小林多喜二

 

七沢温泉 福元館

 

 

小林多喜二が逗留した福元館のはなれ

七沢温泉と福元館
七沢(ななさわ)温泉(おんせん)福元館は、安政年間(1856年)創業の宿で、昭和6年小林多喜二が小説「オルグ」の執筆で滞在した部屋が現存している。極上の艶肌の強アルカリ泉で肌がつるつるする。
  現福元館の女将(5代目)の曽々祖父にあたる古根村仙蔵氏が農業の傍ら、浴槽を設けて来客に供したのが始まりといわれる。その後、2代目の古根村仙太郎の妻やえ(現女将の義父の母)が現在の福元館を明治44年に開業し、現在に至っている。
多喜二が滞在した部屋
 
多喜二が滞在した部屋は、旅館の前の石段を登ったところにある離れで、大正14年(1925年)に建てられた。今も当時のまま、手火鉢、行灯(あんどん)、茶箪笥、丹前などが残されている。
執筆中の多喜二
 
多喜二は、昭和6年(1931年)3月〜4月にかけ、約1ヶ月間、福元館に密かに滞在し、小説「オルグ」を執筆した。本館浴場の湯船に板を渡し、その上に座ってよく歌(ブラームスの歌曲『日曜日』を口ずさんでいたらしい。
多喜二の想い出
 
福元館の女将(古根村喜代子さん)の義姉の昭和初期当時の福元館の娘の古根村初子さんは、「番下駄をからからと音をさせ、丹前を懐手に、とんびだこのような格好をして風呂に来られる(多喜二の)姿をちょくちょくみかけました」と語っている(自署「あんなことこんなこと」『昭和60年刊』より)。

オルグ執筆の頃(岩崎健一 08年3月30日 PDF)  

小林多喜二終焉の地(阿佐谷南2‐22‐2)

現在はアパート群になっている。

 

PDFで字を拡大して読むことができる。

 

原水爆禁止運動50周年で、光陽出版社の発行。