年 昭和27)(東京都目黒区)
 
昭和20年8月6日、広島に原子爆弾が投下された時、現地に出演中の丸山定夫等9名の移動演劇さくら隊が爆死した。その慰霊のため、徳川夢聲や2代庵主小久江慈雲尼等の協力を得て昭和27年12月8日、この碑が建立された。

(128) 義蹟8人塚(1680年 延宝8)(千葉県大多喜町)
 
延宝8年(1680)4月に検地があり、小沢又村と伊保田村との「境界」をめぐり争論が起こり、その判定をした「出張役人」の輿(こし)を小沢又(こざわまた)村側の人々が谷間に投げ込んだ。それは判定が伊保田村に有利であったからである。この事件で小沢又村などの村民9人が刑死したという。そのうち8人を小沢又村の水月(すいげつ)寺の裏庭に合葬した。文政期(1818〜1829)ごろに近村の面白(おもじろ)村、小沢又村の人々が斡旋の労をとり、犠牲者の冥福を祈って、面白・小田代(こただい)・伊保田の3村の境界地の伊保田字茶屋場の道傍に「西国33番の観世音石像」を羅列したという。以後、毎年の大暑中(7月21日。陽暦では7月23日)に村民がそこで交代で旅人に湯茶の接待をした。その後、新道ができたので各石像を「遷(うつ)し祀(まつ)りして」、その接待を続けてきたという。そして大正期と推定できる次期に「口碑及観音像建立碑募集」の件がもちあがり、それについての記録帳が存在していたことも推定できる。しかし、この記述には不正確な点も多い。たとえば1件が延宝8年4月24日、あるいは同25日におきたようでもあり、9人の刑死がその両日のいずれかのようでもある。また、そこでいう検地とは、勝浦藩(植村家)のそれであろうが、それによって村境の争いが生じたという例はあまりないようである。検地は、本田畑、新田畑の丈量・石高の打出しのために行われるのであって、村境(おそらく、山林、原野)については丈量しないはずである。また、刑死したという9人のうち、なぜ1人(四右衛門)だけが別葬され、8人塚となったのか。谷間に落ちた「出張役人」はどうなったのか。小沢又村側がそのような過激な行動に出る前に何らかの訴願などがあるのが当然ではないのか。「出張役人」に、果たして「境界判定」を決定する権限があったのか。これらについて今後の研究が必要であろう。(前述の「口碑及び観音像・・・」の口碑とは、徳富蘇峰題字吉野一松撰文の「接待記念碑」のことであろう。しかし、この記念碑の日付は昭和11年(1936)5月である。また、この記念碑の文言は、8人塚については一切言及していない。昭和36年(1961)に老川地区有志によって前述の水月寺境内に千葉県知事柴田等題字の慰霊碑が立てられた)(「大多喜町史」より)

(127) 天保餓死者供養塔(無縁塔)(1837年 天保8)(東京都足立区)
 金蔵寺の門を入ると左側に2メートルほどの無縁塔がある。これは天保8年(1837)に起った大飢饉の餓死者の供養塔である。天保飢饉の餓死者の供養塔で、当時の千住2丁目名主永野長右衛門が世話人になり、1840(天保11)年に建てたものである。1837(天保8)年は飢饉のためにお救い小屋で食料が与えられた。しかし、千住で病死、衰弱死した人は828人にのぼり、千住の4つの寺に分けて葬られた。 その塔と並んで建つ別の供養塔(南無阿弥陀仏)は、千住宿の遊女の供養塔で、この地で死んだ遊女の戒名が石に刻まれている。千住宿には、本陣・脇本陣のほかに55軒の旅籠屋があり、そのうち、食売旅籠(遊女屋)が36軒あった。江戸後期には宿場以外に江戸近郊の遊里として発達した。そのかげで病死した遊女は無縁仏同様に葬られたその霊を慰めるための供養塔である。

(126) 義人平野源蔵・竹本庄右衛門顕彰碑(1669年 寛文9)(愛知県豊川市)
  広石の大日墓地に同村の庄屋・組頭であった平野源蔵、竹本庄右衛門の2名をまつった墓がある。『広石村誌』や『御津神社内霊廟の由来記』等によると、かつて金野地内に11ヶ村の入会山があった。入会山というのは、一定地域の住民が特定地域内の山から薪炭・まぐさ・肥料・木材等の採取をする習慣に供されている山のこと。寛文年中にこの入会山について金割(かなわり)灰野(はいの)両村と広石(ひろいし)、森下、茂松(しげまつ)、丹野(たんの)、山神(やまがみ)、赤根(あかね)、西片(にしかた)、大草(おおくさ)、泙野(なぎの)の9ヶ村との間に争いが起こった。金割・灰野村は何とかして入会権を解消させたいと考えており、平野・竹本両名は9ヶ村代表として入会権をあくまで確保しようと金野側の出先代官と対抗し、やむを得ず寛文9年(1669)3月幕府代官の鈴木八右衛門へ直訴した。それが重罪となって、直ちに牛久保の牢屋入りとなり、その後10月8日に打首の刑に処せられた。これについては広石村の庄屋為蔵が天保11年(1840)9月、領主柴田出雲守の本宿御役所に提出した覚書がある。処刑の場所は当時の灰野村境であった蔵王神社前付近で、大きな石と老杉があったが、今は明治27年に建立された記念碑がそのよすがをとどめているだけである。2人の恩恵に浴した村々は、大恩寺他3ヶ寺に祠堂金(しどうきん)を入れてその冥福を祈り、後に嘉永年間(1848〜1853)になって、村中から出資してこの墓を立てたということである。 (「御津歴史散歩」より) 顕彰碑は御津神社境内にある。

(125) 明暦大火横死者供養塔(1675年 延宝3)(東京都墨田区)
  回向院起立のもととなった明暦の大火による焼死者・溺死者をはじめとして、入水者・牢死者・行路病死者・処刑者その他の横死者にたいする供養のために造立されたものである。願主は回向院第2世住持信誉貞存で、延宝3年(1675)ごろ建立された。総高3・05m。東京都有形民俗文化財・金石文等に指定されている。(「墨田区史跡散歩)より)

(124) 流民叢塚碑(1871年 明治4)(東京都品川区)
 流民叢塚碑は天保の飢饉で流浪し、品川宿にたどりついて死亡した人たちを当寺に葬った際、その由縁を記して建てた碑である。天保4年(1833)、東北地方に始まった凶作により、難民は四方に流浪し、天保7年(1836)の長雨はこれに拍車をかけ、江戸では、夏の土用に入っても人々が着物を重ね着し、老人はあんかを抱いて寝るほどだった。米価は平時の10倍にはねあがり、そのうちに市中の米屋には米粒の姿がなくなってしまったといわれている。江戸の市中や品川宿には難民があふれ、餓死者の屍体が至るところにころがっていて、民衆が困惑したため、官命によって品川宿にも御救小屋が設置され、支配代官中村八太夫が宿役人を指揮して救済に従事した。品川の宿内で天保8年(1837)春から翌年春までの1年間に、不幸にして命を落とした者が891人に及んだので、北品川では法善寺に、南品川では海蔵寺の境内に埋葬した。中村八太夫はその塚の上に供養碑を建てたが、明治4年(1871)、品川県の属吏木村弘が供養碑造立の由来を記したこの碑を造立したという。この流民叢塚碑は品川指定文化財となっている。「品川区の史跡散歩」より)

(123) 天保飢饉供養塔(1837年 天保8)(東京都板橋区)
 
江戸時代には度々飢饉があって多くの人々が苦しめられたが、中でも大きな飢饉は寛永、延宝、享保、天明、天保等の時代に起きている。それは、およそ40ないし50年に一度の割合になるが、天保7,8年(1836〜7)の飢饉はとくに悲惨であった。飢饉は、風水害、冷害、旱魃などの自然現象による生産力の低下と、当時の政治・社会・経済の機構上の問題とのからみの中に起因している。天保の飢饉は、天保元年(1830)の東北地方の凶作に始まり、末年(1843)頃まで続くが、とくに4年から7年にかけて大飢饉になり、中でも7年は春から夏にわたって全国的に冷気が続き、全国平均で2分4毛作といわれる最大の不作の年で、それが物価、とくに米価の高騰をまねき、加えて疫病の流行の追い討ちが重なって最悪の状態となり、江戸の御府内、御府外を問わず多くの餓死、行路病死者が出た。これに対して幕府は救助小屋を設けるなどの対策を講じたが、板橋宿でも行路病死する人が大勢あった。この時乗蓮寺住職撮誉大和尚はこれを見るに忍びず、その死体を寺内に運んで埋葬し、この供養塔を建ててその菩提を弔った。(「昭和61年度板橋区登録有形文化財(歴史資料)」から) 

(122) 甲賀騒動義民の霊位・五倫塔(1844年 天保15)(滋賀県甲賀市)
 
甲賀市教育委員会歴史文化財課によれば、現在その供養塔以外、関係する文献史料は見当たらないとのこと。現在分かっていることは、天保15年(1844)9月、大徳寺僧光誉が義民の横死をあわれみ、藩主加藤越中守明邦の許可を得て義金を募り、供養塔を立てて冥福を祈ったものと伝わっている。参考:6天保義民の碑(滋賀県甲賀市&野洲市)

(121) 圃租法変更記念碑(1902年 明治35)(栃木県那須烏山市)
  畑作米納の永納(金納)へ変更訴願の歴史は、烏山町城主成田氏、橋倉氏、永井氏、稲垣氏等それぞれの時代を通じて、年貢の改正に対する訴願運動が実行されたが、農民一揆までには発展されなかった。しかし明治2年(1869)に起きた26ヶ村の年貢米、金納嘆願の決意は固く初め箱訴にするか、直訴にするかと協議を重ねた結果訴願する事に決まりすべての可能性を求めて、地元烏山藩、江戸の烏山藩邸、並びに政府筋(民部省弾正台)に対し運動を展開したのである。この訴願運動の代表的人物は、大沢村政右衛門、向田村倉蔵、上境村庄八、大木須村庄平、横枕村儀平、小木須重平、奥野村治郎左伊門、下境村惣吉の計8名で、特に江戸における訴願運動の中心的人物は、政右衛門、倉蔵、惣吉の3名が担当した。正に生命を賭けた言語に絶する苦難の行動であった。結局は訴願の貫徹は成功しなかった。そして首謀者は処分が決まり、板橋政右衛門、石川政七、池沢惣吉は准流7ヵ年の刑を受け、他の者は百たたきの刑を受け放免された。下境村池沢惣吉は、老人中症との理由で自宅謹慎となり、政右衛門、政七の2人は、収監が続き、政右衛門は、明治10年6月(1879)、政七は同11年4月放免され帰宅した。土屋倉蔵は逃走し、刑を受けなかった。もちろん逃走保護者があったから、逃走が成功したのである。結果的には、運動の犠牲は、石川政七、板橋政右衛門の2人が負ったことになる。以上の事情(実録)の記録である。(「圃租法変更記念碑実記」より。なお、圃租法変更記念碑は、明治35年(1902)3月宮原八幡宮境内に建てられた。

(120) 田野口領一揆、孫右衛門一揆佐久郡奥殿藩領減免強訴(1754年 宝暦4)(長野県佐久市)
  佐久郡25ヶ村1万2千石は、宝永元年(1704)に三河国額田郡奥殿藩大給松平氏の飛地となり、田野口藩が成立した地域である。その前までは幕府領であった。松平氏になると、元禄16年(1703)には隠田の摘発などが行われるなど年貢の取立ては厳しくなった。一揆は宝暦4年から5年にかけて起きた。4年は、不作で年貢の減免を願ったが、陣屋の郡代は聞き入れなかった。9月25日には田野口村の百姓85名が江戸屋敷に出訴に出かける事態となった。幕府への箱訴が計画されていたと思われる。訴状は31か条に及び、年貢取立てに役人が乗物で廻村し、横柄な態度であり、金子や酒を袖の下に使わざるを得ないとか、年貢米は1俵に3斗5升ずつ入れながら、計算上では3斗3升として納めているなどと藩の役人の横暴などを訴えている。信州の国柄に応じ外の領分並にして欲しいとしている。この訴状が幕府に提出されたかどうかははっきりしない。11月15日、惣割元名主の小林孫左衛門が騒動の発頭人として閉門となったことから騒ぎは大きくなった。翌日には3000人余の百姓が陣屋に押し寄せた。この時は村々に願書を差出されて鎮まったが、12月13日に再び百姓が押し寄せ回答を求めた。16日に藩は、高100石に付き5俵の減免、春以来の未納分400俵を減租する、3分の1金納はすべて米納、津出しにしてしまうなどの回答を出した。回答に満足しなかった一揆勢は、このまま江戸に出訴すべしと岩村田に向かった。宝暦5年8月、小林孫左衛門・源蔵・文蔵・忠助・源五右衛門・藤四郎の6名が逮捕され郷宿預けとなった。そして翌6年6月23日、孫左衛門は斬罪闕所、源蔵ら5人は田畑取り上げの判決が下された。ほかに閉門5人、50日間手鎖5人などの処罰が科されている。
小林孫左衛門  享保11(1721)〜宝暦6年6月23日。通称孫左衛門清茂と称した。宝暦6年6月23日、田野口村幸の神で斬罪に処せられた。享年36。密かに蕃松院に葬られ、墓碑を立てたという。昭和15年(1940)12月に皇紀2600年を記念して、時の司法大臣風見章らによって田野口村に顕彰碑が建立されている。
 

(119) 遠山騒動 折立長老の碑(1618年 元和4)(長野県下伊那郡天龍村)
  伝承によれば、遠山郷6ヶ村と鹿塩・大河原地域を支配していた旗本遠山氏1300石余は、遠山桝と呼ばれる大桝で年貢を取り立てたため、百姓は公儀に直訴を計画。訴状の作成を満島村折立(おりたち)寺の住職長老に依頼。百姓は公儀に訴状を提出し、願いは聞き届けられ、遠山氏は領地を没収されることとなった。元和4年のことである。このため遠山氏は折立の長老を捕らえて重傷を負わせ、死に至らしめた。怒った百姓は、和田城を攻めて遠山氏を滅ぼしたというものである。遠山氏が、家督相続争いと、百姓一揆によって滅亡したということは、史実と見られる。折立の長老は、元武士で満島村折立寺に住み、人々の尊敬を受け折立の長老と呼ばれたという。氏名そのほか資料の上で何一つ明らかなものはない。百姓の依頼を受け訴状を作成したため、遠山氏から一揆の首謀者と見られて捕らえられ、1日に指1本を切断するという残酷な仕打ちを受けたことがもとで死亡したという。大正6年(1917)折立の青年団員12名の発起によって、同8年に犬養毅の題字になる「折立長老碑」が天龍村に建立された。碑の近くに墓と供養碑と伝えられるものが残る。墓の建てられた場所は、密告者の家の見える場所にとの遺言に従ったとも言われている。

(118) 越前一向宗徒首塚跡(福井県越前市)
  一向宗徒首塚とは織田信長に殺戮された一向宗(浄土真宗)の僧侶200人の首を葬った塚である。天正元年(1573)織田信長は、越前の国の守護大名朝倉義景を滅ぼすと、天正3年(1575)に不破光治(みつはる)、佐々成政(さっさなりまさ)、前田利家らをして越前に攻め入り一向一揆の討伐にあたった。この戦いで越前一揆勢の老若男女の捕虜1万2千余人を小姓衆に命じて切り捨てさせ、越前各地で織田軍の討ち取った一揆勢は、3万とも4万ともいわれている。このとき僧侶200人は日野川原において惨殺された。この僧侶の首の骨を壷に入れて埋葬したのが首塚である。大正時代に余川町から掘り出された。又、昭和7年(1932)に文字が彫られた瓦が出土した。そこには、「前田利家が一揆を起こした多くの人々をはりつけや釜煎(かまい)りなど、大変むごい方法で殺した」と書かれていた。この文字丸瓦は一向一揆の資料として大変貴重なので、市の指定文化財になっており、「越前の里万葉館」に展示されている。なお遺骨を納めた壷は遺骨と共に城福寺に保管されている。なお、織田信長は、前年の天正2年(1574)7月には、三重県の長島一向一揆で男女2万人を惨殺した。

(117) 公訴貝猟願成の塔(千葉県浦安市)
公訴貝猟願成の塔をつくったいきさつについては、次のような言い伝えがある。漁業を生業としていた人々にとって、よい漁業を得る事は重要な事であり、三番瀬一帯はアサリやハマグリがよく取れる漁場で、入会権をめぐり、船橋村の漁民と争いを繰り返していた。そして天明2年(1782)には、評定所(江戸幕府の最高裁判所)にまで及ぶ大事件になった。当時、猫実(ねこざね)村に長三郎、長兵衛、善三郎という3人の人物がいた。まず長三郎が、この難局を打開しようと、一人で代官所に乗り込んで交渉するが、捕らえられて獄死した。これを知った長兵衛は、老中田沼意次に駕籠訴するが、その場で捕らえられてしまう。その後、村人達の歎願によって釈放されるが、迎えの船で帰る途中、小名木(おなぎ)川(江東区)付近で血を吐いて、非業の死を遂げた。2人の友を失った善三郎は、日頃から信仰している成田の不動様に行き、願かけをするが、帰る途中大雪にあって、疲れのため、原木(ばらき げんいちかわし)付近で倒れ、そのまま凍死してしまう。犠牲者が増えるに連れ、漁民は益々結束を固め、その甲斐があって、天明8年(1788)、訴訟に勝ったといわれている。この塔は、漁民の幸せを願い、大きな業績を残した3人の冥福を祈るためにたてられたもので、「天明の3義人」としてまつられている。

(116) 宝暦箱訴事件(1762年 宝暦12)(東京都奥多摩町)
  宝暦11年4月、御三卿(田安・一橋・清水の3徳川家。江戸中期、御三家と将軍家との関係が次第に疎遠となり、将軍跡継の資格に問題が生じたので新しい血脈の別家としてたてられた)の1つ田安(8代将軍吉宗の第2子宗武にはじまる)家の郡奉行竹内勘左衛門は、年貢を増徴するため、西多摩の村々を巡検した。そして、本年貢だけでなく、荒地立ち帰り増米、桑運上、鮎運上、山銭などの新規の小物成や運上を賦課することとし、武蔵国多摩・入間・高麗三郡の所領75村に申し渡した。これに驚いた2郡19ヶ村は、8月頃にそれぞれ増永赦免願を出したが、逆に無理難題を押し付けられ、翌12年2月に百姓2人が手鎖、名主等3人は江戸の公事宿預けとなってしまった。やむなく赦免願を取り下げて帰村したが、これを知った村々では病人・子供を除いた惣百姓が江戸に出向き、同月、四谷の田安別邸(下屋敷)へ押寄せた。しかし、郡奉行竹内により門前払いをされため、今度は家老の山本筑前守・奥田備後守へ越訴したところ、手鎖・宿預けの百姓を大勢出してしまった。これに対抗して、幕府に箱訴を決行することにした。箱訴は、閏4月21日を皮切りに8月まで計9回行われた。御定法どおりの順法闘争であったが、そのつど処罰者が出た。3回目の時は評定所へ箱訴状に連名した者及びその村の村役人が呼び出され、訴状は彼らの面前で焼き捨てられた。9月に勘定奉行により吟味が始まり、13年8月260名が処罰を受けた。最高刑は軽追放であったが、12年12月から翌年7月までに判明するだけで12名の牢死者が出た。内4名が名主である。田安側の処罰は、郡奉行の竹内勘左衛門と代官中島五左衛門が職禄を没収されたのみである。この一連の闘争で百姓側が勝ち取ったものは新規小物成の廃止のみで、本年貢増徴は田安側の主張が認められた。本一揆の特徴は傘連判状が用いられ、くじ引きによって箱訴人を決定したりする組織形態と、あえて暴力を用いない順法闘争を繰り返したことにある惣百姓一揆であったが、結果は百姓側の敗北に終わった。輪光院境内に、大丹波村義民顕彰会が宝暦箱訴事件供養碑などの碑を建てた(昭和51年6月20日)。

(115) 長島一向一揆殉教之碑(三重県桑名市)
 
戦国大名の中で、最も一向宗を憎んだのは織田信長である。一向一揆の勢力は当時、有力大名よりもはるかに手強い相手で近畿、東海、北陸の周辺一帯に展開していた。天下布武(てんかふぶ)を目指していた信長にはまことに放置できない存在であった。これを徹底的に打ち破り、踏みにじらぬ限り、彼のめざす統一武家政権はやってこないと確信した。信長と長島との戦いは元亀元年(1570)に開始された。元亀2年に、5万5千の兵を出して第1次長島攻撃を開始。天正元年(1573)9月に、第2次長島攻撃、兵力約6万。天正2年(1574)7月、兵力7万で第3次長島攻撃を開始。信長は安宅船で伊勢湾を海上封鎖するなどして、兵糧攻めを行う。 織田軍による包囲が2ヵ月半続くと長島の兵糧は底をついた。一揆勢が降伏開城を申し出た。信長はこれに応じると見せかけて油断した一揆勢を皆殺しにした。その数は2万人といわれる。一揆側の降伏後の攻撃を、信長は「侫人(わじん)懲らしめのため」として、徹底的殺害・大量虐殺をした。ひとつの通説がある。@長島一揆の殺戮A比叡山の焼き討ちB広島と長崎の原爆被害。この3つを日本人が受けた3大虐殺事件というのだそうである。願證寺(桑名市長島町叉木)に長島一向一揆殉教之碑がある。

(114) 南無阿弥陀仏の碑(1836年 天保7)(山梨県北杜市)
  天保4年(1833)は冷夏となった。全国規模の天保飢饉の始まりである。8月になると、諏訪高遠領域・高遠藩領域から国中(くになか)地方(甲府盆地と富士川流域の河内地方)に米穀を買い付けに来る商人が現れ始めた。他領への米穀移出は、甲府代官の触書により表向きは禁止されていた。しかし、諏訪高島藩・高遠藩領域の商人は、甲州相場よりも高値で米穀を買い取っていったので、国中地方では、目先の利益を求め、彼らに甲州米を売り払うものが多く出るようになった。信濃からの米穀移入がなくなり、米穀が流出していくことによって、甲斐での玄米価格は、騰貴していった。天保飢饉は、養蚕地帯の郡内(ぐんない)地方、米穀地帯の国中地方とそれぞれ異なった様相を呈した。天保4年から同7年に至る甲斐での米価上昇は、米穀が他地域へ流出していったことと、これに関連して、豪農・在方商人らが米穀を買い占めていたこととが重要な要因となっていた。天保7年の甲斐全域に及ぶ打ちこわしは、米穀高騰を理由として郡内地方から始まった。従来の百姓一揆の作法は破られ、騒動勢は、甲斐勤番・代官手代らの説諭をまったく無視して行動していった。地元では、「天保7年の天保騒動の終焉地として、天保15年に供養塔を建てた」という事になっている。この伝承が初めて、地元の人物によって公に語られたのは、今から20年ほど前のあるテレビ局の取材だったらしい。南無阿弥陀仏の碑(北杜市長坂町大八田489)がある。

(113) 川口市郎兵衛(1682年 天和2)(静岡県富士市)
 
天和元年(1681)5代将軍綱吉の治世の時、財政建て直しのために、しきりに地方検地が行われた。当時の検地はまことに苛酷を極めた。前年の8月6日は、中吉原宿に壊滅的な被害を与えた大津波により、青島村の田畑も大きな被害を受けていたので、この検地は、百姓の命、ひいては村の存続にかかわることであった。青島村の名主川口家2代目の市郎兵衛は、村人を救うために検地に反対し、役人の立ち入りを拒んだ。そのため、市郎兵衛はまもなく捕らえられ、江戸に送られて磔の刑に処せられた。29歳であった。事件の82年後の宝暦13年(1763)に市郎兵衛の罪は許された。村人は市郎兵衛の霊を当八幡宮に密かに合祀し、この八幡宮をいつとはなしに「磔八幡」と呼ぶようになった。参考文献:磔八幡川口市郎兵衛PDF)

(112) 奥脇太郎左衛門(1681年 延宝9)(山梨県富士吉田市)
  奥脇太郎左衛門は1681年(延宝9)に重税・飢饉に苦しむ郡内19ヶ村を代表して江戸表へ越訴し、領民の窮状を訴えた7人の惣代の一人であるが、法度(はっと)破りの越訴(おっそ)の罪で国元へ送られたのち、秋元氏によって谷村の金井河原で打首となった。妻子縁者は所ばらいになったという。太郎左衛門の子孫はのちに新倉(あらくら)大正寺(だいしょうじ)境内に義民顕彰碑を建て、太郎左衛門の命日である2月25日に処刑地の都留市金井にある用津院において供養祭を行うようになった。

(111) 義民川口・平川建功之碑(横浜市瀬谷区)
 
江戸時代の年貢は、田は現物の米で、畑は金で領主に納めるのが普通であった。一般に田年貢より畑の方がはるかに安かった。明治政府は土地に課税し、田や畑、宅地などにそれぞれ地価を定めて、それに一定の税率により課税し、すべて金で納める方式に変えた。これが地租改正の事業である。地価による課税は、その年の作物の豊凶に関係なく定率で決められるので、農民の生活に大きな影響を及ぼし、地価をいくらに決めるかをめぐって、各地でさまざまな反対運動が持ち上がった。政府は、とくに畑の地価を高くして、従来の租税を下まわらない国家収入を確保しようとしたので、畑の多い村には打撃が大きかった。鎌倉郡北部は畑の広い村が多かったので、地租改正反対の動きが激しかった。瀬谷地区や中川地区(阿久和・岡津・上矢部・名瀬・秋葉)はその中心であった。各村の耕地の等級を決め収穫量を決定することが主要な作業で、それには標準として近隣村々の等級を決める方式が押しつけられた。さらに結果として増租となり、とりわけ畑の増租がいちじるしかった。これらが鎌倉郡北部の村々の不服を激しくした。反対ののろしは瀬谷・二ツ橋・宮沢・和泉・深谷・汲沢・阿久和の7ヶ村に挙がり、明治7年より12年間にわたり合法的減税運動を展開し、ついに東京上等裁判所において村方の勝訴となった。しかし、川口儀右衛門・平本平右衛門の両氏は過労で仆れた。そこで、村民は義に報いるため、徳善寺(横浜市瀬谷区本郷3丁目)に「義民川口・平本建功の碑」を建てた。

(110) 弥勒緑地(静岡市安倍川橋東側)
  静岡市安倍川橋の東側にバス停がある。この通りは本通りといって、1609(慶長14)年まではこの道が東海道であった。しかし、徳川家康が同年、東海道をすぐ南の新通りに移し、以後この道が東海道になった。この付近が弥勒町と呼ばれている。このあたりに、「安倍川義夫の碑」、「駿府キリシタン殉教の碑」などがある。本通りと新通りにはさまれて「弥勒緑地」があり、由井正雪公之墓址碑などがある。

(109) 藤治権現(1818年 文政元)(東京都日野市)
 平藤治は、寛政3年(1791)高幡村の旧家八右衛門の次男として生れ、幼少期を不自由なく暮らして、寺子屋を終え、漢書の手ほどきも受けている。頭脳体格ともに勝れて、将来を嘱望される青年に成長した。そのままゆけばやがては名主重蔵の跡を継いで高幡村を束ねる人物であった。彼は村の貧しい百姓の生活を見るにつけ、威張り散らす出張役人や、大事をとり過ぎる村役人たちを批判攻撃してやまなかった。災害や困った事の起こったときなど、若者たちの先頭にたって村のために働くこともあるので、腫れ物に触る思いで見守った。そのうち、親族相談の上、八王子宿に駐屯する捕り方に頼んで彼を捕えさせ、唐丸籠で江戸伝馬町の牢に送った。「何も悪いことをしたわけでもないのにこんな目に遭わせた、再び帰ったなら、この恨みはきっと晴らしてやる」と歯ぎしりしてくやしがったといわれている。文政元年11月28日の事である。彼は取調べを受けたが、翌春早々無罪放免を許される旨、村役人に通知があった。親族一同は色を失って相談。文政2年4月17日彼は獄中で獄吏の手にかかって横死した。一族の陰謀に加担した獄吏に毒を盛られたと語り伝えられている。享年29歳。天保8年(1837)4月、藤治権現と呼ぶ一社を建ててその霊を慰めた。以来毎年4月17日には村民こぞってこれに参列して供養し、今日に及んでいる。参考文献に「義民平藤次と茂右衛門」(「日野市史別巻 市史余話」)「藤治権現」(「日野市史民俗編」)「日野の昔話」(「日野の歴史と文化」第18号)がある。

(108) 元和キリシタン遺跡(1823年 元和9)(東京都港区)
  1823年(元和9) 10月13日、江戸でキリシタンを処刑。寛永15年(1638)12月3日にも同じ場所で処刑。家康の時から家光が在職した1651年(慶安4)までの間に幕藩体制確立のため定められた諸制度は、幕府の大法として2世紀半に渡る徳川政権維持の柱になる。それは、1、封建制と2、それを支えるキリシタン禁制による思想統制、3、鎖国の三大根本政策からなっており、武士と庶民を問わず、人権は踏みにじられ、世界的視野から目を閉ざされる。端的に表現すれば、日本列島全体が海に浮かぶ隔離屋敷になったのである。家康は戦国大名からの成り上がりで、外様大名に対しては遠慮や危惧感もないではなかった。しかし、家光は生まれつきの最高権力者であり、大名以下庶民に至るまで悉く自己の権威に屈服させようとする、大名、旗本御家人に至るまで将軍に隷属させることを意図したのである。それを拒むのはキリシタンだとされた。社会的秩序と正義のもとに主従、忠節については模範的な武士でも、神以外のものを拝み、神への信仰と愛を捨ててまで将軍や主君の命のままに従う精神的奴隷になることを拒否したからである。

(107) 天明義民利助愁訴(1784年 天明4)(山梨県上野原市))之碑
 
天明の飢饉は天明2〜7年(1782〜1787)5年間に及んだ。天明2年7月4日に小田原大地震(M7.3)、天明3年7月6日浅間山が大噴火し、関東一円に灰が降り、冷夏となり作物は結実せず未曾有の大凶作となった。
  郡内地方は山間地で田が少なく食料が乏しい地であったので、路傍には行き倒れが見られる惨状が続出した。地域の代表者(111ヶ村)が年貢の免除嘆願について密かに話し合いを重ねたが、当初は数名の代表者が江戸に同行する手はずであったが、実行の段階になると後難を恐れ脱落するものが続出して、利助単独で直訴となった(天明4年9月28日)。老中松平越中守の登城の途中籠訴を決行する。場所は江戸小石川水戸様ご門前、直訴は江戸幕府法制上禁令であり、利助は覚悟のうえ捕らえられる。その頃たまたま時の将軍家治の世子の7歳のお祝いがあり死罪は減刑され,山流しの刑となった。籠坂峠付近の山奥で,その後10年ほどその地で存命したとのことである。江戸時代直訴、一揆は多数あったが、成功は少なかった。利助の直訴の甲斐あって、その後郡内は3年間免税となったと伝えられている。天明義民利助愁訴の碑は昭和12年9月28日小俣実が建立、当時は重い石材の運搬に機材も少なく困難であった。(同文書は義民利助の子孫小俣重光氏提供)

(106) 午札騒動・小平甚右衛門(1871年 明治4)(長野県千曲市)
  幕末から明治維新にかけて、松代藩は約100万両という多額の藩債(借金)があり、財政難に陥っており、また、当時、「チャラ金」という贋金が大量に流通するようになり、財政難を窮地に追いやり、流通の混乱を招いていた。そこで松代藩は明治2年(1869)、贋金引き換え(という口実)のため、幕府に許可をいただき信濃全域で使用できる済急手形(藩札または午札)という商法社手形を大量に印刷し流通させた。ところが、新政府は、贋金回収のために藩札の発行を許可したのに、まったく成果があがらない状況であるため、政府発行の新紙幣に変わったのをいい機会として藩札の発行を禁止し、藩札と新紙幣を交換する方針をとった。しかしその交換率が新紙幣の2割5分から3割5分という藩札にとって大変不利な交換率であったため、藩札を大量に抱えていた松代藩は大きな打撃を受けることとなった。打撃を受けたのは藩だけでなく、年貢の相場の高騰による農民への打撃も大きかった。流通貨幣改定による相場の高騰に農民が騒ぎ出し、暴動化していった。その中心となったのが小平甚右衛門の動きで、藩の改定布告後、悪租法反対の一揆を起こしている。これが午札騒動の引き金となった。上山田村で起こった一揆は、周辺の村人を巻き込みながら、約3万人もの村人が松代城下を襲撃し、甚大な被害が出た。松代大英寺で、藩知事真田幸民(ゆきもと)と一揆代表者が会見し、結局藩が折れ、相場を元どおりにし、紙幣藩札交換に割引をしないことで折り合いがつき、一揆は終息した。小平甚右衛門が一揆の首謀者ということで、一人だけ斬首の刑に処された。小平甚右衛門之碑がある。

(105) 二斗八騒動・南高田村助弥(1674年 延宝2頃)(長野県長野市)
  松代藩は、籾1俵には、5斗3升を入れ、それを摺って玄米2斗8升としていたが、寛文・延宝の頃(明暦・万治ともある)3斗摺りを合格俵とするように改めた。そのため藩内の百姓は、善光寺の庭に集まり幕府への直訴を決定。南高田村の助弥らが江戸に行き直訴をした。幕府は藩に改革を命じたが、藩は助弥らを捕らえて鳥内峠で処刑したとされる。助弥の死後、延宝2年11月11日に松代条目15ヶ条が出され、百姓の要求は認められたとされている。この条目は、助弥条目とも呼ばれ寺子屋の書き方手本となっている。なお、直訴は寛文2年(1662)に行われたとする説もある。現行の二斗八騒動に関する話は、大正9年(1920)の金丸小学校の調査を元にするものであるが、文政年間(1818〜1830)に記録された「高田区長文書」では、一揆で処罰されたのは掘村伝兵衛、西尾張部村吉兵衛、下高田の助弥の3人であるとされ、文政2年(1819)には、そのうちの1人である堀村伝兵衛の墓碑が建立されており、近世での話は助弥に集約されたものではなかった可能性がある。助弥は南高田村の百姓で二斗八騒動の指導者。鳥内峠での処刑の際、「二斗八だぞ」と大声で叫んだとされる。助弥は母と2人暮らしであったが、助弥の決心を聞いた母は、人間は一切衆生のために潔く死ぬ事も大事であると励ましたと伝え、あるいは、訴状に名前を「円形に連記」させたのも助弥の提唱によるものとされる。処刑されたときは18歳で、冥福を祈るために善光寺に一大石塔を建てたが、助弥の名前を刻むことなく、二斗八の墓と称したとされる。この墓は海津千人塚ともいう。高田村伊勢社の天神社はひそかに助弥の霊を祭ったものであるとされる。義民助弥後援会によって義民助弥之祠が、昭和2年(1927)には「義民助弥誕生地」と刻んだ碑が建立されている。

(104) 川西騒動・義民慰霊之碑
(1869年 明治2年)
(長野県立科町)
 信濃国佐久郡小諸藩領芦田・八重原ほか打ち壊し
  明治初年から、信州地域では米価騰貴と、インフレが進行していた。明治2年8月16日の上田藩打ちこわしの影響が、小諸藩領の和田・長久保地域に広がった。小諸藩では、打ちこわしの波及を恐れ、和田・長久保地域に関して穀留を行った。これに対して、芦田宿問屋名主土屋伝右衛門らは穀留に反対し、さらに同地域への米穀の供給を訴願したが、藩は無視した。8月27日、和田・長久保地域の百姓たちが、明治政府の中野条陣屋に米穀供給を要求する強訴を行った。また、小諸藩領芦田8ヶ郷では、飢饉が起り始めたため、年貢減免を藩に提出した。しかし藩ではこの動向に危機意識を抱き、弾圧を開始し、28日、飢饉対策のため藤沢村に集まっていた百姓たちを捕縛して行った。この弾圧を契機として、同日千曲川の川西33ヶ村の百姓たち2000人余は、野方村庄次を願人、藤沢村仁左衛門を大惣代とし、各村から惣代を1名選出して再度藩への強訴をおこなうこととした。また、同時に、山部村の六左衛門宅を打ちこわし、中仙道に沿い芦田・望月・八幡村などの豪農から金穀を挑発していった。29日、藩は千曲川東岸に出兵し、一揆勢と対峙した。この時中仙道を通行中の伊那県官吏が、藩と一揆税との調停をおこなう意向を示したため、一揆税は藩との交渉に応じ、代表願人大島庄次と、各村惣代だけを残し、一旦解散することとなった。藩では百姓川の要求の多くを受け入れることを約束したため、代表・惣代は帰村した。9月10日、藩は一揆参加百姓たちの検挙を始めた。これによって47名が捕縛され、代表願人庄次(享年38)と大惣代仁左衛門(粢シトギ)姓、享年43)は頭取とみなされ、死罪とされた。11月に入ると、藩は百姓たちに救米を下付するとともに、拝借金上納の延期、堰普請の上納金の延期などを約束する触れを出していった。昭和45年、「義民慰霊之碑」が建立された。

(103) 小松三郎左衛門(1677年 延宝5)(長野県茅野市)
信濃国諏訪郡高島藩領金沢宿境論。甲州街道金沢宿(青柳宿)は、茅野村との境界争いを起こしていたが、明暦2年(1656)に藩主の裁定により境界が確定していた。ところが、延宝5年に茅野村が藩に訴訟を起こし、同6年に金沢宿に不利な境界となる裁許がおこなわれた。これに憤慨した金沢宿の駅問屋小松三郎左衛門らは、藩の裁許に従わず、伝馬にも遅滞をきたした。そのため藩は10月25日、三郎左衛門を宿はずれで磔に処し、妻子等は追放、肝煎市之丞・町年寄利兵衛を闕所・追放にするなど多数の処罰者を出した。参考文献・資料に「信州金沢の歴史」「信州の百姓一揆と義民の伝承」(横山十四男著)などがある。

(102) 宮津藩文政一揆(1822年 文政5)(京都府宮津市)
  本庄氏は、歴代藩主が幕府役職への就任を目指した家柄であり、強訴当時の藩主宗発(むねあきら)は文化9年(1812)から奏者番、文化元年(1818)から寺社奉行を兼任し、さらに上の役職への就任を狙っていた。同藩財政は早くから悪化の一途をたどっていたが、藩主の猟官運動が活発化し、文化5年の強訴は、藩主が幕府役職就任をめざし、そのことが藩財政を逼迫させ、強訴が起きたという点で、譜代大名のあり方を問う民衆運動である。寺社奉行の要職にある藩主宗発の地位を揺るがしかねないようなところにまで金策の手を広げていた。大坂商人と結託した宮津藩の不正無尽が告発されており、19世紀初頭、同藩は、深刻な財政難のなか、綱渡り的な借銀を重ねていた可能性が高い。万人講が強訴の直接の引き金となった。領民5万2000人から一人1日3文の銭を徴収しようという人頭税である。この万人講に加えて、文政5年には1万5000俵分の先納銀が命じられるが、百姓の要求は、先納銀1万5000俵の撤回、万人講の廃止と強訴の詮議をしないことであった。藩は、救米下付と万人講徴収銭額の引き下げなどに止まった。一方百姓は、翌年4月22日に首謀者として為次郎は獄門、新兵衛は打首、他2名が永牢、6名が領国追放に処され、1名が牢死した。家老栗原理右衛門とその子百助は、百姓側と通じていたという理由で、理右衛門は17年間座敷牢に拘禁された。藩主宗発は、大坂城代・京都所司代を経て、天保2年(1831)老中にのぼり詰めている。義士義民追頌碑が宮津市文殊小字片葉松45‐1にある。

(101) 松井市兵衛(1681年 天和元)(群馬県利根郡みなかみ町)
 利根郡政所村の名主。市兵衛は、茂左衛門に先立って藩主真田伊賀守の悪政を幕府の使番である桜井庄之助に訴えたが、天和元年(1681)12月、直訴の罪で妻とともに利根川原で斬首された。これについて地元の人々は、「首切り市兵衛」と呼び、「義人松井市兵衛」の碑が建てられている。「市兵衛直訴の事実が明らかになったのは、大正13年(1924)で、これをきっかけにして市兵衛の訴状の下書きであるという文書が、松井家の土蔵から発見され、現存している。直市兵衛の出訴が失敗したので、茂左衛門がその遺志を継いで幕府に訴えたという伝承もある。群馬県利根郡みなかみ町真庭に松井市兵衛の地蔵尊がある。

(100) 堀江六之丞・よね(1741年 寛保元)(栃木県足利市)
 下野国足利郡丹南藩領板倉村減免強訴 寛保元年の不作により、河内国丹南藩(高木氏、1万石)板倉村の百姓50名が、年貢減免を求め、9月23日陣屋に押しかけた。同村の百姓六之丞が処刑されたが、その後代官も処分され、当村の年貢は軽減されたと伝える。(堀江六之丞・よね)下野国足利郡板倉村の百姓とその妻。寛保元年9月23日、当年の不作により、板倉村の百姓50名は、領主の丹南藩陣屋へ年貢減免を求め押しかけた。同村百姓堀江六之丞は、百姓らをなだめ、村役人とともに説得にあたったがかなわず、彼らと行動をともにした。陣屋側では、六之丞を頭取とみなし拷問を加えた。妻よねは、夫の無実を陣屋役人に訴えたが、着任早々の役人もいたことから、受け入れられなかった。そこで10月、江戸にいる領主へ直訴し無実を訴えた。だが、その間に六之丞は国元で処刑され、よねも後に処刑された。その後代官は処分され、同村の年貢は軽減されたと伝えられる。文化年間(1804−1818)に堀江神社(六之丞八幡)が建立された。参考文献:「足利の伝説」他がある。

(99) 紅地蔵 妙義山麓小幡領の騒動(1699年 元禄12)
(群馬県安中市)
  小幡藩2万石の藩主織田信雄は、織田信長の家筋に当たるという理由で城持大名の格式を許されていた。そのため連年の出費が嵩み、元禄期以前から藩財政は危機的状況に陥っていた。そこで藩は年貢の増徴を図り、また真綿・大豆・萱・薪などに高掛物と称する付加税を課し、さらに千石夫を百姓に押し付けた。それに加えて元禄7年(1694年)、この村々に中山道坂本宿への大助郷が命じられた。そのため村々百姓は、小幡藩から幕府領への支配替えを幕府に直訴することにした。元禄12年(1699年)4月25日、鹿島神宮参拝を理由に諸戸村の紋右衛門ら3人が江戸に向かい、後を追うようにして残り5人の代表も出府し、幕府の道中奉行所に訴状を提出した。しかし、受け取りを拒否されたため、登城途中の老中に駕籠訴して受理され、国元で両者が話し合って解決せよと指示された。その結果、田畑の年貢は1割引のうえ以後定免、高掛物は3年間免除、藩から生活扶助金を百姓に貸与することで妥結した。代表者は小幡藩預けとなり、終生妙技山麓に幽閉された。後年彼らの遺徳を偲ぶ百姓は、八城村の吉祥寺境内に一体の地蔵尊を建立して冥福を祈った。今に伝わる「紅地蔵」である。

(98) 高橋五太夫(1684年 貞享元年) 上野国佐位郡伊勢崎藩領減免越訴)(群馬県伊勢崎市)
  延宝9年(1681)3月、伊勢崎藩主となった酒井忠寛は、畑年貢の10分の1を角押麦で上納せよという触書を領内村々に回した。この角押麦1石を製造するためには、通常の大麦1石5、6斗を必要としたので、農民は困惑した。この時反対運動の先頭に立ったのが、茂呂村の名主高橋五太夫であった。彼は農民の意向を受けてその撤回を藩役所に訴えたが、聞き入れられなかった。貞享元年(1684)、藩は強権を発動して五太夫を獄舎につないだ。しかし、彼はこれに屈せず訴え続けた。そして元禄10年(1697)9月、獄舎で死去した。これを聞いた藩主の忠寛は、茂呂村に限り角押麦の上納を免除したとされる。明治34年(1901)、村民は五太夫の遺徳を偲んで退魔寺近くに碑を建て、「義民高橋五太夫供養塔」と名づけた。参考資料:「誤り伝えられたる高橋五太夫に就いて 福島 甫」(PDF)

(97) 下小鳥村村民惨殺事件ー枉寃旌表之碑(1617年 元和3)(群馬県高崎市)
  元和2年、常陸国笠間から入封した高崎藩主戸田康長は、直ちに領内の検見を行った。そのとき、下小鳥村を担当した検見役人が極めて横柄かつ一方的に高率の査定を行ったので、憤慨した村の若者数十人が帰城途中の役人を襲い撲殺するという事件が起った。これに怒った藩主康長は、翌3年1月4日夜、安中藩の協力を得て下小鳥村を包囲し、老若男女を問わず村民全員を惨殺し、地中に埋めた。そして、3月7日、康長は信州松本に移った。明治34年4月、下小鳥村の人々は死者を追悼し、またこの悲惨な事実を後世に伝えるため、「枉寃旌表之碑(おうえんせいひょうのひ)」を建てた。資料・文献:萩原 進著「騒動」、「新編高崎市史 資料編8 近世4」他がある。

(96) 三保村藤五郎(1856年 安政3年)(静岡県静岡市)
  安政元年(1854)11月4日、宝永4年(1707)以来の大地震が東海地域を襲い、津波や火事のため2000〜3000人が死亡した(安政東海地震)。翌5日にも紀伊半島沖を震源とする地震が東海地域にも及んだ(安政南海地震)。この2つの大地震により隆起し、干しあがった海縁の土地6万坪を開墾すべく、三保村の小前百姓は領主の三保神社神官太田家の許可を得、翌2年春より汐除けの堤の築造を開始した。8月からは耕地の開墾に着手し、3年3月には完了したが、耕地の開墾に着手し、3年3月には完了したが、太田家と密かにつながっていた村役人は、いっこうに開墾地を配分しようとはしなかった。このため、5月に小前百姓は藤五郎ら5名を惣代として幕府駿府代官所に出訴したが、藤五郎と兵五郎は捕縛され獄につながれた。2名の釈放を求めて百姓等が執拗に嘆願した結果、2人は釈放され、開墾地の配分についても村役人と小前が十分に相談するよう申し渡された。まもなく両者で妥協が成立したが、それは小前128名に分けられた土地が5町9反余であったのに対し、名主徳右衛門ら20名には計8町8反余も配分されるという不公平なものであった。静岡市清水区三保に藤五郎神社がある。資料・文型:「幕末維新における村の変革‐藤五郎稲荷の由来」(歴史評論 1950.1)、「三保の藤五郎」(静岡大学理学部歴史研究会)

 

(95) 市兵衛八幡
 
7色の掛け物負担軽減越訴(1695年頃 元禄8年 )(群馬県壬生町)
  元禄8年(1695)7月、加藤佐渡守明朝が入封した。加藤氏は、3代にわたり、約17年間壬生城主となり、正徳2年(1712)江州水口の城主鳥居氏と入れかわった。財政は、太平の世の中が続くにつれて、奢侈の風おのずから生じ、諸物価は高騰して経費はかさみ、生活にゆとりがなくなった。そしてその費用のしわ寄せは、百姓・町人に寄せられた。お上は、百姓を、菜種油を絞るが如く搾取した。百姓窮民が重税に堪えかねて愁訴すれば、権力で押さえつけた。背に腹は変えられず、百姓が騒乱を起こして、百姓一揆となった。加藤氏のとったいわゆる「七色の掛け物」といった重税に対する反抗である。11カ村にこれを課した。唯一の財産である牛馬を売ってさえ、なお足りなかった。一身を投げ出して江戸に直訴し、重税を除かんと3義人が下稲葉の石井伊左衛門、上稲葉の賀長市兵衛、壬生神町の須釜作十郎である。しかし、聞き入れられず、捕らえられて牢獄につながれた。3人は、年貢の軽減という目的達成のため、連日拷問の苦痛に耐えた。出獄の後、幕府に直訴しようとしたが、失敗し、伊左衛門と市兵衛は、無残にも斬罪になった。一方作十郎は、日光輪王寺との縁があり、その助命運動によって死罪を免れた。しかし、遂に7色の掛け物なる苛酷な税は免除された。上稲葉の百姓衆は、賀長市兵衛の犠牲に報いるため、市兵衛八幡として神に祭った。伊左衛門を祀る祠は下稲葉の鹿島神社の一隅にある。なお、この事件は、新税反対の農民闘争であり、7色掛け物を賦課する触や11カ村を免除する達など、直接伝える資料はまだ発見されていない。伝承である。

(94) 平藩元文一揆(1738年 元文3)(福島県いわき市)
 
磐城平藩(内藤氏 7万石)領で元文3年に起った全藩一揆。元文3年9月中旬頃より一揆への参加を促す廻状が村々に回り、領民が17日朝、平城下へ続々と集まった。18日には芝原村長次兵衛、中神谷村武左衛門らに主導された領内各地の百姓約2万人が城下へ集まり、打ちこわしを始めた。番頭赤井喜兵衛が、一揆勢との交渉に乗り出し、一揆勢より20ヶ条の願書を受け取ったが、彼は返答の引き伸ばしをはかり、願書を在府の藩主に届けると約束することで、一揆勢を帰村させようとした。10月初旬、藩は江戸での回答を申し渡すとして代表を呼び出し、その場で一応要求を受け入れる旨の返答を出した。23日、藩は百姓の要求に対し、全体としては一転して拒否する内容を申し渡し、惣百姓に請書を提出させた。在方支配は一揆前に比して強化され、一揆関係者の詮議は約1年にも及び、元文4年8月、藩は幕府老中より百姓仕置きの内意を得たことにより、芝原村長次兵衛・中神谷村部座衛門を頭取のかどで死罪獄門7日晒、法外の行動とのかどで平窪村与惣治・好間村利四郎ら5名を死罪獄門3日晒に処し、それぞれ鎌田河原に晒すなど獄門7名、死罪1名、永牢は2名にのぼった。藩内でも家老内藤治部左衛門、内藤舎人、三松金左衛門らを役儀召し上げなどに処した。一揆のあと、8年後の延享3年(1746)平藩主内藤氏は日向国延岡に転封となった。いわき市の五霊神社境内に顕彰碑、同小川町遍照寺(へんじょうじ)に吉田長治兵衛の墓がある。

(93) 籾摺り騒動‐鈴木源之丞(1764年 明和元年)(栃木県宇都宮市)
 
宝暦元年(1751)宇都宮藩主松平忠祇(ただまさ)は、苦しい藩の財政を再建するため、宝暦3年(1753)から「籾一升に対して玄米6合摺りの割合で年貢を納めるように」との命令を、領内村々に出した。これは従来の2割り増しであって、領内の名主たちは到底承服できない、ということになり、連盟で嘆願書を郡奉行所へ提出したが、これは破棄され家老には届かなかった。このことが村々の百姓に知れ渡り、明和元年(1764)9月12日にいたって近郷村々の百姓は、鎌や山刀等々を持って8,000人が八幡山に集まり、気勢を上げながら城下になだれ込み、御用商人、米問屋などを襲って蔵を破り、乱暴狼藉を働いた。宇都宮藩では、300人の藩士を集めて暴徒の鎮圧に当たった。そして、大目附の松野利右衛門が百姓の代表と談判して「農民の願は責任を持ってお上(かみ)に伝える。」と約束したため、次の朝になってようやく平静を取り戻した。一方、藩では首謀者の検索を続け、百姓の口から「頭目は御田(みた)長島の鈴木源之丞であり、平出の庄屋後見亀右衛門など20人である。」ことを白状したので、鈴木源之丞他3名は御城下町引き回しの上、竹林刑場で打首となった。その他、上御田百姓代山崎嘉七は、宇都宮領から永久追放、羽牛田庄屋篠崎太郎左衛門は、2日半の水牢責め、上御田山崎茂右衛門他2名は、割り竹200叩き、残る者は、村役御免の上謹慎を申し付けられた。この事件により、「百姓たちの願いの通り5合摺りに戻す」ことになり、一件落着した。参考資料:籾摺り騒動の虚像と実像(「図説 栃木県の歴史」)学校教材資料集第3号(平成19年栃木県立文書館)

〈92〉 柳川騒動〈積銀‐つめん‐御免の一揆)(1761年  宝暦11)(滋賀県彦根市)
  宝暦11年(1761)年10月愛知(えち)川南筋の百姓がいわゆる「積銀仕法」に反対して蜂起したもので、「積銀(つめん)御免の一揆」と俗称されている。
  10代藩主井伊直幸は、「難郷脩救(なんごうしゅうきゅう)」の資にあてることを名目に、領内にあまねく積銀を命ずる計画を立て、そのため、積銀の元締め方を命じ、柳川村の両浜組(薩摩・柳川の松前商人で結成した組合)の有力者田村新助重孝も、元締方を命ぜられた。この積銀というのは頼母子講の形式で資金を作り、これを持って備荒とか社寺の改築などに充てるものであったが、藩では折からの財政難のために、米札引換のための資金に当てる目的で始めたものであった。しかし11月に入って、米札の通用が幕府から禁止されそうだという噂が流れたため、群集が引換所に押寄せて、米札の引換を要求した。領民の憎しみは、積銀元締方に向けられ、11月8日亥の刻(午後10時)南部の農民が徒党を組んで、積銀の不平をとなえ、新助宅を襲った。新助の屋敷内に乱入して、倉庫を破り器物をこわし、あるいは略奪する者もあった。そして酉の刻(午後6時)狼藉を働いた暴民は、朝鮮人街道を彦根に向かい、一方この騒動の通知を受けた藩では、早速藩兵を繰り出し、浜街道を柳川村へ向かわせた。しかし藩兵が到着した時は、すでに新助宅が荒らされた後であったので、警固のため一部の兵を残して引揚げた。彦根に向かった暴民の群は途中からますます増え、10日の明け方平田村に迫った時は5万余人にふくれあがり、藩兵の制止も聞き入れず、城郭内に押し入ろうという気勢を示した。ここにおいて藩庁も防ぐすべがなく、遂に同日積銀廃止の令を出し、ようやく一揆は沈静した。首謀者数名は捕らえられ、新助は謹慎を命ぜられた。新助の謹慎は、もちろん身辺の保護のためであった。入牢していた首謀者も罪を許されて釈放された。これは藩主直幸が、この事件を自らの政治の不徳としたものであると伝えられている。この騒動は彦根藩における最初の一揆であり、なお田付新助は、松前商人の先駆者新助影豊の子孫であり、蝦夷松前藩との交易で巨富を積み、一丁(いっちょう)屋敷と呼ばれる広大な屋敷に住み、専用の船着場もあった。土地改良工事により今はこの堀も埋められて、現在100坪ばかり残っている屋敷址の一隅に、「田付新助影豊発祥之跡」と刻まれた碑が建てられている。またこの時一揆が押寄せたところは、高宮口御門であり、彦根図書館蔵の図によると、この門はかつて土橋町と呼ばれた処で、現在の協和銀行彦根支店のあるあたりにあったとのことである。図面によると、外側には幅8間ないし13間位の堀がめぐらされ、その内側には土手が築かれて藪となっていたようである。すなわち一揆はこの門前で押し止めれたのであり、この時付近の町家では、一揆を支援して焚出しをせられた家もあったらしい。 参考資料・文献:「稲枝の歴史」〈増補版)「彦根市史 中冊」(PDF)

(91) 茨城県農民一揆(1876年 明治9)(茨城県常陸大宮市)
  茨城県では、明治6年(1873)に地租改正事業が開始され、翌8年後半から本格化した。県下各所で抵抗が高まった。那珂郡では、当年の石代金納問題と抱き合わせになって激化し、暴動状態にまで進んだ。政策そのものよりも経費の村費転嫁や雑税など、実施の仕方に対する反対が強かった。警察力の出動・配分の限界が激化の条件となり県下の一連の民衆運動となった。明治9年4月、督励のため県権令(ごんれい)中山信安が那珂郡高部村に出張して来た。本橋次左衛門らは、農民救済の建白書を提出。これに対して県権令は簡単に却下した。本橋らは抵抗を決意、中農・富農らが応じてくるようになった。9年9月頃、県では米価暴落、石代上納が困難となり、全県的に農村の減租・延納の運動が激しくなった。減租要求の集会場に警官2人が入り、干渉したために怒った農民等が警官を殺害する事件が起った。本橋を指導者とする小舟・上小瀬両村農民等は減租を県庁に訴えて、入れられなければ上京して政府に働きかけようとした。田方貢租は正米納めか時相場で上納(石代納)など3要求であった。一揆には終始、村役人層は参加せず、中農・上農・富農等であった。「万民救」の大旗を掲げた。12月10日、一揆勢に警官と旧士族が襲い、農民らは潰走した。農民側は一揆の過程で7人の死者を出し、「死刑」3名、懲役刑26名、贖罪金1,064名」。本橋次左衛門は斬罪、藤田常次・長山善兵衛は自殺、懲役8名、贖罪金189名。一方、囚人を釈放して、一揆の指導者を暗殺させた中山権令は、罷免された。政府は、地価の3%から2.5%に減額せざるを得なかった。那珂郡の一揆は「小瀬騒動」「石塚暴動」と呼ばれている。地元には、これが罪悪ではなく、改革運動であったことを記憶しようとする俚謡<りよう> (数え歌)が生まれた。ただちに愛知・岐阜・堺などの地方に飛び火し、やがて、国会開設を求めた自由民権運動に発展していった。参考文献に、「万民救の旗のもとに-茨城農民一揆・明治9年」(小林 茂著)ほかがある。

(90) 義人小川太郎兵衛(1638年 寛永15)(滋賀県日野町)
  寛永13年(1636年)【ママ】秋、その年の日野地方は「100日の旱魃」と呼ばれるほどの旱害にみまわれ、大凶作となった。かろうじて南耕地の一部の稲が助かったものの、北耕地の稲は残らず枯れつくすほどの被害となり、村井の農民たちは憔悴し、道に小唄を歌う者も絶えたという。 こうした村井の人々の窮状を見て、立ち上がったのが庄屋の小川太郎兵衛であった。太郎兵衛はひとり伏見の代官所を訪ね、南耕地でとれた僅かの米を、来年の百姓の夫食(ふじき)と種籾として賜りたいと嘆願したのである。残念ながら、この必死の願いは聞き入れられず、太郎兵衛は一旦帰郷する。しかし、妻の「かなわずとてただ止むべきや、かなうまで何度も願いたまわる」との言葉に触発され、再び太郎兵衛は伏見へと取って返した。そして、嘆願を繰り返したが、聞き入れられないと見るや、代官所の門前で自害したのである。これに驚いた代官所は、遺骸を長持ちに入れて村井へ送り返し、願いどおり南耕地の稲を夫食として農民に分け与えたという。この事件から、196年後の天保2年11月6日、村井では小川太郎兵衛の功績をたたえるため、200年忌法要が営まれた。町々には酒3升が配られ、11月6日夜には「日待ち」が行われ、同7日には町中「1日休」とされるなど、町をあげての盛大な法要となった。太郎兵衛の功績が、江戸時代の村井町でも顕彰され、町中の人々の間で語り継がれてきた事を示す興味深い事例である。菅谷(すがだに)(村井)にある大字村井の墓地には、太郎兵衛の法名「是空」が刻まれた墓石が立ち、現在も子孫である村井の西田保家の手によって丁重に祀られている。(資料:「近江日野の歴史 第5巻 文化財編」より) 
  (注)夫食(ふじき):江戸時代、農民の食料のこと。夫食の中心は五穀・芋などであるが、地域により差があった。凶作時、農民は食料に窮したので、領主は夫食の貯蔵(貯夫食)と作物の植え付けを奨励。また幕府・諸藩は夫食貸付を行い救済したが、農民は夫食返済が困難だったので、幕府は1734年(享保19年)、1760年(宝暦10年)に未返済分の破棄を命令している。凶作・飢饉の年には夫食貸しを要求する強訴・逃散が絶えなかった.

(89亀山騒動(83カ村騒動)(1768年 明和5)(三重県亀山市)
  亀山城附き86カ村のうち、3村を除く83カ村の村々が結集して年貢軽減、役人更迭などを訴えた一揆である。度重なる領主の所替え、両度に及ぶ朝鮮通信使送迎の御用金、甲州治水工事の手伝い、等で領民の負担が過重になっているところへ、藩は茶桑年貢を新設、永荒地扱いの土地も良田に復した分は年貢を賦課すると触れ、百姓米の専売制を計画した。検地計画は明和5年(1768)春から代官、大庄屋が練り、郡代・奉行・代官の部署も決められた。この動きを知った百姓が一揆の準備を進めた。各村の大庄屋・庄屋などを襲撃し、問責書を読み上げた。一揆勢は、関係する藩・村役人更迭を要求し、頭分が死罪になれば碑石を広瀬野に建て83カ村名代が毎年墓参する事を約束して解散した。一揆後郡代以下の藩役人が免職となり、大庄屋・庄屋多数も免職となった。真弓長右衛門・辺法寺村喜八・小岐須村嘉兵衛の3人が鈴鹿河原で打首に処され、ほかに4人が永牢となった。

(88) 江戸時代の高札( (1711年 正徳元、1770年  明和7)(滋賀県日野町)
  高札は、 法度(はっと)・掟書(おきてがき)などを記し、また、さらし首・重罪人の罪状を記し、人目をひく所に高く掲げた板札。立札(「広辞苑」)。 奉行の命令で庄屋が掲げたようである。たとえば、「百姓一揆」禁止の高札( 明和7年(1770)5月 )、「キリシタン」禁止高札 (正徳元年(1711)5月 )などが残っている。

(87) 山外郷一揆(やまそとごういっき)(1749年 寛延2)(茨城県桜川市)
  延享4年(1747)牧野定通が笠間藩(8万石)に入封、その2年後の寛延2年、不作状況下の茨城郡山外郷(42か村)で減免を求める大規模な一揆が起った。笠間藩では、藩収を安定させ徴集経費を切り下げるため、移封翌年の寛延元年から、幕府や諸藩で広まっている定免制に切り替えた。指導者の磯部村名主の清太夫らは、年貢減免を藩に要求する事を相談し、田年具の半納、畑年貢の未納分5カ年賦に延期などを、名主代表を通じて訴願した。これに対し、藩は幕府勘定奉行神尾春央に一揆への対応を問い合わせ、神尾は要求拒否、首謀者厳科、定免制年貢収納の強硬策による収拾を指示した。藩は、同年(寛延2年)12月7日、これまでの内々に事を済ませる方針を一変させ、一揆首謀者を割り出すため、村々の名主・組頭・百姓代を徹底して吟味、口述が一致しない場合は双方を対決させるなどして、清太夫、太郎左衛門、佐太郎の3人を捕らえた。清太夫(52歳)と太郎左衛門(38歳)は獄門・田畑家財没収、佐太郎(36歳)は死罪となった。藩は、畑年貢納入を延期しただけで定免制を強行したが、次の切り替えの年に、半分は「容赦」として軽減し、農政の姿勢を変えた。昭和9年(1934年)には、「寛延義民地蔵尊碑」が建てられ顕彰が行われた。

(86)  大神宮村7義民(1682年 天和2)(千葉県館山市)
 千祥寺(館山市大神宮704-1)の境内に大神宮義民7人の供養碑がある。寛文12年(1672)大神宮村は河野三右衛門の知行となってから年貢が高くなった。山年貢を負わせながら領民を山に入らせず木材を独占する有様であった。特に延宝7年(1679)から3年にわたる不作は領民を遂に越訴の挙に走らせた。即ち天和元年、2年と百姓総代は江戸の河野家に陳情したが聞き入れられず、ついに老中に越訴を企てるにいたった。この挙によって代表7人が罪を問われ天和2年11月(1682)処刑されたといわれている。地元民はこれを悲しみ供養碑を建立しての霊をとむらった。
 世は泰平に慣れ始めた徳川前期の寛文12年(1672)大神宮村は地頭河野三左衛門の知行所となってより、田畑山林の年貢を高くされたのみでなく、入り会い山林への出入りも差し止められ、その他残忍な誅求で村人の困窮は日増しに募るばかりであった。殊に延宝7年(1679)より3年にわたる大凶作のため、年貢米は勿論飯米にも事欠く有様となったので、村人たちは2回の門訴をしたが、主だった者が所払いにされる仕打ちに、已むなく天和2年(1682)3月、名主小柴三郎左衛門を始め平兵衛、久助、市郎兵衛、伝三郎・六左衛門・七左衛門の7人は、江戸奉行所へ越訴したが却って罪に落とされ、同年12月11日斬首の刑に処せられ、家財没収、家族追放の憂き目を見たのは、封建の世とはいつも真に悲惨の極みであった。身を殺して仁をなすべくして非業の死を遂げた7義民を悼んだ村人は、密かに墓石を建ててその英魂を弔ったが、いつしか湮滅して終わった。その後133回忌に当る文化11年(1814)供養碑が再建されたが、それもいつしか地下に埋もれ口碑に残るだけとなった。ところが大正11年(1922)9月9日擅徒が千祥寺境内を清掃中、台石及び竿石を発見、それが7人の墓石であることを確認し、それを修復して同年11月11日村を挙げて盛大に240回忌の法要を営んだ。この天和義民7人の供養碑が昭和49年(1974)7月19日館山市の貴重な文化財として史跡に指定された。

(bW5) 長崎村茂右衛門騒動(1858年 安政5)(富山県南砺市)
 安政5年(1858)7月25日、長崎村など五箇山の10数か村の農民が、井波町の米商4軒を打ちこわし、首謀者と目された、茂右衛門が磔に処せられた事件である。安政政権の苛斂誅求とその無能、暴利をむさぼる米商人に基因しているといえる。藩の財政は幕末期になると一層窮迫し,領民からの借り上げ金も家ごとに割り当てて上納させ、それでも間に合わず、安政3年には銀札1万貫目(米で約20万石)を増発し、翌5年にも、召米を行って領内の米を借り集め、9万石を江戸・大阪に回し、また6月には米1万石を商人に払い下げ提出を許可するなど、米を盛んに領外に出し、藩の財源確保に奔走していたため、米の不足と騰貴に油が注がれた。その上、災害と凶作が相次いで襲った。安政5年6月より雨が降り続き、夏なお秋の如し、という気候となり、凶作が決定的となると、買占め、隠米などが横行した。7月、井波の米商人は暴利をむさぼっているとの風評が流れていた。25日夜、五箇山村民は、井波町に流れ込み、米商人三谷屋、宮田屋塩屋、高瀬屋を襲った。多くの人々が逮捕され、禁牢となり、連判状も発見されたが名が円順に書かれていたので(傘連判)、なかなか首謀者はわからなかったが、「後ろを振り向いた」ため、茂右衛門が「犯人」とされたと言われている。「安政義人慰霊之碑」が2ヶ所にある。民宿茂兵衛は、その子孫である。資料:「安政5年の長崎村茂右衛門騒動」(PDF)

(84) 金沢藩領検見訴願(1838年 天保9)(金沢市)
 天保9年、蝗(いなご)とウンカの異常発生と冷害による凶作で被害を受けた石川郡の28ヶ村の百姓が、十村(とむら‐大庄屋)を通して藩に見立て願いを出したが、8月26日に来村した改作奉行名越彦右衛門の一行は、ほとんど被害のなかった村の、しかも最も収穫の良い田を意図的に調査して年貢の減免を認めようとしなかった。このため、下安江村・西念(さいねん)新保村・南新保村の村役人が再三別の場所の見立てを嘆願した。奉行はその場で村役人15名を逮捕して虐待し、5名が牢死した。生き残った10名もいったんは出牢を許されたが、翌年2月には特高を没収された。また、この3ヶ村の113名が越中五箇山に流刑処分になり、9年後許された時はすでに16名が死去していた。強訴とはいえない事件にもかかわらず、このように厳しい処分がなされたのは、凶作の減収の他に、江戸城西ノ丸消失に伴う御手伝普請が金沢藩に課せられていたため、3ヶ村を見せしめにして各村から誓約を取り、何が何でも年貢を皆済させようとする藩政策の犠牲になったのである。明治33年(1900)、最初に訴願した村役人15名を義民として顕彰する「天保義民之碑」(勝海舟題字)が、金沢市木ノ新保町に建てられたが、金沢駅建築の際に金沢市西念町に移された。

(83) 道閑 (1667年 寛文7)(石川県中能登町)
  鹿島半郡(かしまはんごおり)は、長連竜(ちょうつらたつ)が織田信長にあてがわれた領地で、前田利常が能登一国を下領された後も長家領として伝領された土地であった。そのため、この土地には改作法も実施できず、地方地行制など古い支配形態が残っていた。金沢藩は、この地に改作法を施行して長家の弱体化をはかろうと機会を覗っていた。一方、長連頼(つらより)も、財政窮迫打開と百姓経営の安定策として領内支配の改革を目論んでいた。このような状況の中で、長氏家中で加賀屋敷(金沢)に拠点を持つ加藤采女一派と、領地の能登に基盤を持つ浦野孫右衛門一派との権力闘争が生じた。藩は、加藤采女が浦野孫右衛門の隠田所持と彼の一族の専横を訴えたことを契機に、隠田摘発の総検地を実施することにした。寛文六年、浦野孫右衛門らが検地反対運動を起こすとともに、これに扇動された十村(とむら)ら五人が、翌年恒例の年賀で金沢へ出頭した際、43か村の肝煎りの賛同を得て、長元連に検地取り消しの訴状を提出し、その要求が受け入れられるのを待ってそのまま金沢にとどまった。この越訴の罪で、十村の久江村道閑ら首謀者三名が磔刑・獄門(道閑倅三名は刎首)、一名牢死・二名国外追放などに処せられるとともに、浦野父子ら五名が切腹、自害三人・流罪追放など三十七名、士分の子12名死罪などに処せられて浦野一派は一掃された。この事件は、検地施行の是非をめぐって、長氏に対して反逆した御家騒動の性格と、それに一味した十村久江村道閑らが藩庁に直訴する代表越訴型一揆の二側面を持つとともに、加賀藩の長家の一円支配の否定と改作法の施行の意図が絡んだ特異な事件であった。しかし、これを機に、織田信長以来長家領に許されきた独自の地方地行制が廃止され、やがて改作法もこの地にも実施されて、金沢藩政が確立するに至った。資料には、「浦野事件と義民道閑ー藩に利用された内紛(鹿島)」(「江戸時代 風土記」(農山漁村文化協会)‐PDFなど多数がある。

(82) 明和西濃騒動・盛枡騒動(1766年 明和3年)(岐阜県池田町)
 戸田氏10万石の大垣藩で明和3年に発生した、年貢納入時の込枡の軽減を要求して長瀬・池田・小島筋村々が起こした強訴。筋とは、延宝7年(1679)から地方支配のために領内を10筋に分け、各筋に代官2人を置いたものである。大垣藩では、米4斗3升を1俵に詰めて貢納させていたが、宝暦末年より1斗枡に山盛り4杯を1俵にしたため、以前よりも1俵につき数升の増徴になったという。明和3年(1766)の百姓一揆は、この年貢増徴に反対し、込枡の軽減を要求したものといわれる。この年1月19日、大垣藩領長瀬筋の農民が蜂起し、翌20日には大島堤へ押し寄せた。藩ではこれに備えて郡奉行細井与一兵衛、代官川村弥三右衛門・高木新九郎、同心三人、足軽5人を安八郡楽田村へ派遣するとともに、大垣来襲に備えて名古屋口・岐阜町付近へは郡奉行鳥居唯右衛門・森覚右衛門、代官立木新七・豊田弥右衛門、同心4人、足軽30人を配置し、小橋口へは手合同勢を待機させた。しかし楽田村では出張役人が一揆の願意を聞き入れたため、一揆は引きあげて行った。ついで24日、再び長瀬筋の農民は池田筋の農民と連合して赤坂付近へ押し寄せ、さらに26日には小島筋の農民も加わって笠縫堤へせまった。そこで郡奉行・代官らが出張し農民の要求を聞き入れたため、翌27日一揆は退散してしまった。やがて農民の目的は達せられ、込枡は廃止され、そのうえ救米600俵を下された。しかし藩は徒党強訴の罪を問い、9月11日、池田郡宮地喜平次・要助、大野群有利村新五郎・重吉の4人を斬罪に処し、そのほか一揆に加わった小島筋のものなどを処罰した。昭和44年9月、池田町が発起となり、「明和義民の碑」が池田町宮地に建立された。資料:「明和の西濃騒動」(岐阜県史)「明和義民の碑」‐PDF 他がある。

(81) 義人清介之碑(1929年 昭和4)(滋賀県虎姫町)
  天正17年(1589)、才勝井の井頭に近接する青名村・八日市村(現湖北町青名・八日市)と中野村が相論となり、同年8月、「井水の件は中野村に任す」との裁許となったが、青名側がこれに服さなかったため、ついに死傷者を出す争いにまで発展し、時の中納言豊臣秀次は、喧嘩両成敗として、各村からの代表1人ずつを処刑することとした。中野村からは、百姓の清水清介が自ら進んで犠牲となった。これに大いに感じた時の奉行堀尾吉晴は、清介の望みのまま屋敷2ヶ所を跡目相続人の娘いわに永代扶助するよう認めた。これが清水文書の内容である。また、村では、清介の恩に報いるため、彼の田畑にかかる不役を免除して、娘に相続させている。この取り決めは現在も効力を持っており、清水家では普請の免除がなされているという。清介が命に変えて守った才勝井は400年以上経った現在でも豊な水を湛えている。中野では、後に「義人清介氏之碑」を建立し、毎年8月19日には「清介感謝祭」を執り行い、その恩恵を今に伝えている。資料:「虎姫のむかし話(昭和54年 虎姫町公民館)」「研究紀要第3号(2003 東浅井郡教育委員会連絡協議会社会教育部会文化財保護連絡協議会)」

(80) 竹中彰元師(1938年 昭和13)(岐阜県不破郡垂井町)
 岐阜県不破郡垂井町の真宗大谷派明泉寺の住職竹中彰元師は、1937年9月15日、出征する軍人見送りのため垂井町駅に向かう途中、「戦争は悲惨な事だ、一体戦争は罪悪である」。また、同年10月10日、組内寺院の年忌法要の席で、「いたずらに彼我の生命を奪い莫大な予算を使い人馬の命を奪う事は大乗的な立場から見てもよろしくない。自分は侵略の様に考える」と発言した。これらの言動によって同師は10月26日に逮捕され、陸軍刑法第99条の「造言飛語罪」に当たるとされ、1938年4月27日、禁固4ヶ月執行猶予3年の有罪判決を受けた。日本軍国主義への前面協力体制にあった宗派は、その処分に準じて、同年11月18日、同師を、衣の色や法会の際の着座順位を最下位とする「軽停班3年」および布教使資格剥奪に処した。同師は1945年10月21日、77歳で死去。2007年10月19日、宗派として謝罪、同師に対する当時の処分を取り消した。爾来、69年後のことであった。明泉寺の前に、竹中彰元師復権顕彰大会記念(2007〈平成19〉年10月19日)の「戦争は罪悪である 竹中彰元之寺」が建てられている。

(79) 義民藤右衛門(1673年 寛文13)(千葉県袖ヶ浦市)
  寛文9年(1669)に新田(にった)村が飯富(いいとみ)村と上池の取水に関して争った結果、新田村が勝訴した。この後、新田村の名主藤右衛門が領主太田又右衛門との争いにより悲惨な死を遂げた一件が伝えられている。この取水争いで、飯富村と等分に水を分けることになった新田村は、用水掘の大改修に着手した。水を村の耕地全域に流すには新たに用水掘を掘る必要があった。(この時造成した用水掘は昭和年代の耕地整理が始まるまで使用されていた)。そこで、名主の藤右衛門は、領主の太田又右衛門に対し、工事費捻出のため年貢の減免を上申したと伝えられている。太田氏は、石高400石の旗本であったので50石の減免は許可するはずはない。しかし、名主は年貢の減免以外に打つ手はなかった。そこで、罪に問われるのを覚悟で、領主を相手に訴えたと伝えられている。もちろん、事前に妻子と離縁し、罪の波及を防いだといわれる。その結果、年貢は減免されたが、本人は八丈島へ遠島・家財は没収となった。しかし、すでに離縁した家族はお構いなしという判決であったという。服罪のための藤右衛門は、寛文13年(1673)4月に船出をした。ところが、50石減らされた領主は憤懣やるかたなく、手を廻して途中で藤右衛門を毒殺したという。名主の死という試練を経て、用水路は完成し、上池の水は50町歩(50f)といわれる新田村の耕地を潤すことになった。なお、藤右衛門の墓は、新田村の字白旗の共同墓地内にあり、法名は蓮照院園空宗輪居士、建立は貞享元年(1684)4月5日で、俗名山田藤右衛門とある。又、同村字白羽(しらげ)の八幡神社の境内に土神宮(ちじんぐう)として祀られ碑文には「土人為郷土安全」の銘がある。建立は天明8年(1788)4月5日で、墓石・神宮とも4月5日を祥月命日としている。村人のために殉じた名主の業績は、今も人々によって語り継がれている。しかしながら、この事実を記した古文書はいまだ発見されていない。したがって次の諸文献と口碑ならびに現地調査によってこの項を記述した(『千葉県機密郡郡市』・『袖ヶ浦町史研究創刊号・第3号』・『千葉県歴史散歩50コース』『郷土のあゆみー君津地方の資料』)。

(78) 義民渡邉玄泰(1847年 弘化4)(神奈川県 相模原市)
  相模・下野烏山藩領(現在の相模原市)。1847年7月7日、田名村の医師玄泰は、村民に檄をとばし同志78人と武相国境の七国峠に集結、自ら代表して将軍直訴を決める。しかし、事前に発覚して捕らわれ江戸の牢獄に入る。在獄2年余して1849年に赦免されたが、出獄の前夜毒殺されたという。子の立庵が父の遺骸を引き取り村内に墓碑を立てた。資料に「bU 新宿探訪 渡邉玄泰の墓碑」(田名新宿の歴史)、「義民渡邉玄泰の墓碑」(相模原の史跡 座間美都治編)等がある)

(77) 天保御用金事件(1832年 天保3)(神奈川県 相模原市)
  普門寺に宝筐印塔があり、ここに、天保御用金事件の顛末が記されている。 1831(天保2)年当時の社会情勢が悪化、大飢饉が生じた。徳川幕府も財政難となり、租税は前納に次ぐ前納御用金として莫大な金額になった。このとき名主加藤熊蔵が地頭所の用人が共謀、水増しをした。この押領(おうりょう)の不正をあばく為、八木武兵衛、八木庄次郎、小川茂兵衛等、地頭所へ訴えたが、取り上げられなかった。そこで勘定奉行へ駕篭訴をする。不届き者とあって直ちに敵味方の別なく伝馬町の牢屋に入れられ、そのとき疫病が流行し入牢者は事件の落着を見ずしてほとんどの者が死亡した。その後、村内の内紛は13年後和解、1845(弘化2)年3月供養塔を建立した。

(76) 鉄火裁判(1619年 元和5)(滋賀県日野町)
  綿向山とやぶそ山の入会権をめぐる音羽村など東郷9ヶ村と石原村など西郷9ヶ村の争論。慶長14年(1609)西郷村々が出訴したことに始まる。両者とも明確な証拠を提出できず、また、大坂の役も起きたこともあり、係争は10年に及んだ。元和5年9月18日、綿向神社境内で行われた鉄火取りにより、東郷村々の権利が認められた。音羽喜助(音羽村庄屋)は、綿向山入会争論で東郷村々の惣代として鉄火を取り、東郷を勝利に導いた義民。伝承によれば、東郷の惣代として鉄火を取ることになっていたのは日野村井横町年寄九郎左衛門であったが、争論で積極的な役割を果たしていた喜助がなぜ取らぬ、という西郷からの挑発により喜助に変更されたという。また、鉄火取りによる解決を言い出したのは、西郷の石原村に居住していた浪人の角兵衛で、彼は熱しても熱くならない鍬を工夫し、それを取るつもりでいたが、当日幕府役人が東西の鍬を取り替える事を命じたために敗北し、磔に処された。鉄火取り後、報奨としてやぶそ山のうち 「砥石(といし)山」が喜助に与えられた。1967年(昭和42年)綿向山財産区が「共有山林顕彰碑」を日野町綿向神社境内に建立。同町音羽の雲迎寺(うんこうじ)境内には「喜助翁鉄火記念」の碑が建てられている。文献・資料に「日野の伝説 ふるさとの昔話」「綿向生産森林組合『山の生いたち』1977」ほかがある。

(75) 助六一揆(1778年 安永7)(茨城県かすみがうら市)
  志筑(しづく)に陣屋を置いた本堂氏(8000石)は旗本最上層の一家であった。下佐谷村与惣左衛門(姓は福田、名は助六)らは、年貢減免、稲吉宿助郷過重反対などを訴える文書を村々の高札場に貼った。しかし、領主側は要求を無視したため、江戸屋敷に門訴。村役人らが入牢させられたため、赦免を要求して再度門訴したが、領主側は幕府の断固たる処置の原則で応じ、与惣左衛門は、安永8年9月16日、獄門が申し渡された。他は永牢、手鎖に処された。かすみがうら市下佐谷777に助六の首塚がある。資料に助六一揆(百姓一揆事典 民衆社)などがある(PDF)。

(bV4) 細野冉兵衛と百姓騒動(1834年 天保5)(茨城県かすみがうら市) 
  土浦藩出役(しゅつやく 役人のこと)高野喜蔵(喜兵衛)と坂村名主長左衛門による年貢不正取り立て・横領をめぐって発生した一揆である。天保5年(1834)脇坪・志戸崎の百姓らが慈眼寺や歩崎観音に寄合い、恒助らを頭取として東郷名主惣代冉兵衛(ぜんべえ)へ嘆願、さらに藩役人への直訴を企てたが失敗。再び冉兵衛に藩への取り次ぎを要求。このため冉兵衛は百姓に加担した。一揆勢は高野を捕縛した。藩は鉄砲・槍で武装した捕り方を派遣し、冉兵衛以下を捕縛した。出役高野喜蔵は追放、坂村名主は退役となったが、頭取恒助は打ち首、冉兵衛は獄死、他の百姓等も追放・手鎖などに処せられた。 文献・資料として、細野冉兵衛と百姓騒動常陽新聞社の「3 続・霞ヶ浦周遊」などがある(PDF)。

(73) 太枡騒動(1792年 寛政4)(山梨県甲州市&笛吹市)
  八代将軍吉宗の次男宗武に始まる田安家は、延享3年(1746)山梨・八代郡内に3万41石を領有し、陣屋を設置して63ヶ村を支配した。寛政4(1792)年12月、田安代官所の手代、山下治助は1斗1升入りの枡(太枡)を貢米の取立てに使った不正マスで搾取した。それだけでなく、検見や損地起返しなどの吟味を厳重にして課税強化を図った。これに対し、鮎沢勘兵衛、三沢重右衛門、金子重右衛門らを頭取として、非違を訴えて領内54ヶ村の代表者21人が寺社奉行に越訴したが、弾圧され、獄門、遠島、重追放、闕所などのほか処分は広く及んだ。義民の顕彰碑・墓は5ヶ所にある。

(72) 釜鳴屋平七(1863年 文久3)(静岡県熱海市)
  1859年(安政6年)の幕末、熱海の浜に漁民一揆が起こった。マグロ網の権利をめぐり漁民と網元との争いが日を追って激しくなり、こうした事態の中で網元の一人釜鳴屋平七は、他の網元たちのひどいやり方に反対し漁民側に同情、網元側から脱退、漁民に味方して解決をはかったが、争いは収まらなかった。このため、平七らは漁民250余人とともにムシロ旗を立て韮山代官所に押しかけ、平七は役人の制止を振り切って代官江川太郎左衛門に訴状を差し出した。当時は領主や地頭屋敷門前への強訴は遠島などの処分であった。平七ら7人は捕らえられ、首謀者と見られた平七は島流しの刑を受け、1863年(文久3年)10月、江戸から八丈島送りとなった。しかし、船中での虐待で衰弱した平七は大島に降ろされ、11月4日35歳で亡くなった。漁民たちは平七の意志をつぎ、長い間苦難の戦いを続け、ようやく勝訴を勝ち取ることができた。釜鳴屋平七の銅像は熱海市和田浜南町の海浜公園内にある。

(71) 鷲塚騒動(1871年 明治4年)(愛知県西尾市)
  明治維新、民衆の心には大きな動揺があった。菊間藩(譜代 上総 市原)大浜陣屋((飛び地領を管轄現在の碧南市)は政府の方針を先取りした行政を打ち出し、それは宗教政策にも及んだ。1871年(明治4)3月、新政に不満を持つ民衆と僧侶が反発し、抗議行動を起こした。鷲塚村(現在の碧南市)での談判の途中、暴徒化した集団は役人1名を殺害した。僧侶石川台嶺らは護法のために行動し、この大浜騒動の中心人物として斬首刑に処せられた。1924年(大正13)6月、三河国殉教記念会の発起で、台嶺受刑地であるこの地に記念碑が建てられた。この事件は、維新の混乱期に一地方に起きた騒乱というに止まらず、宗教・思想に対する命がけの抵抗、功利や打算と無縁の真理の防衛の抵抗として歴史学のうえでも高く評価されている。国家権力による思想や宗教への介入がいかに悲惨な結果を招くかは、歴史が証明している。

(70) 地租改正反対一揆(1877年 明治10)(愛知県春日井市)
  1873年(明治6)、政府は地租改正条例を布告。それは改めて検地を実施して地価を定め、その3%を地租としてお金で納めさせるものであった。愛知県の地租改正は1876年(明治9)から本格的に進められた。春日井郡では事業の強行振りが目立った。多くは増祖になった。内容を知って拒む村が40か村余にのぼった。和爾良(かにら)村では、区長の林金兵衛をはじめ全村一致の拒否体制が固められた。この戦いを見て反対運動が拡大した。林らは福沢諭吉に援護を頼み、合法的な嘆願運動を続けた。裁判による打開の道を求めたが、旧尾張藩主らの説得を受けて収拾した(1881年 明治14)。

(69) 蓑笠一揆(1870年 明治3年)(静岡県磐田市)
  江戸時代の農民は、ただ収益を生む生産の道具としかみられていなかった。そのため、年貢取立てと天災による打撃を受けた農民は、百姓一揆の形で減税の運動を起こすよりすべがなかった。1867(慶応3年 幕末)から明治にかけて遠州一帯は非常な凶作に襲われ、特に1868年(明治元)の天竜川・太田川の氾濫はそれに拍車をかけた。村々の名主達は協議して中泉民生役所に代表を送り、減税を願い出たが拒否され、ついに入牢の布告が発せられ捕吏に追われる身になった。下岡田村名主鮫島万平等は居所を点々と変え、各地に隠れて協議を重ねた。1870年(明治3)1月、農民数千人は蓑笠を着て、三々五々田原村三ヶ野に終結した。年貢9分引きの沙汰が下ったのでやむなく一揆も収まり、人々は村々に帰った。翌朝再び捕吏によって鮫島万平等5名が捕らえられ清水の獄に送られた。その後、他のものは罪を許されたが、万平は首謀者とみなされ、独り獄囚として呻吟し、1874年(明治7)4月28日、獄死した。49歳であった。毎年秋(11月3日)に碑前で供養祭を行っている。

(68) 蓑着騒動 半田春平〈1870年 明治3年〉(愛知県新城市)
  明治3年は、夏から秋にかけて4回の暴風雨に見舞われて田畑の損害が大きかった。5人の村代が伊那県足助支庁へ減免の嘆願を行ったが却下されたことから、村々百姓による減免運動が起こった。参加者は冠りものをして面体を隠し、竹筒を吹き、大声を発する騒ぎとなった。参加者は2000〜3000人に達した。年貢の5割引きを要求し、百姓は蓑を着、鎌を携えていた。首謀者は足助と伊那での取調べを経て、半田春平が准流、5人が徒刑に処せられた。半田春平は、明治6年に獄死するが、のち同家屋敷内に祠が建てられ、百姓救世の神として祀られた。享年42であった。

(67) 中川覚右衛門墓碑〈1779年 安永8年)〈愛知県安城市)
  1779年(安永8)(江戸時代中期)夏は旱魃のため畑作が不作で、8月の矢作川決壊による大水害のため稲も皆無作同然となった。領内4か村は減免を再三訴願したが受け入れられなかったため、10月17日昼ごろ安城村西尾の庄屋中川覚右衛門が郷蔵内で割腹自殺した。検視役人は「武士にも及ばぬ立派な割腹」と激賞し、旗本久永氏は年貢を全免、貯蔵米を領民に配給したといわれている。村民は明法寺に如来像を刻む墓碑を建てて弔った。

(66) 柴田助太夫(1677年 延宝5年)〈愛知県安城市)
  延宝年間(1673〜1680)〈江戸時代前期〉に助郷役を命じられた際、畑地のみの貧村ゆえに疲弊の恐れありとして、庄屋助太夫が助郷役免除の訴願を繰り返した。助太夫は、このため延宝5年5月25日に死罪となった。助太夫の訴願・処刑によって助郷役を免除された村民は、約80年後、草庵を結び曹洞宗永安寺としたが、その寺地は助太夫の屋敷跡といわてれている。

(65) 飯盛大佛追善供養記念碑(千葉県船橋市)
  船橋の海は、江戸時代初めから半ばにかけて幕府に魚介を献上する「御采浦」とされた好漁場であった。元禄16年(1703)、大地震による海底地形の変化のため、幕府へ献上することは中止されたが、この後この魚場を巡り、近隣の漁師達との争いが多くあった。大佛追善供養は、文政8年(1825)から毎年同じ日に行われている。供養が行われるのは石造釈迦如来座像で、延享3年(1746)の津波によって溺死した漁師、住民の供養のために建立されたものである。行事が行われるに至ったのは、文政7年、船橋村と猫実村(現在の浦安市)が専漁場の境界を巡って係争中、猫実村と東宇喜田村(江戸川区)の漁船多数が一橋家(御三卿家)の幟を立てた船の指揮のもとに境界内に進入し、これを妨げようとした船橋の漁師と激突した。このとき、船橋の漁師が一橋家の幟を奪い、同乗していた侍を殴打したため、漁師惣代3名が入牢させられ、うち2名が亡くなった。以来、漁師一同が1日休業し、先の溺死者の霊と共に供養を行うことになったのである。死をもって専漁場を守った2人の惣代に対する敬愛の念は切なる者があったと思われる。供養の日には、大佛に白米の飯を盛り上げるようにつけるが、牢内で食が乏しかったのを償うためとの事である。なお、大佛の西側に漁師惣代2名の墓碑が立てられている。文献・資料(PDF)@ A B

(64) 明和義人顕彰之碑(1928年 昭和3)(新潟市)
  明和五(1768)年九月、一揆を起こした新潟町民が、支配者層や奉行所側を制圧し、ほぼ二ヶ月にわたって町政を行った事件である。一揆の指導者である涌井藤四郎の先祖は、越前の人で、家蔵の武具を売却して得た金を元手に、呉服・糸・木綿類の店を開き、藤四郎はその四代目の次男であった。もう一人の指導者岩船屋佐治兵衛は紬(つむぎ)を扱う商人であった。明和四年(1767)四月、長岡藩は新潟町民に千五百両の御用金を課した。四年前の宝暦十三年(1763)にも約五百両の御用金を課したばかりで、約三倍であった。町では、八月にとりあえず半分の七五〇両を納め、残りの七五〇両は翌五年八月に、月二分の利息を添えて元利合計九三〇両を納めることで藩の了解を得た。しかし、四年秋からの不景気に加え、翌五年は諸国とも悪作で米価が高騰する状況の下で、御用金の調達は町民に重くのしかかった。藤四郎等は、景気回復まで猶予してもらうよう願い出たが、謀議をしているとの訴えがあり、9月20日、藤四郎は入牢などの処分を受けた。町民は、「願い事の相談をしただけなのに甚だ理不尽の処分だ」と噂した。これが騒動の発端になり、26日夜、町民は一揆を起こした。涌井を新潟町惣代とする町政が始まった。早速物価の引き下げが行われた。町政は約二ヶ月で終わった。明和七年(1770)8月20日決着した。涌井と岩船屋は、8月25日、町中引き回しの上、打ち首獄門、居屋敷・財産は没収となった。涌井を「義人」とたたえる顕彰碑は、昭和三年に建てられた。資料:「新潟明和騒動」(PDF)

(63) 生田萬の乱(1837年 天保8)(新潟県柏崎市)
  上州館林の浪人。平田篤胤の門下生。天保の凶作がピークになっている時、柏崎では、餓死者が34人も出て、子供を生きながらに川へ流すという惨状であった。宝暦八年(1758)には10両で42俵の米が、天保八年(1837)5月にはわずかに4俵と、10倍以上の高騰ぶりであった。そこへ江戸高輪の千葉太郎兵衛が、10万両を持って米の買占めにやってきた。彼は柏崎陣屋へ5万両贈るという条件で、米の移出を禁じた津留めを解除させたので、米買いが柏崎に殺到、米価はさらに急騰した。生田萬はこうした役人のやり方に憤激し、町民に決起を呼びかけたが反応はなかった。これより三ヶ月前には大阪で大塩平八郎の乱が勃発したことが伝わっていた。生田萬等6人は、6月1日「天命を奉じて国賊を誅す」の旗を翻し桑名藩の柏崎陣屋へ切り込んだ。陣屋側に討ち死に3人・重軽傷者7人を出した。生田萬等5人が討ち死に、残りの一人も首をはねられた。乱は失敗したが、藩主は7日間の謹慎、陣屋役人も更迭された。これを契機に米価は下がり桑名藩の救民対策も軌道に乗るなど、生田萬らの死は決して無駄ではなかった。生田萬の妻と二人の子供は捕らえられ、牢中で彼女は二児を絞殺し、自らも自決した。生田萬の碑は、柏崎招魂場など3ヶ所に建っている。参考資料:「生田萬の乱」(PDF)

(62) 義民大竹与茂七(1713年 正徳3年)(新潟県新発田市)
  義民大竹与茂七は新発田領南蒲原郡中之島(現長岡市中之島)の名主で、江戸時代中期の宝永元年(1704)、信濃川および支流の堤防が破堤したとき、その防御工事を庄屋義兵衛に要請したが受入れられなかったので藩の御用材を無断で伐採して堤防を修理した。その後凶作の救米金や年貢米取立てのことなどで庄屋、名主間の紛争となり、遂に裁判となり、歯を一本残らず抜くという残忍な拷問にも屈しなかったが、逆に百姓一揆を煽動したという濡れ衣を着せられて、正徳三年(1713)6月2日首を刎ねられ獄門になった。しかし藩主は後でその行き過ぎを反省し、名誉回復をはかり、藩の功臣を祀る五十志霊神に祀った。1972年(昭和47)6月2日、「義民与茂七を偲ぶ会」を開催。参考文献・資料に「与茂七ガイド『義民大竹与茂七』」などがある。

(61) 木崎村小作争議記念碑(1972年 昭和47)(新潟市北区)
 木崎村小作争議は1922年(大正11)〜1930年(昭和5)、農民の解放をめざして闘われた。新潟県3大小作争議の1つである。争議は、単なる小作料をめぐる地主対小作のたたかいではなく、「人間として認めることを切望した小作人の政治・教育・農村経営等の民主化をめざした運動でもあった。当時の農村では、小作人の生活は娯楽などの余裕もなく、地主に小作料を払いながら大変な苦労をしていた。小学生でも、弟や妹などの子守をしながら通学し、進学も難しく、十分な教育を受けることもできなかった。その中で真島桂次郎ら6名の地主が起こした耕作禁止・土地返還・小作料請求訴訟は1926年(大正15)、地主の言い分を認め、小作側敗訴の判決が言い渡された。争議は1930年(昭和5)5月7日、東京控訴院で和解が成立。小作人が未納小作料の全額を償還することで終了した。当時は、県知事、警察、裁判所は不当に小作の利益を抑圧し、一体となって地主の立場を擁護した。これを顕彰し解放運動を継承発展させるために1972年(昭和47)笠柳横井小作組合創立50周年を記念して豊栄市民ならびに全国の人々の寄付によって「記念碑」が建立された。その地は1926年(大正15)年に建設された無産農民学校の西入口にあたる。文献に、「発掘 木崎争議」(新日本出版社 山岸一章著)ほか多数がある。

(60) 日向義民地蔵尊(延宝四年 1676)(群馬県館林市)
  江戸時代前期の寛文元年(1661)、徳川綱吉が二五万石で館林城主になった。綱吉は、領地全域の検地をおこない、年貢の増収を計ったが、延宝三年(1675)の冬、領内の台之郷、石原、富田(現在は太田市域)などの村で年貢徴収にあたり、役人が「目こぼれ」と称して、年貢米一俵が三斗五升のところを一斗余分に徴収するという事件が起こった。これに対し、小沼昌左衛門、森尻右馬允、栗原四郎兵衛、小沼久四郎、栗原三左衛門をはじめとする十八名の名主たちが代表となって、訴状を作成し、藩に申し立てたが、役人は聞き入れなかったため、江戸の藩主に直訴を行った。これによって、農民救済の願いはかなったが、直訴を行った十八名は捕らえられて館林藩に引き渡され、延宝四年(1676)日向刑場において処刑された。元禄十七年(宝永元年・1704)十八名の冥福を祈るため、地蔵尊が造られ、供養されてきた。「義民地蔵」と呼ばれている。文献・資料として、「義民地蔵尊由来」(館林市誌)他がある(PDF)。

(59) 享保の三義人(館林騒動)(享保四年 1794)(群馬県明和町)
 江戸時代中期の享保三年(1718)十二月六日、館林領42か村の農民は重税に堪えかねて、名主三名が江戸面の時の領主松平清武に強訴した。この訴えに対し、翌秋から年貢米を半減する沙汰があり、帰郷して万事平穏に解決するかに見えたが、翌春に用人松倉伝兵衛に取調べと弾圧に当たらせた。四月五日、三名は捕らえられ入牢拷問の末、四月十四日(享保四年 1719)、死刑に処せられた。しかも三名の家は家財没収、相続人は領外追放、婦女子は親類預かりの厳しい処分を受けた。時に恩田佐吉は76歳、武岸武兵衛61歳、小池藤左衛門39歳であった。文献・資料は、「明和村の記念碑」他がある(PDF)。 

(58) 川俣事件記念碑(平成十一年十二月二十八日 1999)(群馬県明和町)
  足尾銅山は1877年(明治10年)に明治政府が古川市兵衛(後の古川財閥)に払い下げてから開発が進み、銅鉱の生産量が増え、 全国の39%を占め(1885年 明治18年)、この頃から鉱毒が出てきた。 渡良瀬川中下流域は農作物や漁類に甚大な被害を与えた。生活を脅かされた農民たちは、銅山の鉱業停止や補償を求めて再度にわたり大挙上京請願(押出し)を決行。1900(明治33)年2月13日足尾銅山の鉱業に関わる諸問題を解決するために、被害民たちは決死の覚悟で第4回目の東京押出しを決行、これを阻止しようとする憲兵隊・警官隊と衝突した事件が川俣事件である。この事件で負傷し、捕縛された被害民15名が連行され、翌日以降の捜査で総数100余名が逮捕され、うち51名が兇徒聚衆罪(きょうとしゅうしゅうざい 暴徒を集める意)で起訴された。この史実を永遠に風化させないために、川俣事件発生百年を記念して碑が建立された。

(57) 三橋勘重郎(安永八年 1779)(神奈川県茅ヶ崎市香川)
  江戸時代後期。 勘重郎埜の供養碑のほかは記録も無く、詳細は不明で、香川の古老の伝承ということになっている。当時の香川は、本間忠左衛門季賢の知行地で、石高は三四七石二斗六升であった。香川は開村以来水利のきかない土地で雨がなければ収穫皆無もあり、毎年不作が続き、無残な生活に陥った。安永八年(1779)二月に、香川の村人41名が連署で年貢減免の嘆願書を提出。それが聞き届けられず、名主の勘重郎は、単身江戸に赴き、強訴に及んだ。その結果、願いは通ったが、強訴は御法度、勘重郎は、財産没収、死罪になった。寛政五年三月(1793)村中総施主という異例の供養を行い、石塔を建ててねんごろに慰霊の式をあげたのが、今に残る供養塔の由来とされている。なお、参考文献として、「香川のあゆみ 香川自治会 1978」「ぶらり散歩 郷土再発見 茅ヶ崎市教育委員会」「茅ヶ崎歴史みてある記 茅ヶ崎市教育委員会 1978」などがある。

 (56) 下田隼人の直訴(万治三年 1660)(神奈川県南足柄市関本)
  江戸時代前期。小田原藩は、本年貢とは別に麦の収穫に新たに年貢をかけてきた。関本の名主惣代の下田隼人は、万治三年(1660)、藩主稲葉正則の行列に直訴。嘆願は聞き届けられて、麦への年貢は中止されたが、隼人はおかみをも恐れない者であるとして、入牢の上、万治三年十二月二十三日死罪。下田家の跡式(あとしき)は、田畑屋敷没収、妻子は追放処分となった。文献として、「改定郷土南足柄歴史を訪ねて」「南足柄市史第6巻」などがある。

(55) 久末村義民による門訴(元禄六年 1693)(神奈川県川崎市高津区久末)
  久末村の地頭佐橋内蔵助佳純は、元石高229石を一挙に100石高めようと重税を課した。このため、久末村の農民は、江戸の地頭宅に門訴を繰り返した。森五兵衛一人が辛うじて帰宅を許されたが、他の19人はみんな毒殺された。しかし、地頭の佐橋も急死、増石は取り下げられた。53年後の延享三年(1746)、村人は殺された義民供養のためにお堂を建立。文献として、「川崎物語集巻六」(川崎市市市民ミュージアム)のなかに、義民地蔵(一、二)(PDF)がある。  

(54) 宮沢賢治の史碑(昭和34年 1969)(岩手県平泉町衣関)
  金色堂建立八百五十年を記念し昭和三十四年に建てられたもの。

(bT3) 加助騒動(貞享3年 1686)(長野県安曇野市)
 江戸時代前期、松本藩では、年貢は籾で納めた。その籾1俵(5斗入れ)を玄米に挽いたとき、玄米が二斗五升になる入れ方を二斗五升挽きといった。松本藩は三斗挽きだった。貞享三年には、それを三斗四、五升に増税しようとした。もともと年貢は、六公四民の重税であった。さらに、当時の稲は、のぎ(芒)が10cmもある品種だったので、農民はこれを取り除くのにかなりの重労働を強いられたが、松本藩はこれを取り除いて俵に詰めることを命じた。農民たちはこれらの項目を強訴。のぎ取り作業の軽減と二斗五升の年貢などだった。当時藩主の水野忠直は江戸であったが、重臣は、農民たちの要求を無視して、徒党・強訴禁止の幕府法令を強行して農民たちを磔・獄門にした。磔にされたのは加助以下8人、獄門はしゅん(女 16歳)以下20人を数えた。事件から四十年後、水野家は藩主乱心のため改易された。地元三郷町では、これらを義民として貞享義民記念館を建てた『義民かわら版』(第21号)で『多田嘉助の歌』が紹介されている。(PDF)

(52) 東京・上野公園にある3つの戦争・平和の碑(東京都台東区上野公園)
  @慰霊碑 哀しみの東京大空襲(上野公園18番)現龍院墓地入口にある。(上野公園の外にある)A時忘れじの塔(上野公園内)B「広島・長崎の火」(上野公園内の上野東照宮境内にある) 。参考資料は「東京の戦争遺跡」F(「赤旗07年8月24日付 「東京のページ」)

(bT1) 寛延三義民(寛延二年 1749)(福島県伊達市)
 
寛延二年は大旱魃による凶作であったが、信夫・伊達両郡の幕府領を管掌する桑折代官の年貢取立ては厳しく、検見のすえ二分五厘の増免、年内の皆済を命じたため、村方の困窮は頂点に達した。農民等の要求は、年貢の三ヵ年延納、十か年賦の代金納、当年年貢の皆石代などで、願いが通らない場合は江戸への出訴も辞さない構えであった。代官所は、騒動の頭取と発頭の詮議を行い、翌寛延三年彦内は獄門のうえ家財闕所、源七と半左衛門は死罪切捨てなどであった。この結果、年貢は減免・石代納五か年賦、一年に四度の分納となった。

(50) 沖縄・宮古島の戦争の碑(宮古島市)
  @神風特別攻撃隊第3次竜虎隊の碑A鎮魂の詩(作詞 瀬戸尚子B豊旗の塔B「この地に永遠の平和を亡き人をまつるがごとく亡き人も世にある人をまもりたまわん」(平成二年九月吉日)。これらの碑は、 宮古島市営陸上競技場の東の嶺((宮古島市平良字東仲宗根968−1)にある。

(49) 照山修理(寛永18年 1641)(茨城県日立市)
江戸時代前期の寛永十八年(1641)、水戸徳川家は増税のための農地の測量し直しをはかった。金沢村庄屋の照山修理は、土地高燥にして田圃が少ないため農民の生活が苦しくこれ以上の増税には耐え難いため、藩に対しその困窮を再三懇願したが、藩の役人は聞き入れず、修理の一家(修理、弟主税、次男新次郎)を現在の塙山小学校の裏手の山で処刑した。明治28年(1896)年、顕彰碑が建立された。日立市金沢の長福寺(日立市金沢2‐18‐8)にある。

(48) 大小切騒動騒動(明治5年 1872)(山梨県甲州市)
  大小切(だいしょうぎり)騒動とは、武田信玄以来甲州だけで用いられていた大小切税法を、明治新政府が税制統一のため廃止しようとしたことが発端で、これに反対する山梨・八代(やつしろ)・巨摩(こま)三郡の農民が反対して起こした騒動である。米産が少なく商品生産が多い三郡に適していた。明治新政府は、全国の種々の税法を改めて、近代国家建設に必要な財源を得るために税法の改正に着手した。三郡の農民は、大小切税法の廃止は増税につながるものとして、集会を開いたり、県庁へ押しかけて嘆願を繰り返した。この騒ぎで処罰されたものは3772名に及び、小屋敷村小沢留兵衛(るべえ)、松本村島田富十郎の両名は、11月10日に指揮者としての責を問われ死刑となった。
 明治22年、明治憲法発布大赦により両名ともその罪が許され、同25年4月、関係者、遺族の手により小屋敷村小沢留兵衛、松本村島田富十郎の両名を義民と称える「殉難の碑」が建立された。島田富十郎の墓は大蔵経寺にもある。

(47) 憲法9条の碑(2004年11月3日)(沖縄県石垣市)
 「『「憲法9条の碑』設置石垣市民の会」によって設置された。設置場所は石垣市の新栄公園(新栄町3番地)内にある。

(46) 御厨一揆(天明三年 1783)(静岡県御殿場市)
天明二年(1782)7月14・15日の地震は小田原地震と呼ばれ推定マグニチュード7・3で、小田原藩領の地域に大きな影響が見られた。続いて8、9月に台風が吹き荒れ、大不作で農民の中には破産に陥るものが現れた。しかも破壊された道路の改良に駆り出されたのは農民であった。藩の財政は家臣への俸禄米をはじめ江戸屋敷からの請求までが直接領民への年貢米で賄われていた。しかもこの頃の幕府政治は、老中田沼意次の時代(安永元〜天明六)に当っていて、商業重視の政策が進行し、幕府が直轄地から収納する年貢は宝暦年間を過ぎる頃からいっこうに増加せず、そのうえ米価が下落して、他の物価が上昇する傾向があり、各藩とも財政の窮迫が重要な問題となりつつあった。このような状況の中で、農民は年貢減免(6割を免除)願いを提出したが、藩の回答は、遠く及ばない1割の減免に過ぎなかった。農民が直訴に出たが、藩は幕府の一揆禁止令をタテに一揆の吟味を行い、天明4年(1784)8月、判決が下された。萩原村の久右衛門は死罪、新橋村の常右衛門が永牢、その他9人の百姓が村払いに処せられた。

(45) 伏見義民一揆(天明5年 1785)(京都市伏見区)
  江戸時代の伏見は、京都・大坂をつなぐ交通の要衝であった。したがって役得の多い伏見奉行は就職希望者が多かった。田沼意次と密接な関係にあった伏見奉行小堀政方(まさみち)は、着任早々いくつかの善政を行ったが、たちまち公私混合をして贅沢な限りを尽くした。着船や船客から石銭という形でお金の徴収を許されていたが、この石銭さえ伏見奉行所が取り上げた。人足の組頭や町年寄りが取りやめのお願いをしたが、逆に騒動の首謀者として召し取り、弾圧を行った。そこで、町年寄りの文殊九助、丸屋九兵衛、麹屋伝兵衛らは死を覚悟で江戸へ直訴を企てた。天明5年(1785)9月16日、直訴は成功。伏見奉行小堀政方は領地没収、その子は改易となった。文殊九助、丸屋九兵衛は江戸で世を去った。参考文献・資料:「伏見義民顕彰に関する趣意書」(伏見義民顕彰会)‐PDF)
  なお、義民のリーダーは文殊九助でなく丸屋九兵衛であったとしている。(義民の子孫‐石橋昇三郎氏)‐PDF

(44) 真忠組騒動(文久3年 1863)(千葉県九十九里町)
 地元では、「大村屋騒動」とも呼ばれている。文久2〜3年(1862〜3)、九十九里浜全域で起った。「真忠組」は、いわゆる維新の志士たちの思想原理とは根本から違っていた。倒幕をめざしたが、武士階級の廃絶を考え、市民平等、全隊員千余名に「姓」を付けさせて武士も町民も農民も漁民も一切差別を認めなかった。裁判を民衆の面前で開き悪徳者に懲罰を加えた。大口軍資金の借り入れに際し個人名で借用書を出した。触書を出して救民運動に協力を求めて、大きな運動の発展を計画していた。そこに短い期間であったが「政権」らしきものが存在していた。規律が厳正に守られていた。などであった。しかし、江戸から送られた幕府の討伐軍によって壊滅されられた。参考文献として、小説「九十九里反乱」(林清継著 東邦出版社)(なお、同小説に対する[あとがき」及び各紙の書評、同氏への紹介文献がある-PDF)、「九十九里町町誌」(各論編 上巻)に「真忠組騒動」(PDF)及び「真忠組浪士 楠音次郎・三浦帯刀の墓(PDF)などがある。

(bS3) 松木庄左衛門(承応元年 1651)(福井県若狭町)
 小浜藩領の畑作地帯では米の代わりに大豆で年貢を納入する制度があった。京極氏が藩主であった江戸初期に大豆年貢が一俵四斗入りから四斗五升入りに増税された。寛永17年(1640)10月、252村の庄屋が嘆願したが、藩は受け入れず、その後もたびたび嘆願し続けたが、9年後の慶安元年(1648)春、代表20余名が逮捕された。藩の威嚇と懐柔によって脱落者がでた。慶安4年(1651)には新道村庄屋松木庄左衛門ただ一人になってしまったが4年間の入牢にも屈せず要求をし続けた。藩は遂に軽減を認め、同時に松木庄左衛門は承応元年(1652)5月16日磔刑に処せられた。28歳であった。長操は法名。松木庄左衛門のPDF。

(42) 万石騒動(正徳元年 1711)(千葉県館山市)
  正徳元年(1711)北条藩屋代氏の領内で、藩の用人川井藤左衛門を訴えた万石騒動がおこった。
 藤左衛門は灌漑用水を引き、米の収穫の増加をはかるなど財政の立て直しをはかったが、その諸改革は早急極端にすぎ、農民を無賃で使役し年貢の莫大な増徴をはかるなどしたため、ついに一揆にまで発展した。農民は幕府に越訴した結果勝訴したが、その間国分村長次郎・薗村五左衛門、湊村角左衛門の三名主が処刑され、一方、用人川井とその倅定八は討首、藩主の屋代越中守忠位は家臣に対する不取締りと家臣の不法により、改易逼塞に処せられるべきところ、先祖の勲功により、下屋敷と香奠料として蔵米3,000俵を支給され、寄合に列せられた。三人の
供養塔が国分寺の境内に建てられている。彼等は三義民と呼ばれてたたえられ、年忌法要が続けられている。解説「百姓一揆事典」(民衆社)。 なお、小中学生にもわかるように著した児童文学書「安房の華」(渡邉冨美子作)がある。

(41) 南山一揆(安政6年 1859)(長野県飯田市)
  南山(みなみやま)騒動とも言う。
南山一揆は周到に準備され、1人の犠牲者(死者)も出さず要求を実現した点で意義は大きい。南山郷36カ村(現在の飯田市龍江、千代、上久堅(かみひさかた)の一部と泰阜(やすおか)村はそれまで天領であったが、弘化3年(1846)奥州白川藩(福島県)の飛び領地になった。陣屋を上市田(かみいちだ)村(高森町)原町において支配した。天領時代は、年貢は金納で、年貢石代相場(こくだいそうば)も天領相場で安く決められていた。当初はそれが踏襲されていたが、奉行が務川忠兵衛になると(嘉永元年 1848)、「3年間を原町相場の金納にし、それ以後は米納にする」と申し渡した。これはそれまでの年貢よりはずっと重くなるものであった。これに対して農民は天領相場に戻すように嘆願書を出したが、務川は惣代を入牢などの処分にした。そこで今田村の猪兵衛らは一揆への準備を進めることを申し合わせた。猪兵衛は一揆の研究をして、百姓を立ち上がらせるために佐倉惣五郎の話を語り歩いた。今田村の順左衛門(医師)は頭取となって働いた。12月27日夜12時頃、今田村の天竜川の渡船場に集まった農民は1616人に達した。一揆の頭取には、順左衛門、米川村の伴助など4人がなった。天竜川を渡り、市田の陣屋をめざしたが、途中飯田藩に入り、飯田藩の役人に阻止され八幡原(飯田市)まで押し返された。ここでの談判が飯田藩の仲介で行われた。奉行の務川に対する伴助などの追求は鋭く、年貢を天領と同じ相場での石代金納にすることを百姓に約束せざるを得なかった。務川は御役御免となった。安い金納になって利益を得たのは地主たちだけで、小前百姓は小作人が多く、ほとんど恩恵がなく、伴助らは小作料も同じ金納を要求した。地主たちの通報によって伴助は捕らえられ永牢となったが、明治3年(1870年)開放された。南山一揆は年貢軽減の要求は通したが、農民側に分裂が生じて富農層と小前層の争いに発展していった。参考文献:平沢清人「百姓一揆の展開」「天竜川のかがり火」他。

(bS0) 最首杢右衛門(寛延3年 1750)(千葉県いすみ市)
 寛延3年(1750)秋 上総の国夷隅郡大多喜藩領門訴(「百姓一揆事典」民衆社)という。
  領主の阿部正甫(まさはる)が駿府在番を命じられたため、御用金400両を差し出すよう村々に申し渡した。百姓は半額は借りて差し出せるが、残りは用捨して欲しいと願い出たが、地頭は不届きであるとして却って増税を課すなどした。杢右衛門は、嘉(か)谷(や)・押(おし)日(び)(岬町、浜(御宿町)、小池・深堀(大原町)の5カ村の代表となり、この苛性に一人江戸屋敷に減額を江戸屋敷に願い出た(門訴)。このため杢右衛門は、寛延3年(1750)12月23日に江戸屋敷において斬罪となり、家内闕所(没収)となった。享年41歳であった。阿部正甫は格下げとなった。5カ村の農民は、深く杢右衛門の不措(ふしゃく)身命(しんみょう)の義心に感銘し、菩提寺である新田(にった)村の坂(ばん)水寺(すいじ)に供養碑を建てて弔った。現在大原町有形文化財に指定されている。 「赤旗」(07年3月15日付)でも報道。

(39) 真土(しんど)騒動(明治11年 1878)(神奈川県平塚市)
  神奈川県大住郡真土村質地返還殺害・放火騒動(真土騒動・松木騒動)という。
  戸長の松木長右衛門ら7人を明治11年(1878)10月26日の深夜、真土村の農民、冠弥右衛門・伊藤音五郎ら20数名が殺害、4人に重軽傷を負わせ、屋敷を焼き払った事件である。明治8年になると地租改正が着手され、その過程で、65人の田畑山林約253haの地券が松木名義に書き換えられていたことが判明。農民は土地の返還を強く要求したが受け入れず、明治9年11月、農民は横浜裁判所に出訴し、第一審は勝訴したが、東京上等裁判所では逆転敗訴となった。農民側は、裁判費用が続かず、司法省に直訴したが取り上げられなかった。松木家は貸金取立てと訴訟費用の支払いを迫った。横浜裁判所は、明治13年5月、討ち入った26人のうち、冠・伊藤ら4名を斬罪、8人に懲役10年、14人に懲役3年を宣告。127村の戸長や村惣代など約1万五千人の連名歎願書を神奈川県令野村靖宛に提出。野村も、助命減刑のため奔走。6月ついに減刑、死罪の4人は無期懲役となった。明治23年の憲法発布に際し、恩赦により全員放免。なお、昭和41年(1966)事件双方の子孫らが慰霊と歴史的な和解を込めた記念碑を真土公民館(旧松木家跡地)に建てた。  

(38) 忍足左内( 明和8年 1771)(千葉県南房総市)
  明和5年(1768)〜7年(1770)にかけては、大旱魃で稲が実らず、酒井大和守領内の4か村は山田の多い土地柄で特に被害が大きく、しかも悪政による重税のため、村民の苦しみは想像を絶するものがあった。金尾谷村(今の福澤)の名主左内は、3村の名主と共に勝山陣屋に村民の疲弊を訴えたが、藩政を委(まか)かされていた御国(おくに)奉行(ぶぎょう)と代官に聞き入れられず、そのため農民の代表18名は江戸屋敷へ門訴を企てた。左内は、直訴は法の禁ずるところであると農民を戒め、自ら江戸屋敷に赴き、村民の窮状と奉行、代官の不正横暴を訴えた。奉行は左内の越訴を憎み、悪政の露見することを恐れ、帰村した左内を捕らえて勝山の獄に投じ、藩主の命と偽り、明和8年(1771)11月29日白塚川原で処刑し、家財を没収した。時に左内は44歳だった。忍足左内殉難の碑は南房総市福澤にある。

(37) 鈴木三太夫(貞享元年 1684)(神奈川県海老名市)
  海老名郷大谷(おおや)村は、幕府直轄地で、水田と肥沃な畑、平地林も多く、村民は富裕であったが、延宝2年(1674)、町野壱岐守幸宣が領主となって以後年貢の取立てが厳しく、農民の生活はだんだん苦しくなった。その子幸重の代には加徴(かちょう)は更に重く、打ち続く凶作に苦しむ百姓から情け容赦もなく米を取り上げ、領民は草の根や木の皮で飢えをしのぐ有様。老人や子供はばたばた死んでいった。大谷村名主の鈴木三左衛門(三太夫は諱号(いみなごう))は、度々領主に農民の苦しさを訴え、年貢の取立てを待って貰いたいと嘆願したが、却って年貢の納められない者は入牢を食った。万策尽きた名主は強訴(ごうそ)を計画。しかし密告者のために事前に捕らえられ、幼い二人の子供と共に、貞享元年(1684)4月27日、刑場で斬首された。妻は自害。菩提寺妙常寺の住職は父子三人の遺体を寺内の墓地に厚く葬った。一方、領主幸重は領民を苦しめた罪で領地を没収され家名は断絶。昭和13年、大谷の有志によって屋敷跡の地に碑を建て、更に昭和27年には霊堂を建て、彼の義挙を後世に伝わるように碑を建てた。

(36) 御門訴事件(明治元年 1870)(東京都武蔵野市)
 御門訴事件とは、明治3年(1870)、その前年に品川県から布達された社倉制度(飢饉に備えるための貯穀制度)に反対した旧関前村新田を含む武蔵野12か新田の農民たちが品川県庁へ門訴したもので、この事件は、当市域における維新直後の農民闘争として、まことに意義深いものがある。記念碑は武蔵野市(八幡町3‐8‐1)にある。なお、指導者の井口氏の子孫(第20代)がどう記念碑のとなりに住んでいる。

(35) 義民・田村杢之助(明和2年 1765)3月(埼玉県神川町)
 
明和元年(1764)、幕府は中山道の交通量増大を理由に、沿道の村々に増助郷(使役の拡大・強化)を指示した。農民たちは12月16日、十条河原(現美里町)に集まった。江戸時代、最大規模の農民行動といわれる「伝馬騒動(明和の大一揆)」の発端である。植竹村(当時)に住み、実直な農民の70歳の田村杢之助翁は、師走、寒風の中の協議は終日続いたが結論を見ず、焦燥の色も濃くなった時、立ち上がって、「責任は70歳の俺がとる。集団で幕府に訴えでて、増助郷を取りやめてもらう以外に、俺たち百姓の生きる道はない。」と大声で叫び、大集団の行動を方向づけたのであった。しかし、翁は1月24日逮捕、2月2日入牢、3月始め牢死。酷寒の牢内で、何があったのか、その事実を知る由もないが、翁は自らの言動に誇りを持ち、従容として死を迎えたであろう。顕彰碑は神川町長慶寺(植竹577)境内にある。

(34) 義民・遠藤兵内(明和3年 1766)3月(埼玉県美里町)
  明和元(1764)年に、武蔵上野下野信濃の中仙道を中心とした一帯に傳馬騒動という百姓一揆が起った。中山道を通行する人馬がふえて、これまでの助郷の村数では不足するようになり、幕府は明和2年の春、日光における東照宮家康の百五十回忌の法要を理由に中仙道日光道中筋の村々十里四方に助郷の指名を行い、高百石につき人足6人馬三疋遠路の村々は金6両を負担するよう村々に命令した。その上、新しい将軍にお祝を述べに来た朝鮮人の接待費用として高百石につき金3両1分2朱という非常に高い税金を課した。今の秩父児玉大里多野佐渡新田郡の村々の農民一万8000余人が年の暮れに十条河原に集まり、幕府に助郷拡大を取止めて貰うよう本庄から上野信濃方面の農民は江戸に向った。幕府は関東郡代伊奈平左衛門に取り纏めを命令。伊奈は助郷を拡げることを中止した。農民達は、この事件の資金元となっていた村役人や高利貸しの家を方端から打ちこわした。この騒動に参加した農民は約20万人といわれる。指導者兵内は明和3年2月獄門の刑に処せられた。41歳であった。碑と宝筐印塔は美里町関768-1付近にある。

(33) 堀越三右衛門・三木市右衛門(寛文7年 1667)10月(群馬県吉井町)
 江戸幕府4代将軍家綱の寛文年間、凶作が続いて村民の困窮は甚だしかった。時の地頭倉橋内匠は、苛酷なる重税を取立て特に小串(おぐし)・黒熊・白石・三ツ木の4ヶ村がその極に達していた。緑埜(みどの)村の名主堀越三右衛門は、この窮状を救うべく地頭所に減租を哀願したが聞く耳を持たずますます重税を課せられた。三右衛門は、死をもってこの危難を救おうと妻子に別れを告げ、江戸の幕府へ直訴。彼は捕らえられ、小串松原において磔の刑に処せられた。更に一族の根をも絶たんとして幼児を捕らえ、長男は村人にかくまわれて難をのがれたが、次男三男は3日後に斬殺された。地頭倉橋は少しも反省の色もなく増税を加えたため、黒熊村の三木市右衛門は、三右衛門の志を継ぎまた直訴を企てたが探知されて獄舎に繋がれること8年、遂に国払いの刑に処せられた。元禄12年12月23日没と伝えられる。2人の犠牲によって、寛文8年倉橋内匠は改易。村人は三右衛門が処刑された跡に、この両義民の霊を弔うため4ヶ村及び近郷の人々の力によって光心寺が建立された。それ以後毎年3月に法要が行われている。藤岡市も市政50周年でたたえている。また、「義民・堀越三右衛門、三木市右衛門遺徳顕彰会」が1989年2月26日発足。顕彰碑の除幕式が4月29日行われた。 

(32) 池田三郎左衛門(慶長16年 1611)11月(千葉県木更津市)
  慶長の頃田川村は直轄領で 、慶長14年(1609)、代官小川新九郎は、新たに田畑測量を行い地租を増額した。取立ては厳しく、その年の収穫物を全部出しても租税に足らず農民の嘆きは大きかった。 庄屋の三郎左衛門は大いに憤慨し、代官に窮状を述べその苛政を緩めるよう数回訴えでた。単身江戸の幕府に訴え、上訴すること数度、更に書面で十数回哀訴した。この間3年を費やしたがいささかも止めなかった。その結果、幕府は2人の役人を田川村に派遣、田畑の実測を行った。代官の測量の不当が判明。代官は遠島。しかし、幕府はこの間の三郎左衛門の行為は強訴であり、上役を無視したものとして、名籍を廃絶、所有の土地9町8反余を没収、死罪を申し渡した。これより先、幕府は罪を再審、死刑に該当せずとして死刑執行停止の死者を出したが、時既に遅く刑の執行後であった。歳わずか23歳であった。老母(60有余歳)は記念として三郎左衛門の木像を刻み、村民は十王堂を建ててそこに「おびんずるさま」と称して祀った。田川神明神社境内に碑がある。十王堂の中に『木更津の百姓一揆」『木更津市史富来田編』の説明文が保存されている。

(31) 岩野平左衛門( 延宝8年 1680)10月(千葉県富津市)
  江戸時代中期、延宝のころ、百首村(ひゃくしゅむら)(現富津市竹岡)を知行していた旗本の秋元隼人正時朝が、重税を取り立てたので、村民は大変困窮した。時の名主平左衛門は、敢然とこれに抗議したが、この行為が掟に触れるものとして、延宝8年(1680)10月30日に処刑された。特に47歳。碑は富津市指定史跡として松翁院にある。

(30) 諸岡太左衛門(天明6年 1783)1月(千葉県富津市)
  明和7年(1770)以来、金谷村は旗本白須甲斐守の知行地であったが、下役人等が領民に対し権力を欲しいままにし、殊に天明3年(1783)からは金谷村だけでなく世間一般が困窮にあったにもかかわらず、天明4年には年貢8石増を命じ、同5年3月には「鎌止め」「鉈止め」令で鋸山において燃料の粗枝の伐採をも禁じ村民の生活を脅かした。太左衛門は金谷字岡台に生まれ農民であったが、村民の苦労を見るにしのびず、名主に代わり江戸の白須甲斐守に直訴。その結果、鋸山の雑木林は村民の共有林に取り戻すことができた。しかし、太左衛門は強訴でお上を侮辱したとして入牢、獄死(享年45歳)。碑は富津市指定史跡として華蔵院(金谷2413)にある。華蔵院も諸岡太左衛門の文書を配布している。

(29) 生板の3義人 (文化14年 1817)10月(茨城県河内町)
  この年はこの地域一帯が凶作に見舞われ、年貢減免を願い出たが、聞き入れられず、かえって翌年分とあわせて年貢納入を命ぜられた。この代官吉岡次郎右衛門の苛酷な要求に対し、万平、市左衛門、与五右衛門ら生板村など8か村(天領)農民436名は代官の非道を江戸の代官邸に門訴。万平らはさらに勘定奉行所に訴えでて、ついに小伝馬町の牢に繋がれた。万平、市左衛門、与五右衛門は厳しい吟味を受け、その年の暮れから翌年正月にかけて3人とも獄死。4年後代官は解任され年貢は軽減された。近隣農民は3義人の霊を供養し、文政6年(1823)法華塔を建立した。河内町もこれを町の文化財第一号に指定している。河内町のホームページに載せている。事件の詳細はpdf

(28) 土平治騒動(天明7年 1787年)12月(神奈川県藤野町
 
12月22日夜、津久井郡上川尻村(城山町)久保沢の酒屋が打ち壊された。これが土平治騒動の始まりである。頭取牧野村専蔵(土平治)の主導による。当時幕府は酒造3分の1制限令を出したが、代官江川太郎左衛門は津久井地方に全面禁止を通達。しかし密造は後を絶たず、米価高騰・米不足の元凶は上方からの酒造人の移入にあるとして打ちこわしが行われた。同時期に酒造制限令をめぐる一揆が出羽・播磨・丹波にも起きている。

(bQ7) 津(藤堂)藩寛政一揆(寛政8年 1796年)12月〈三重県津市)
 「寛政の一揆」とは、1796(寛政8)年12月26日〜29日に起こった津<藤堂>藩の大一揆のこと。一志郡の南西山間部(現津市白山町や榊原町)の農民たちが蜂起し、安濃・奄芸郡(現津市美里町・安濃町・芸濃町など)の農民も集結した。参加総数は3万人と言われ、近世期の三重県域では最大の一揆であったらしい。一揆の原因は津藩の諸改革にあり、菓木の植え付け、常廻目付設置、均田政策などを強行し、藩の財政を立て直そうとした。特に均田政策は、津藩伊勢領293か村のうち年貢納入不足の38か村の田畑を平均して分配し直すというもので、今まで苦労して田地を手に入れた農民たちが強く反対した。最終的に農民側の要求が受け入れられ、藩の諸改革は中止となった。郡奉行は知行・屋敷取り上げ、蟄居処分、そして、一揆に参加した多くの農民に処罰はなかったが、中心者20人ほどが処罰の対象となり、指導者3人は2年後の寛政10年12月19日に安濃川河原で斬首の刑に処せられた。角川書店「日本史辞典」は『安濃津地割騒動あのつじわりそうどう』と書いている。史跡などは、海泉寺、善性寺などにある。

(26) 増田五郎右衛門(文化13年 1816年)〈静岡県藤枝市)
  田中藩の貢租は、石高に対して課税率6割3分という高率だった。凶作の年は、検見(けみ 米の取り入れ前にする田の検分)をして実情に即して税率を下げて農民の負担を軽くするのが例であった。文化13年の秋は凶作がはなはだしかったが、藩は百姓の嘆願に耳を傾けなかった。農民たちは長楽寺村の天神山に集まって気勢を上げた。細島村の庄屋であった五郎右衛門は農民が暴挙に出ないように八方説いてまわり、単身城中に入って藩主本多正意に直訴した。3割の減免を勝ち取った。彼はその責任を取って、源昌寺原の獄につながれ、3年間の牢獄生活を送り、文政元年〈1818年)6月28日、打ち首となって最期を遂げた。長楽寺〈地域)と源昌寺にその碑がある。

(25) 加茂(かも)一揆(天保7年 1836年)9月〈愛知県豊田市〉
  九久平(くぎゅうだいら)村(現豊田市)周辺247町村の農民1万3000人以上が加わり、挙母城下に押し出して、年貢や諸物価の引き下げのために起こした一揆である。農民1万人以上が加わった三河地方最大の農民闘争だといわれている。松平辰蔵が一揆の頭取として担がれた。辰蔵を頭取として農民60余人が集まって一揆の蜂起を告げたという滝脇石御堂がある。

(24) 飯野八兵衛一揆(宝暦2年 1752年)12月〈愛知県豊田市)
  挙母(ころも)領内の飯野(藤岡飯野町)・迫(はさま)町・四郷(しごう)・舞木(まいぎ)町の領民1241人のうち305人を引き連れて、藩の課税課役に抗し、山本八兵衛を先頭に江戸挙母藩へ向かい、 城主に直々に訴え出た。嘆願は、税貢租軽減として実現を見た。当時は、直訴は大罪で代表者のうち、6名は、挙母(ころも)城で刑場の露と消えた。 四郷村は挙母城下北部の中心で多くの人々がこの訴えに加わり、村全体の苦難を一身に受けた代表の小栗紋右衛門、山田林右衛門の両名は尊い犠牲となった。史跡は四郷町・雲龍寺、藤岡飯野町の林宗寺及び秋葉神社にある。

(23) 川越藩農兵反対一揆(慶応2年 1866年)7月〈埼玉県川越市〉
 慶応2年(1866)6月、秩父郡上名栗村の農民が生活に困って立ち上がった一揆(武州世直し一揆)は、武蔵・上野2カ国に広がる大一揆となった。農民たちは「世直し」をかかげて約1週間にわたり各地の商人、豪農、村役人宅などを次々に打ち壊して歩いた。川越では、一揆勢が城下へ侵入しようとしたが藩兵に阻まれ、城下への混乱は無かったが、時の領主に大きな衝撃を与えた。武力の弱体化を思い知らされた川越藩では一揆直後の慶応2年(1866)7月、領内の村々に農兵の取立てを命じた。これは一揆鎮圧に活躍した農兵に着目し、藩の兵力強化を狙いとしていた。これに対して砂久保村などの18か村の農民たちは根強く反対した。反対運動は村役人の嘆願から農民たちの嘆願運動になり、さらには江戸藩邸への直訴へと発展していった。その結果、川越藩の農兵取立ては失敗に終わり、以後農兵取立ては行われなかった。   

(22) 犬目の兵助(天保7年 1836年)〈山梨県上野原市〉
 甲州一揆(天保7年 1836年)の指導者。下和田村(大月市)の武七(73歳)と犬目村(上野原市)の兵助(40歳)が頭領となり、郡内42ヶ村の困窮農民が起こした百姓一揆。犬目の兵助は、妻に『離縁状』を置いて逃亡した。また、日記もつけて、逃亡経路などもわかる。逃亡先で、そろばん、算術、文字などを教えているが、今で言う平方根や立方根を教えている。なかなかの教養人である。晩年は郷里の犬目村に帰り、潜伏して、慶応3年(1867)71歳で亡くなった。現在子孫は6代目。
 

(21) 困民党首領塩野倉之助の碑1884年(明治17年)〈八王子市〉と困民党碑〈同市子安神社〉
  八王子市の安養寺(犬目町1084)にある。 秩父困民党の蜂起は1884年(明治17年)11月1日。この年の7〜8月頃、武蔵・相模の農民たちは「負債消却の方法を議し、債主へ示談をとげん」として、連日のように各地で終結し気勢をあげた。武相困民党である。その中で、下川口村の豪農塩野倉之助も、借金に苦しむ農民たちを救おうと神奈川県県令に上願書を出したり、農民の代理人になって利息値下げの交渉などに当たった。そこで警察に狙われ、多くの同氏と共に捕らえられ、6年半も牢につながれた。また、子安神社(中野山王2‐13‐1)には、困民党之碑がある。

(20) 南部三閉伊一揆1847、1853年(弘化4年、嘉永6年)〈岩手県田野畑村〉
  「ペリー提督の黒船に人の注意が奪われている時期に、東北の一隅で、もしかすると黒船以上に大きな事件が起っていた。かなり長期間にわたって、外部に対して事実を伏せていたので、地方的の事件でもあり、一般に知られずにいた。これは南部領の農民が3万人に近い大人数で、田畑を捨て集団となって雪崩のように領内を横断し、隣国の仙台領に入って保護を求めた事件であった。」(「天皇の世紀」(1)黒船渡来ー大佛次郎著) これをPDFで紹介する。 一揆の内容については以下に詳しい@田野畑村のHP 。参考文献:「三閉伊一揆手引書」(牛山靖夫編)

(bP9) 羽村天明義挙1784年(天明4年)〈東京都羽村市〉
  多摩、入間地方が、水田が乏しく、ほとんど畑作地帯であり、江戸時代の中期以降、農村で生産物が商品化される割合がますます高まり、これを買い取る豪農や豪商が台頭、地方の経済的な支配力を強めてきた。畑作地帯で生産力を高めようとすれば、自給の肥料ではまかないきれずぬかを大量に購入しなければならない。購入肥料としてのぬかは肥料商と雑穀商をかねた豪農商から前借する。農民が借り受ける肥料の価格は高く、一方雑穀類は低い価格で引き取られ、ここに豪農商と農民の経済的格差、階層分化が著しく進み、豪農商は益々巨大化し、逆に農民は貧農化し、離村せざるを得なくなるという社会経済状況があった。飢饉によって一揆が発生し、豪農商が農民の打ちこわしの目標になった。一揆から110年後の1894年(明治27年)、西多摩村の有志と、一揆犠牲者の子孫たちが一揆を永遠に記念するために「豊饒の碑ほうじょうのひ」(ゆたかにみのるの意)を建立した。一揆犠牲者「九士」を「義挙」とたたえた。

(bP8) 牛久助郷一揆〈茨城県阿見町〉
 助郷制度が確立されたのは、諸大名の参勤交代などで交通量が増えてからのことであった。元禄七年(1694年)品川宿に定助郷十六カ村、大助郷三十八カ村が指定された。宿駅常備の人手や馬で足りなくなると定助郷にお触れを出して応援を頼み、それでも不足の場合や大名行列が通るときに大助郷を頼んだ。 交通量は増える一方で、正徳二年(1712年)には五十八カ村が助郷に指定された。その範囲は阿佐布(麻布)町や中渋谷村・下渋谷村までに及び、三田村・上目黒村・碑文谷村も初めて助郷に加えられた。助郷役には報酬として賃銭が支払われたが通常賃銭の半分くらいにしかならず、遠い村から往復に一日二日かかってもその分は無償であった。また、幕府公用の旅行者は農繁期に多く、村では助郷役に差し出す農民が間に合わずに代わりに金銭を差し出すこともあって、村の財政は圧迫された。島崎藤村の「夜明け前」でも、その問題点が各所で記述されている。

(17) 郡上一揆(宝暦郡上一揆)〈岐阜県郡上市〉
  1754年(宝暦4、江戸時代中期)、郡上藩による年貢増徴のための検見法強行に反対して、農民たちは傘(からかさ)連判状で団結し、幕府への駕篭訴・箱訴の決行など、5年にわたり粘り強く闘いを続けた。その結果、農民は死刑14人(うち獄門4人)、裁判中牢死19人、追放数は100人近くにのぼり、多数の犠牲者が出た。同時に、幕閣の免職、藩主の改易など、武士階級にも類例のない厳しいものであった。その意味で、江戸時代3200件もの一揆の中で、代表的なものとされているようである。郡上踊りの中に、ヤッチクがあるが、「郡上義民伝」である。
   

(16) 磔茂左衛門寛永十一年〜天和二年 1634頃〜1682年)〈群馬県水上町〉
  茂左衛門は(群馬県)月夜野(現 水上町)の出生で、時の城主真田伊賀守の施政に義憤を感じ沼田領177ヶ村領民の為に一身を犠牲にして磔柱上の露と消えた義人である。真田伊賀守は、1657年(明暦3)多年の願望であった沼田城主5代目となったが、本家信州松代10万石に対抗して城の改築や諸工事に大金をかけ財政窮乏を招いた。その立て直しの為、無理な検地を行い従来の3万石の取り前を14万石にしてしまった。その為歳入の増加を図るべく川役、山手役、井戸役等、遂には婚礼にまで課税するに至った。滞納するものがあれば、家内を探索し、尚不足であれば人質をとり、或いは水牢に入れる等、代官をして苛酷な処分を行い、領民に泣かざる者は無かったと言われている。茂左衛門は沼田領民の苦しむ様子を見てわが身を省みず将軍に直訴、1681年(天和元)真田伊賀守は領地召し上げ、沼田城は破却となった。直訴後捕らえられ処刑された茂左衛門供養の為、千日堂(嶽林寺飛び地境内)が建てられた。茂左衛門と、共に処刑された妻くに2人の尊牌は嶽林寺位牌堂に祠られている。(「茂左衛門縁起」嶽林寺リーフレットから)

(15) 江戸時代の刑制度
 伝馬町牢屋敷跡と鈴ヶ森、小塚原(こづかっぱら)刑場跡。〈東京都品川区、荒川区〉
  伝馬町牢屋敷跡は地下鉄日比谷線小伝馬町、鈴ヶ森刑場跡は、京浜急行大森海岸、小塚原刑場跡はJR常磐線南千住駅、又は地下鉄日比谷線南千住駅下車が便利。
   江戸時代の刑制度は、武力を独占する武士の支配下だったから刑罰は厳しかった。牢は留置所と刑務所の区別が無く、容疑者や犯人の人権は無に等しかった。牢内は囚人たちの自治ということで、牢名主が権力を振るい、新入りはツル(金)をもっていないとひどい目にあった。斬首は伝馬町牢内の庭で執行された。磔や火刑は江戸市中引き回しうえ、鈴ヶ森や小塚原で行われた。また、獄門は、獄内での打ち首のあと、首だけが鈴ヶ森と小塚原で3日間さらされた。街道筋(鈴ヶ森は東海道に、小塚原は奥州街道に面していた)でこんなことをするのは刑罰が見せしめだったからである。

(14) 大原幽学(1797〜1858)〈滋賀県甲賀市、米原市、名古屋市〉
  「幽学の創意による『先祖株組合』は、まさしく、近代的な生産協同組合であり、同時に、立派な購売協同組合であり、金融協同組合の要素まで持っていたが、一般に世界産業協同組合の祖と信じられている、ドイツのライファンゼンのそれより、数年早く作られている。・・・つぶれる寸前の徳川幕府の支配でどん底に追い込まれ、実際に亡びかけていた、この地方の農業と農民の生活を驚くべき独創力で、根本から立て直そうと努力し立派にそれを成し遂げた。そして、そのために、多くの農民とともに、幕府に捕らえられ、その責任を負って、自殺した」(タカクラ・テル「大原幽学」あとがきより)その他佐藤雅美著「吾、器に過ぎたるか」がある。

(13) 新井宿義民6人衆〈東京都大田区〉
  大田区山王3−22−16の善慶寺にある。1676年(延宝4年)苛酷を極める領主の年貢収奪に耐えかねた新井宿村の農民代表6人が幕府に直訴することを決めたが、事前に領主の察知するところとなり6人は捕らえられて斬首の刑に処せられた。しかしその結果、年貢は半減されたので、6人は義民として当寺境内の墓所に葬られ、毎年2月11日に義民6人衆法要が執り行われている。なお、新井宿義民6人衆顕彰会が作成した「法光山善慶寺と新井宿義民六人衆」「新井宿義民六人衆事蹟」(いずれもPDF)がある。

(12) 石川啄木(1886〜1912年)〈東京都文京区、愛知県犬山市〉
  1908年(明治41)5月、啄木は北海道から上京して、文京区の朝日新聞に校正係として勤務。その間すばらしい創作活動を続けた。大逆事件に遭遇、幸徳秋水等の思想を知り、社会主義の立場に立つようになった。しかし、貧困と病気のため、東京・文京区での生活は4年弱で、わずか26歳の短い一生(1912年4月13日)であった。

(11) 佐倉惣五郎〈千葉県成田市〉
  承応(じょうおう)年間下総佐倉藩の悪政により生活に苦しむ人々を救うため、公津村名主(木内惣五郎)は徳川4代将軍家綱に直訴し、10万の人々の命を救った。しかしその罪により1653年(承応2)、本人(磔)と4人の子ども(斬首)は刑に処された。台方村の名主であった惣五郎は打ち続く凶作と重税に苦しむ農民たちを救おうと、佐倉藩内の名主たちとともに江戸屋敷へ強訴したり、老中に駕籠訴をするなど八方手を尽くして、税の軽減を願ったが聞き入れられず、やむなく将軍への直訴を決意。雪の降りしきる夜、江戸出府のため密かに渡し場へ来た惣五郎を、任侠の渡し守甚兵衛は、禁制を犯して鎖を切り、船を出して惣五郎を送った後、老いて捕らわれの身となって生きながらえるよりはと、凍える印旛沼に身を投じたという。
  なお、2002年は惣五郎の350年忌にあたり350年祭が行われ、12月には「佐倉義民伝」が歌舞伎座で上演され、中村勘九郎などが出演した。
  京成宗吾参道駅から案内板が整備され、宗吾廟堂→宗吾旧宅→甚兵衛渡しまで行ける。徒歩ではかなりきつい。自転車で行くと、国道464号線は自動車の交通量がかなりあり、側道がない部分もある。自転車道の整備を要望したい。

(10) 長野県青木村の義民の碑〈長野県青木村〉
  東信州に位置する青木村は上田市の西どなりである。国道143号線(上田市〜松本市)を走ると「義民の里 青木村」の看板が目に入る。義民に関わる村指定の文化財は17箇所を数える。天和1、享保1、宝暦13、文化1、明治1と江戸後期〜明治に起こった事件である。横山十四男氏(筑波大学助教授)は同村の要請に応えて「青木村に見る義民の伝統」の冊子をまとめた。村は全村民に配布した。

(9) 高野長英(1804〜1850年)〈東京都板橋区、渋谷区、港区北青山3-5、同南青山5‐6‐23〉
  時代を激烈に生きた人。長崎でシーボルトに師事し、オランダ語と医学を学び、「西洋の科学と文化の進歩している」ことをいち早くつかみわが国に広めようと努めた開国の先覚者として忘れてはならない人である。そのため、幕府に徹底的に弾圧を受けた。
  高野長英については、吉村昭、西口克己など多数の作家が感動的に書いている。長英最期の地は港区南青山5‐6‐23青山スパイラル入口に碑がある。交差点表参道を軸にして対称の地に信州善光寺分院があり、そこには勝海舟の撰文による長英の碑がある。

(8) 秩父事件(埼玉県秩父市)
 ●明治政府を揺るがした民衆の怒り
 1884(明治17)年10月31日から11月9日にかけて、埼玉・群馬・長野などの民衆数千人が世直しと負債の延納、雑税の減少などとともに、立憲政体をもとめて蜂起した事件である。
 秩父事件については、秩父事件(井上幸治著)、秩父困民党(井出孫六著)、歴史紀行秩父事件(中沢市朗著)、秩父困民党(西野辰吉著)など多数ある。
 
  1884年の秩父事件から、120年に当たる2004年、映画「草の乱」が製作された。「郡上一揆」の製作で有名な神山征二郎監督が製作し、井上伝蔵を中心にして秩父事件を描かれた。史跡・碑は各地に広くしかも多数ある。

(7) 山本宣治〈京都府宇治市〉
「山宣ひとり孤壘を守る。だが私は淋しくない。背後には大衆が支持してゐるから」
  山宣こと山本宣治の有名な一説は、昭和4(1929)年3月4日、大阪で開かれた農民組合全国大会の演壇からこだました。治安維持法に反対し、厳しい弾圧のなかも大衆運動の先頭を走り続ける代議士の気概である。
  京都二区選出。時に41歳。翌日、右翼のテロに倒れることになる山宣の、それは最後の演説でもあった。山本宣治は宇治市の花屋敷(宇治市宇治塔川20)の近くの善法墓地内の花屋敷山本家之墓に眠っている。
 長野・上田市の別所温泉山本宣治記念碑がある。山宣が暗殺された翌年の1930年、抗議の意を秘めて記念碑をタカクラ・テルの借家(斎藤房雄氏の借家・タカクラテル宅)の庭の一隅に建立した。警察は家主の柏屋別荘の主人斎藤房雄氏に、碑の取り壊しを命じたが、氏は碑を密やかに自宅の庭に埋め、守り通す。戦後、多くの協力を得て1971年10月、碑はこの地に再建された。

(6) 天保義民の碑(滋賀県甲賀市&野洲市)
  天保13年(1842年)10月、江戸幕府の企てた理不尽な「検地」に抗議するため、あえて強訴徒党の禁制を犯す、たぐいまれな大一揆が勃発した。甲賀・野洲・栗太の3郡、300余の村々をつなぐ、実に4万をかぞえる農民大衆の血みどろな抵抗運動であった。農民たちの生産と生活を賭けてのはげしい階級闘争だった。そしてついに検地を挫折させ「10万日延期」を勝ち取り、みごとに強訴徒党の目的を達したのである。封建権力と民衆の知られざるたたかいを描き出している。(参考文献「天保義民」【松好貞夫著】岩波新書) 「緻密な計画と確固たる信念のもと、悲壮な決意を持って決起した民衆の義挙を永く後世に伝え、郷土の永遠の繁栄を願って、この碑を建立する。」 (メモリアルパークの「 天保義民によせて」より) 天保義民の碑などがある現地を訪問した。  

(5) 日牟礼八幡宮掘割風景(滋賀県近江八幡市)
  この掘割は日牟礼八幡宮のところにある。天正13年(1585年)豊臣秀次が八幡城を築城したときに、構築したもので、全長約5km、今日では八幡堀といわれている。八幡の城下町と琵琶湖を結ぶ一大運河であり、大いに賑わい、今も残る堀沿いの土蔵・倉庫群は往時の繁栄を物語っており、その重要性は近江商人の活躍を絶対的なものにしたのである。この掘割こそが近江商人の代表的八幡商人を生み出した源流である。
 また、日牟礼八幡宮の入り口には菓子屋「たねや」もある

(4) 多摩森林科学園(八王子市廿里(とどり)町1833-81)
  この場所は400年以上もの昔、小田原の北条氏が南下してきた武田の軍勢を迎え撃った古戦場。江戸時代は幕府直轄地となり、伊豆・韮山の反射炉で有名な江川太郎左衛門が代官として治めていた。園内には当時植えられた江川ヒノキが残っている。ここの町名を廿里(とどり)というが、由来は「秩父まで十里、鎌倉まで十里」からきたという説が一般的らしい。
  明治になって宮内省に編入され、1921(大正10)年に帝室林野管理局林業試験場に、現在は、独立行政法人森林総合研究所多摩森林科学園として、森林環境教育の場における動植物の多様性保全・生態系の役割解明の研究を進めながら都市近郊の貴重な自然を守っているとしている。
  当園は、森の科学館、樹木園、サクラ保存林からなっている。サクラは、「面積約8haに、250種類、2000本におよぶサクラが植栽されています」(案内図)となっている。

(bR) 大原騒動の大集会の地・水無神社(岐阜県高山市一之宮町石原5323  )
  島崎藤村の「夜明け前」で描かれている青山半蔵(藤村の父)が宮司として赴任した(1874〜7年)神社であるが(「赤旗」1998年9月18日)、約1世紀前の1773〜74年頃、同神社で大原騒動の大集会が開かれた。また、福地温泉(奥飛騨郷)には、大原騒動の指導者善九郎の生家がある。

(2) 大石義民碑〈滋賀県大津市〉
大津市大石東町にある。「たび」記(「赤旗」日曜版2002年4月14日)もある。同地は大石内蔵助 の大石家発祥の地でもある。重税減免の直訴事件(1614年)は、赤穂事件(1703年)よりも約90年ほど前だが、当時の為政者に逆らったという共通点を考えると、なかなか面白い。

(bP)鬼室神社〈滋賀県日野町〉
 滋賀県日野町の小野(この)にある由緒ある歴史史跡である。7世紀頃らしい。司馬遼太郎の「街道をゆく」でも紹介されている(「韓(から)のくに紀行 街道をゆくA」朝日新聞社」)。著者は1972年に同地を訪れている。また、NHKでも放映された(「街道をゆく」湖西のみち-1997年10月12日)。