歳時記

日野菜漬けのつくり方をご紹介します。

水洗い
■11月28日(月)水洗い。天候は晴れ。風もない。
■日野菜を洗って1〜2日干す。
このページの先頭へ
漬け方1(塩漬け)
緑 これはあくまでもマニュアルです。これを参考にして、それぞれの家庭のオリジナルをつくってください。
■水で良く洗う。
■1日くらい天日干し。
■根と葉を別々にして切る。
  根は、1cm×3cmの短冊切り。
  葉は、細かく刻む。
■葉を塩でもんで、灰汁を抜き、よく水洗い。
■根と葉をまぜ、適量の塩をふりまぜる。
■漬物容器に入れ、(バケツ等でも可)
  重石をおいて、漬け込む。
■水があがれば、食せる。
このページの先頭へ
漬け方2(ぬか漬け)
紅葉 ■2週間塩漬けしておく。
■ぬか漬けする日は、こぬか、塩を用意しておく。
■日野菜はぬか漬けする前に酢液に浸すと色の仕上りがよい。酢液には酒、みりんを足しておくと味もよくなる。
■塩漬けした日野菜を10本づつ束ね、葉のところを結ぶ.酢液に浸してから桶につけていく。
■日野菜を入れ、ぬかを軽く埋まる位に振り入れ、塩を足していく。
■日野菜、ぬかを交互に入れていき、桶が一杯になったら重石をする。
■水があがってきたら食べられる。
■大体1ヶ月たつと、おいしく漬かる。前もって塩漬けしてあるので漬け上がるのは早い。
■11月下旬に漬けた日野菜は、お正月に食べ頃となる。ぬか漬けする時は好みで、ざらめ砂糖を入れる場合もある。
このページの先頭へ
食べ頃
■日野菜の旬は秋から冬にかけてで、師走から正月にかけてがもっともおいしい時期です。
■本来の糠漬けは、日野菜独特の苦味やえぐみが糠とマッチし、漬物の王様を思わせるような味に仕上がります。 また、現代風の甘酢漬けは、苦味とえぐみと酢がすばらしいハーモニーを奏でます。 若い方にも抵抗なく美味しくいただける漬物です。 このページの先頭へ
日野菜漬&種子の販売所
 

■日野菜漬は今が一番美味しい時期です。
■下記にお問い合わせください。

日野菜種子もご覧ください。 このページの先頭へ

種類
名   称
住      所
備  考
商    品
 日野菜漬

 

529-1641

 

滋賀県日野町日田65
0748-52-2211
 

さくら漬、えび漬、ぬか漬、あま漬、塩漬 

  種苗
生産販売協同組合
520-0047
大津市浜大津3‐7‐20
077‐524‐3394
通販  
 日野菜漬
綿向物産 
529-1617
滋賀県日野町中之郷656
0748‐21‐1577
 

 商品名 甘酢すがた漬
       ぬか漬
       甘酢切り漬
       さくら漬