故大川常吉氏碑


大きい地図・ルート検索  

 

横浜市鶴見区塩田町3‐144

tunekitihi-2

大川常吉氏之顕彰碑は、昭和28年、在日朝鮮統一民主戦線つるみ委員会の名の下に、この寺に眠る大川常吉氏の墓前に建てられていた。しかし、そこは墓地の一隅であり、人々の目にふれにくいところでもあった。ところがこのたびの新築工事に際し、この碑が現住職のご配慮により、本堂正面向かって右手、人の目のつきやすいところに移されることになった。大変喜ばしいことであり、ここに改めてその碑、建設の経緯を「碑文」と「県警察史」の一部によってご紹介したい。碑は高さ113cm、幅64cm、厚さ13cmの自然石で、その表面に、楷書、縦書きの文章が克明に刻まれている。
故大川常吉氏之碑
関東大震災当時流言蜚語により激昂した一部暴民が鶴見に住む朝鮮人を虐殺しようとする危機に際し 当時鶴見警察署長故大川常吉氏は死を賭してその非を強く戒め300余命の生命を救護したことは誠に美徳である故私達は茲に故人の冥福を祈りその徳を永久に讃揚する
1953年3月21日 在日朝鮮統一民主戦線 鶴見委員会
1953年は関東大震災から数えてちょうど30年目になる。1923年(大正12年)9月1日の関東大震災は、10万人以上の死者、行方不明者を出したが、もう一つの悲劇はデマにより引き起こされた朝鮮人虐殺事件であった。このデマは「朝鮮人が婦女を犯し、井戸に毒物を投入した」などというもので、このため、日本刀や竹やり、猟銃などで武装した自警団が、関東一円で3,700もつくられ、朝鮮人を襲ったという。更に大川署長の行動を「県警察史」から抜粋すると、2日夕、自警団員が4人の男を朝鮮人だと鶴見署に突き出し、「持っているビンに毒が入っている。たたき殺せ」と騒いだ。当時46歳の大川署長は「そんなら諸君の前で飲んで見せよう」とビンの中身を飲み、暴徒を納得させた。翌日、状況は更に緊迫。大川署長は多数の朝鮮人等を鶴見署保護する。群集約1,000人が署を包囲し、「朝鮮人を殺せ」と激高。大川署長は「君等がそれほど言うことをきかないなら、是非もない。朝鮮人を殺す前に、まずこの大川を殺せ」と一喝。体を張った説得に群集の興奮もようやく治まった。保護された人は朝鮮人220人、中国人70人ら、計300余人に上る。大川さんは1940年(昭和15年)死去。墓地は東漸寺にある。森岡隆沖・住職のお話では、社会科勉強の一環として訪れる地域の児童、生徒等をはじめ、この顕彰碑の見学者が今も絶えないという。