日野菜物語

はじめに 日野菜の歴史は古く、今から500年前、日野の城主が発見・栽培したのが始まりと言われています。日野菜は、直径2〜3センチぐらいの細長い蕪の一種で、根の上部が赤っぽく、土中の部分が白いツートンのきれいな対比が特徴です。 日野菜は、独特の苦味・えぐみそして香味があります。

アニメ 日野菜情報(歴史、栽培、日野菜漬)を発信します。日野菜は「漬物」専用の作物です。
日野で生まれ、育った人は「日野菜漬」を「お袋の味」、「郷土の味」として、故郷から離れても、忘れません。
日野菜はおよそ500年前の室町時代、時の領主蒲生貞秀によって日野(現在の滋賀県日野町)で発見されました。
当時から漬物にして愛され、京都や大阪に運ばれていました。現在、日野町では1700ほどの農家のほとんどが日野菜を栽培しています。その多くは出荷用ではなく自分の家で食べるための日野菜です。
実践活動を紹介しましょう。
地元の小学校では、全国の子どもたちに情報を発信しています。
子どもたちからの発信


ご意見ご感想をお待ちしています。
アニメ 管理人:中西武
2010年9月15更新

更新事項:

176 友情の碑・白水小学校

177 伊勢湾台風殉難者慰霊之碑(通称「くつ塚」) 

178 残酷・庄屋一家全員打ち首‐三ケ日町日比沢

179 風船爆弾の碑

180 故大川常吉氏碑

 


Google
WWW を検索 http://hino.anime.coocan.jp/を検索

Copyright(C) 日野菜物語. All Rights Reserved.
リンクはご自由にどうぞ。